『Coppelia』パリ・オペラ座バレエ学校

 2001年のパリ・オペラ座バレエ学校の卒業公演の『コッペリア』を収録したビデオ・カセット。

一時、ローラン・プティのミューズとして活躍したドミニク・カルフーニと、彼女のパートナーだったデニス・ガニオの間に生れた、マチュー・ガニオが主役のフランツを踊っている。若者らしい清新な雰囲気を漂わせていて、なかなか好感の持てるダンサーに成長している。彼はすでにオペラ座バレエ団で踊っているが、当時から血筋の良さと素直で闊達な踊りで注目を集めていた。

『コッペリア』は、アルチュール・サン=レオンの振付、レオ・ドリーブの音楽で、1870年にパリ・オペラ座で初演された。ここでは、かつてのエトワールでオリガ・スペシーフツェワやカルロッタ・ザンベリのパートナーだったアルベルト・アヴェリーヌが、原振付を2幕に直したものを、ピエール・ラコットとクロード・ベッシーが手を加えたヴァージョンが使われている。ラコットはコッペリウスに扮して、腰を引きずりながら老いたマッド・サイエンテストを巧みにに演じている。

『ラ・シルフィード』などロマンティック・バレエの復元に定評のあるラコットが、最後のロマンティック・バレエといわれた『コッペリア』のコッペリウスを演じているのは、いささかの感興をもよおすものがある。

素朴なヨーロッパ(設定はポーランド)の農村の風景の中に、マズルカやチャールダッシュなどの民族舞踊がふんだんに登場し、色彩感にあふれた舞台が繰り広げられる。オペラ座バレエ学校の生徒たちは可愛らしいし、たいへん目にも楽しい作品になっている。


『コッペリア』TDKコア VHS&DVD/66分
4,725円 (本体価格4,500円)