(荒部 好)

バレエ名作物語Vol.3『ドン・キホーテ』

1002dvd.jpg

新国立劇場バレエ団のオフィシャルDVD BOOKSの第3弾『ドン・キホーテ』が刊行された。
キトリはスヴェトラーナ・ザハロワ、バジルはアンドレイ・ウヴァーロフが踊っている。プティパ、ゴールスキーの原振付けをボリショイ劇場で活躍したアレクセイ・ファジェーチェフが改訂振付けしたヴァージョンで、新国立劇場バレエ団の2009-2010シーズン開幕となった10月12・14日の新国立劇場 オペラパレスの舞台を収録している。
キトリのザハロワの美しい完璧な身体が、明るく伸びやかにスペインの情熱を踊る。ウヴァーロフのバジルは、ダンスールノーブルの魅力を保ちながら陽気な若者を踊り、キトリを優しく包み込むように表現している。ロシア人同士の恵まれた身体性を充分に活かした、見事なパートナーシップが華やかにバレエの魅力を開花させている。現在、世界で最も優れた『ドン・キホーテ』の舞台のひとつといっても過言ではない。
ほかに新国立劇場バレエ団ダンサーとしては、エスパーダに貝川鐵夫、サンチョ・パンサに吉本泰久、街の踊り子は西川貴子、メルセデスに湯川麻美子、森の女王に厚木三杏、キューピッドには高橋有里などが出演している。

このバレエ名作シリーズはDVD BOOKSとなっており、書籍の部分もなかなか充実している。特に特典映像にも一部収録されているザハロワとウヴェーロフのインタビューは、国際的な舞台の最前線を踊りこなしているダンサーでなければ決して語ることのできない含蓄のある言葉を存分に聴くことができる。貴重なスペイン舞踊修行体験を持つ小島章司の話もまた、たいへん興味深い。スペインとバレエに関する丁寧な編集がなされている。
そのほかに特典映像として、メイキング『ドン・キホーテ』が28分、舞台稽古、新国立劇場バレエ団ダンサー、トレウバエフ、本島美和、八幡顕光が案内するバックステージ・ツアーが収録されている。

バレエ名作物語Vol.3『ドン・キホーテ』
新国立劇場バレエ団オフィシャルDVD BOOKS

牧 阿佐美(新国立劇場バレエ団・芸術監督) (著・監修)
価格:3,990円(本体3,800円)
ISBN:978-4-418-10000-2
A5判 48ページ

シリーズ第3弾は最新公演「ドン・キホーテ」全幕。主演は世界的プリマ、ザハロワ。本番前の舞台稽古など特典映像も28分収録。