(荒部 好)

マラーホフのマスタークラス

BALLET MASTER CLASS with VLADIMIR MALAKHOV
------バレエを楽しむ日本の皆さんへ
私の経験から得たことすべてを教えたい----

スーパースターとして世界中のバレエ・ファンを魅了し、ベルリン国立バレエ団の芸術監督としてカンパニーを世界の一流バレエ団へと育てあげたウラジミール・マラーホフ。その間にはセミオノワ、サレンコ、SHOKOなど一流ダンサーが輩出した。そしてマラーホフのバレエダンサーとして、芸樹監督としての豊かな経験を集大成したレッスン・シリーズDVDの発売がいよいよ開始された。

1408dvd.jpg

まず、既に発売になっている「マラーホフのマスタークラス」。
「バレエのクラスを教えるときに私が大切にしていること、それは、私が考えたアンシェンヌマンを、ダンサーたちが気持ちよく踊れるようにすることです」とマラーホフは言う。このDVDで教えるマラーホフは、ダンサーの立場に立って優しく懇切丁寧に指導しているのがよく分る。元々、マラーホフは優しい性格だが、しかしもちろん、間違った部分に対してはあるときはユーモアを混じえてまたあるときは、はっきり「ノー」という厳しさを持ち合わせた優しさだ。
内容はプリエで始まり、タンデュ、ジュテ、アダージョ、グラン・バットマン、アッサンブレ、シソンヌ、グラン・ワルツ、グラン・ピルエットほか、バーとセンター合わせて36項目に分けられて、それぞれの指導が行われている。指導の言葉は日本語吹き替えとマラーホフの英語に随時切り替えられる。
それから特典映像の針山愛美によるマラーホフ・インタビューがたいへん充実している。子供頃からバレエ学校時代、愛する母のこと、そして大胆に亡命に踏み切ったときの想い、さらに日本のファンは私を世界のスターになるように支えてくれた、という日本への謝意と、今後、東京バレエ団で活動していく抱負などなど、まさにマラーホフのすべてを語っている。今まで、部分的にインタビューで読んでいた事が、マラーホフ自身の言葉で活き活きと語られると、また、違った味わいがあってじつにおもしろい。
「ユーモアと厳しさが入り混じる、こらがマラーホフのバレエ・レッスン」の特徴。だからマラーホフからバレエを習うと「ハッピー」になるのだろう。

ダンサー:ヤーナ・サレンコ、ジーヌ・タマズラカウ、マリアン・ヴァルター、ヤーナ・パロワ、サラ・メストロウィチ、クラッシーナ・パヴロワ、マルティン・アロヨス、ニコラ・デル・フレオ、リーザ・フロイガー、針山愛美
ピアニスト:ナディラ・ブルハノワ、マリタ・ミルサリモワ
本編65分+特典37分。2014年収録。4,800円+税

1408cd.jpg

Music for Malakhov's Master Class - Basic
ミュージック・フォー・マラーホフズ・マスタークラス ベーシック

マラーホフが選曲し、収録にも立ち会い細かく指示したCDも発売中だ。ジャズ、クラシック、ロシア民謡からオリジナル楽曲までバラエティ豊かな全33曲を収録したレッスンCDである。ピアニストは、10年間マラーホフと共に仕事をしてきた、ベルリン国立バレエ団専属のマリタ・ミルサリモア。
定価5,200円