関口 紘一
[2012.10. 5]

マイケル伝説が創った極上のエンターテインメント

キング・オブ・ポップと詠われ、全世界で圧倒的な人気を集めたマイケル・ジャクソン。今なお売れ続ける世界的大ヒットアルバム『スリラー』をはじめとして7億5千万枚を売り上げ、ミュージックビデオをはじめあらゆるジャンルの媒体を席巻した。
しかし、2009年6月25日、キング・オブ・ポップ、マイケル・ジャクソンは様々な話題を振り撒いたのちに、亡くなってしまった。
この『THRILLER Live/スリラーライブ』は、「人類史上最高のエンタテナー」ともいわれる、マイケル・ジャクソンへのトリビュートのステージとして始まった。1988年イギリス人クリエーターがマイケルと出会ったのきっかけに、1991年、マイケル・ファンのために創ったトリビュート・ショーが『THRILLER Live/スリラーライブ』の原型となる。
以後、このトリビュート・ショーはワールドワイドなエンタテインメントとして進化し、2006年にはロンドンで『THRILLER Live』としてプレビュー公演。2007年にはUKツアー、スカジナビア、オランダ公演、そしてついに、2009年1月にはロンドンのエンターテインメントの聖地、ウエストエンドのリリック・シアターでショーがスタートした。そしてマイケルの悲報があったにもかかわらず、さらにいっそう注目を集め、現在も上演中で、2013年3月までのロングランが決定している。

ライブのステージは、開幕前からなにかただならぬ熱気が感じられる。彼を信奉していた人たちが、マイケルが再びステージ姿を現すのではないか、そんな奇跡を密かに期待する空気が微かに流れているのかも知れない。
イントロはマイケルの写真で構成され、ジャクソン5時代からその輝ける生涯を辿るライブが始まった。
ACT1とACT2で140分、全32曲のマイケル・ジャクソンとジャクソン5のヒットソングが、在りし日のマイケルの思い出とともに歌われ演奏され踊られる。シンガーたちの素晴らしい個性とそのアンサンブル、そしてダンサーたちの傑出した闊達な表現力が融合して、エンターテインメントの極み達する。それはマイケルが創って、その後アーティストたちが発展させた極上のステージだ。
まさにマイケル・ジャクソンは永遠に、である。

1210thriller02.jpg1210thriller03.jpg
1210thriller10.jpg
1210thriller09.jpg