荒部 好

『進化論』

ミュージカル『モーツァルト』に主演して評判になった、シンガーソングライターにして俳優の中川晃教のDVD-BOXが発売された。
自作曲で構成して主演する<LIVE ACT>シリーズの3枚組で、中川自身がプロデュースし、特典映像と未公開写真を掲載したブックレットも付いている、スペシャルなBOX仕様である。

Disc1の「himself 2007」は、04年に初演した<LIVE ACT>シリーズの第1作「himself」の舞台を収録しているのだが、中川の監修によって再編集し、新たな撮り下ろし映像が加えられている。
シェイクスピアの『ハムレット』に中川作曲の24曲をストーリーの見せ場に織り込みミュージカル化したもので、すべてに時代を越えた独特の感覚が一貫していてなかなかヴィヴィッドな舞台である。
2007年1月13日5時「ここはどこだ?」という中川のモノローグから始まり、テンポ良くストーリーを展開し、歌で聴かせ、悲劇の歯車がキリキリと回転していく様子がありありと伝わってくる。
そして悲劇が終わると観客は、人間が人間として生きていくためには何が必要なのか、自然に理解している。そんな印象を残す、はっきりとした主張のある優れたミュージカルである。

Disc2は、<LIVE ACT>シリーズの第2弾「BLUE DREAM」。早大エジプト発掘40年展のオフィシャルソングを軸に3部構成として舞台。新曲19曲を収録している。

Disc3の「舞臺表演進化論」は、中川のアーティストとしての「今のすべて」を語るロングインタビューを収録。さらに彼にとって特別の意味を持つ台湾に向かい、次回作の予告編となるドキュメンタリー・タッチのロードムービーも収めている。
中川晃教というミュージカルスターの音楽の素晴らしさと優れた表現力が、ダイレクトに伝わってくる映像集である。


中川晃教 DVD-BOX『進化論』
Disc1「himself 2207」
Disc2「BLUE DREAM」
Disc3「舞臺表演進化論」
20,000円 (本体価格19,048円)