(荒部 好)

『眠れる森の美女』プロローグ付全3幕 英国ロイヤル・バレエ団

1005dvd01.jpg

アンソニー・ダウエル版『眠れる森の美女』がDVDになって刊行された。
この『眠れる森の美女』は英国ロイヤル・バレエ団の日本公演でも上演されたから、ご覧になった方も多いと思われる。
時空の歪みを表したような巨大な宮殿を背景にして、豪華絢爛の宮廷模様が描かれた舞台だが、なんといってもカラボスに扮したアンソニー・ダウエルが強烈な印象を残した。気味の悪いネズミの手下が先導する不気味な黒い車に乗って、豪華な食事が終わったばかりのテーブルの下から、という凝りに凝った登場の仕方だった。そしていかにも憎々しげ杖を振いこう笑し、大仰なマイムを駆使して舞台を席巻したシーンは、未だに瞼に焼きついている。
そのダウエルを始めとして、K バレエカンパニーのゲスト・プリンシパルを務めて数多くの舞台で踊ったヴィヴィアナ・デュランテ、ここではフロリナ王女と青い鳥を踊っているリャーン・ベンジャミンとエロール・ピックフォードも後日、日本の舞台に登場している。その他にも、アダム・クーパーやスチュワート・キャシディがコヴェント・ガーデンで踊っている姿を垣間見ることもできる。
また最近もコヴェント・ガーデンでの活躍も伝えられるリャーン・ベンジャミンは、今年の来日公演では『ロミオとジュリエット』を踊る予定になっている。
今年6月の英国ロイヤル・バレエ団の来日公演を鑑賞するためにも、一見の価値があるDVDである。

原振付/マリウス・プティパ
演出・振付/アンソニー・ダウエル
追加振付/フレデリック・アシュトン、ケネス・マクミラン、フョードウ・ロプホフ
音楽/ピーター・イリッチ・チャイコフスキー
ハリー・ワーズワース指揮 コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団
オーロラ姫/ヴィヴィアナ・デュランテ
フロリムント王子/ゾルタン・ソイモジー
カラボス/アンソニー・ダウエル
リラの精/ベナジール・フセイン
フロリナ王女/リャーン・ベンジャミン
青い鳥/エロール・ピックフォード
1994年 コヴェント・ガーデン王立劇場収録 132分
コロンビアエンターティンメント刊
3,990円(税込)