[2010.01. 9]

横浜スタジオ TAKA先生特別講座レポート

0104-01.jpg

チャコットカルチャースタジオ渋谷・横浜スタジオでは毎年「お正月特別講座」を開催しています。例年1月3日に初日となり、この講座で「踊り初め」をされる生徒さんがたくさんいらっしゃいます。
2010年横浜スタジオのお正月講座の最後にはTAKA先生の「JAZZ基礎」クラスが登場!たくさんの生徒さんでにぎわいました。
TAKA先生は「BUGS UNDER GROOVE」のサブリーダー。MAX、V6、嵐、米米CLUB、F4などのコンサートツアーや、数多くのイベントで振付やダンサーとして活躍されています。ステージで見せる器械体操の経験を生かしたアクロバットにも定評があります。

今回はTAKA先生を中心にフロア一杯の生徒さんが真剣に踊るレッスンを、体験したレポーターの声をあわせてご紹介いたします。

0104-02.jpg
0104-03.jpg
0104-04.jpg
0104-06.jpg

2010年1月4日(月)にお正月講座として開催された、TAKA先生のジャズダンス特別講座を受講しました。
TAKA先生のステージは何度か拝見していますが、クラスを受けるのは初めて。クラスはどんな風に進むのだろう・・・と少々緊張していましたが、先生のやわらかな声と丁寧な指導で楽しく、安心してクラスを受けることができました。

レッスンの流れはウォーミングアップ→ストレッチ→クロスフロア→コンビネーション。私が一番好きなのはコンビネーション(振り付け?)なんですが、苦手なウォーミングアップ、ストレッチの時にも、間違えやすい例を先生ご自身が再現しながら、正しく行うポイントを分かりやすく解説してくださったので、集中して取り組むことができ、あっという間に時間が進んでいきました。その他にターンの時のポイントもしっかり教えていただきました。
今回のコンビネーションの時の音楽は、ややスローな曲。細かく区切りながら振り写しをしていただき、そのパートごとにステキに踊るコツを教えてくださいました。
「顔を上げる時に元気よくぴょんとあげないで。胸のあたりから小さなボールがあがってきてぐうっと押されたから顔が上がるというように・・・」とか、
「手を回す時にはただ回すのではなく、好きな人がここにいると思い浮かべて・・・」というように、“動き”を“表現”に変えるヒントを、イメージしやすい言葉でくれるのです。難しいけど楽しい!!私は自分のことで精一杯で、あまり周りの方を見られなかったのですが、外から写真を撮っていたスタッフの方が、「声が聞こえないので内容はわからなかったけれど、先生が話をした後は、すぐに生徒さんの踊りが変わる」と言っていました。ステキです☆

最後は、
「先ず曲を聴いたら楽しい感じなのか、悲しいのかなど考えてみて。その上でこんな風に踊ろう!と自分で考えて踊れるといいね。」
という言葉でレッスンは終了。じっくり丁寧で、先生のやさしさが溢れる「癒し系レッスン」でした!楽しかったです♪