[2010.01. 4]

2010年東京宝塚劇場の幕開けは話題のミュージカル『カサブランカ』

20010103sora01.jpg

1月3日(日)東京宝塚劇場(千代田区)で、宙組公演『カサブランカ』が幕を開けた。
初日の午前中に舞台稽古がマスコミに公開され、トップスターの大空祐飛(おおぞら ゆうひ)が会見した。

不朽の名作『カサブランカ』初のミュージカル化の脚本・演出を担当したのは、『エリザベート』ほかのヒット作を生み出してきた、小池修一郎。
第二次世界大戦下の時代背景や、複雑に絡み合う人間関係が、2時間半の舞台に分かりやすくまとめられ、有名な台詞「君の瞳に乾杯」や、名曲「As Time Goes By」がミュージカルでよみがえる。
映画ではハンフリー・ボガートが演じたリックを大空、イングリッド・バーグマンが演じたイルザを野々すみ花、演技派の二人が大人の魅力で見せた。
また、この公演は大空と野々の新トップコンビの東京お披露目でもある。

20010103sora02.jpg

大空は「新年から舞台に立てるのは、舞台人として幸せ」と意気込みを見せ、この作品については「映画ではスクリーンにアップの表情が美しい映像となっていますが、舞台ではアンサンブルのナンバーの迫力であったり、音楽で表現している部分や時代背景が分かりやすくなっているので、その中でのラブロマンスや人間ドラマが、映画を見た方にも、『カサブランカ』を初めてご覧になる方にも楽しんでもらえるミュージカルとなっています。(リック役については)限りなくリアルな男性像と、宝塚ならではの美しい表情の両方を表現できれば」と。また、新生宙組については「歴史が浅い分(宙組は1998年1月1日に創設)、可能性がある。名前の通りの大きな組にしたい」と語った。

宝塚歌劇宙組公演『カサブランカ』は2010年2月7日(日)まで。

 

20010103sora03.jpg 20010103sora04.jpg 20010103sora05.jpg
20010103sora06.jpg 20010103sora07.jpg 20010103sora08.jpg

NTT東日本・NTT西日本フレッツシアター
ミュージカル
『カサブランカ』

CASABLANCA and all related characters and elements are
trademarks of and (c)Turner Entertainment Co. (s10)

●脚本・演出=小池修一郎
●出演=大空祐飛/野々すみ花、ほか

<東京>
●2010.1/3(日)~2/7(日)
●東京宝塚劇場
●SS席11,000円/S席8,500円/A席5,500円/B席3,500円
●開演時間=水・金13:30、火・木13:30/18:30、土・日・祝11:00と15:30、月曜休演 *例外あり
http://kageki.hankyu.co.jp/revue/152/index.shtml