インタビュー&レポート

インタビュー: 最新の記事

インタビュー: 月別アーカイブ

[2015.06. 1]

バレエ・ビューティフル:メアリー・ヘレン・バウアーズにインタビュー

映画『ブラック・スワン』でナタリー・ポートマンのトレーナーを務め、「バレエ・ビューティフル」のメソッドが話題を集めるメアリー・ヘレン・バウアーズが来日し、新作DVDのリリース日にインタビューに応じてくれた。

----以前にDVDについては一度伺っていますので、今日はメアリーさん自身のことをまずお聞きしたいと思います。
バレエを始めたきっかけについて教えてください。

1504bb01.jpg

メアリー:8歳ではじめました。近所の子たちがバレエを習っていて私もそれを見ていてやりたくなりました。最初は週1回からはじめて、そこから週2回、3回と徐々に増やしていきました。

----日本では3歳くらいからバレエを始める子も多いのですが、あなたは8歳、遅いスタートだったと思いますか。

メアリー:8歳、確かに少し遅いかもしれませんよね。実を言うと3歳の頃に一度バレエ・タップというのを習っていたんです。でも、新しく学校に入学したり、友達がやめてしまったり、新しい先生になったりと変化していく中で、あまりやりたくなくなってしまったんです。そして8歳でまたやりたくなった時には、お母さんに本当にお願いしてやらせてもらいました。

----日本ではコンクールも盛んです。今まさに、YAGPのNYファイナルが行われていますが、あなた自身はコンクールの経験はありますか?

メアリー:NYCBに16歳で入ったのですが、それまで私が通っていたところはコンペティションなどにはあまり出ないところだったので、そういったのには出なかったですね。

----16歳でNYCBに入団されたわけですが、10代でのトレーニングはどんなものでしたか。

メアリー:まだ若かったので、私にとってはすごい変化でした。スクール・オブ・アメリカンに行っていた時は、プロ科の前のクラスだったのですが、1日3時間しか授業がなくて、それがNYCBに入団したら1日12時間になりました。私自身、怪我もなく健康的でいられたのは非常にラッキーだったと思います。

----普段ご自身のスタジオで教えているのは、どういった方たちが中心ですか。


メアリー:ここ最近はダンサーとは実はあまりお仕事はしていなくて、ダンサーのような身体を手に入れたいと思う女性たちを主に、ターゲットをしぼってやっています。子どもの頃踊っていてなんとなくそういう記憶が蘇ったとか、やっていく内にバレエの体つきになっていくとか、身体に変化を求めてやっている人たちに教えています。

----先日はチャコットでレッスンを行なっていただきました。日本の生徒はいかがでしたか?

メアリー:楽しかったです!皆さんともて意気込みを持っていて、一生懸命やってくれました。すごく良いエネルギーでした。

----「バレエ・エクササイズ」を大人から始める人たちに必要なトレーニングや、長く続けるコツはありますか?

1504bb02.jpg

メアリー:ダンサーであるバックグラウンドを持っている必要はなくて、オープンに身体を新しい手法で動かしていこうという気持ちがあれば大丈夫です。
皆さんあらゆる意味でインスピレーションをくださるのですが、たとえばプロのダンサーだったとしたら道理が通るトレーニングであると、自分たちが持っているテクニックや踊りがより良いものになっていくのが、やっていく内に分かると思います。なぜかというと、ちゃんと中心・コアを鍛えていく、バランスを 取っていくということが大切だからです。
私自身、このバレエ・ビューティフルに助けられ、体型を戻すこともできたので、自分の身体で実感したことを一般の人たちに広めていこうかな、と思ったのがこのエクササイズなんです。
続けていくうちに強くなるし、エレガントな体つきにもなっていきます。ダンサーのバックグラウンドがある人ならなおさらです。やればやるほど楽になってくると思います。
妊娠されている方には、妊娠期にワークアウトするのをおすすめします。出産後にすごく楽になります。ですので、この夏にはマタニティのDVDもリリースする予定です。

----今回のDVDは、今までの作品とどう違いますか?

メアリー:日本では既にバレエ・ビューティフルのDVDを4枚リリースしていますが、これまでの作品は、バレエ・ビューティフルのエッセンスの部分が元になっているものですが、新しいDVDはこれを次のレベルまで引き上げてくれるものです。
内容は2種類あって、バックステージの方はバックステージで筋肉を調整していくというか、家でもホテルでもどこでもエクササイズできる内容になっていて、最後の20分間でとても良いストレッチが入っています。これまでのDVDはストレッチが合間に入っていたりはしますが、そんなに長いストレッチの時間は設けていません。これはバックステージでワークアウトできるものとして考案したものなので、長いストレッチが入っています。筋肉を柔軟にして、整えて、さらに鍛えていくためのものなんです。
もう1本のスワン・アームの方は、バレエ・ビューティフルの特徴であるスワン・アームに足の動きをつけ加えたものです。こちらはもう少し、心拍数を上げていって体重を減らすために負担のあまりない有酸素運動が中心です。もちろん色々な意味で整えるものも入っていますが、プリエやタンジュといったバレエの動きやポーズがたくさん出てきます。
今までに出したエクササイズと組み合わせていただいても良いと思います。

----チャコットでは「バレエをしている方も、していない方も、どなたでも。“おいしく、しっかり食べて、健やかな身体をつくる“をコンセプト」にしたカフェをオープンしました。何か食事で気をつけていることはありますか。

メアリー:何を食べたらいけない、ということよりも、何を食べたら良いのかを考えるべきだと思います。ですので、バランスの取れた食生活をしていくのが一番良いと思っています。フルーツや野菜をたくさん摂って欲しいですし、タンパク質も摂って欲しい。脂身の少ないお肉や魚を食べ、良いあぶらは取り入れます。あまり加工食品はとらないように、私は気をつけています。
あまりカロリーなどは気にしないで、満足のいくものを摂取すべきだと思っています。

----最後に、舞台の上で美しく踊るため、美しくいるための秘訣を教えてください。

メアリー:楽しむことよ!

----今日はお忙しい中、ありがとうございました。

1504bbws04.jpg

「スワン・アーム・カーディオ」「バックステージ・ワークアウト」
日本コロムビア ¥2,800+税(2巻セット ¥4,800+税)
http://columbia.jp/balletbeautiful/index.html

bbws_baby.jpg

「バレエ・ビューティフル マタニティ 〜妊娠前期編・後期編〜 」2015年7月29日発売
日本コロムビア ¥2,800+税(2巻セット ¥4,800+税)