情報提供:黒沢美香&ダンサーズ2017
[2017年11月12日 〜 2017年12月30日]

黒沢美香追悼企画『美香さんありがとう』
「一人に一曲」/「lonely woman」/黒沢美香 振付作品集「ダンス☆ショー」より/上映会

1712kurosawa.jpg

昨年12月に他界した、コンテンポラリーダンス界の“ゴッドマザー”とも言われ、80年代より日本のダンスを牽引してきた黒沢美香。3つの公演と上映会、新聞の発行という多面的な視点から彼女のダンスを問い直します。

1712kurosawa01.jpg photo:黒沢美香

「一人に一曲」
片面5分のカセットテープに1曲ずつ入っている。どんな曲が流れるかは誰もわからない。くじ引きで順番を決め、一人ずつ出てきた曲を踊りきる。それがルール。即興上演シリーズ「偶然の果実」では「花肉氣象鎖圓」と称されていた代表的な演目のひとつ。初演より27 年。現在はホームであるスタジオクロちゃんで月1回開催されている。
◆日時
2017年11月12日(日)14:00
2017年11月25日(土)18:00*開場は開演の30分前
◆場所
横浜市大倉山記念館ホール(横浜市港北区大倉山2-10-1 東急東横線「大倉山駅」より徒歩10分)
◆チケット料金
前売;一般2,500円、学生2,000円
当日:一般3,000円、学生2,500円
*ありがとう券(追悼企画3公演が1回ずつ観られます)6500円(前売りのみ、限定20枚)


「lonely woman」
「零度のダンス」として1991年フランス・バニョレ国際振付賞第1回ジャパンプラットフォームにて上演し、日本国内最優秀賞を受賞。バニョ レでの本選に日本代表として参加のため渡仏するも、その即興性の強さのためにフェスティバルの主催者から上演を拒否されたという伝説を持つ演目。「偶然の果実」の中で現在の形の「lonely woman」となり、これまでに21回上演された。
◆日時
2017年11月18日(土)18:00*開場は開演の30分前
◆場所
横浜市大倉山記念館ホール(横浜市港北区大倉山2-10-1 東急東横線「大倉山駅」より徒歩10分)
◆チケット料金
前売;一般2,500円、学生2,000円
当日:一般3,000円、学生2,500円
*ありがとう券(追悼企画3公演が1回ずつ観られます)6500円(前売りのみ、限定20枚)

1712kurosawa02.jpg photo:Mika "TARO" Shiraiwa

黒沢美香 振付作品集「ダンス☆ショー」より
黒沢曰く「懐かしきリーダース・ダイジェストの通販で購入されたレコードを発見したことからまずは始まる。…単純で明るい疑いのなさに圧倒される。単純で一本槍なダンスに憧れて、凝らずにお遊戯のような動きで組み立てた小品の数々」。黒沢の振付・構成の妙、音楽センスを堪能できる作品群。
◆日時
12月29日(金)15:00(Aプログラム)/19:30(Bプログラム)
12月30日(土)13:00(Bプログラム)/17:00(Aプログラム)
*開場は開演の30分前
◆場所
d-倉庫(東京都荒川区東日暮里6−19−7)
◆チケット料金
前売;一般3,000円、学生2,500円
当日;一般3,500円、学生3,500円
ABセット券5,000円(前売のみ)
*ありがとう券(追悼企画3公演が1回ずつ観られます)6,500円(前売りのみ、限定20枚)

1712kurosawa03.jpg photo:大久保由利子
  • Check

◆チケット取扱い・お問い合わせ
黒沢美香&ダンサーズ「美香さんありがとう」実行委員会
Web http://mdancers2017.wp.xdomain.jp
Mail mika3ariga10@gmail.com


追悼特別上映会〜ダンサー黒沢美香の世界〜

【会場】アップリンク渋谷(東京都渋谷区宇田川町 37-18 トツネビル 1 階)
●命日特別上映+トーク「黒沢美香と『ミニマル』」
【日時】2017年12月1日(金)19:30〜
●黒沢美香アンソロジー全17選
【日時】2017年12月2日(土)15:30〜