ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

無事に私が振付したピッツバーグ大学のミュージカル『Zanna Don't ! 』がオープンしました!!

なんとこの大学は、ジーン・ケリーが卒業した大学でした!
この演目は、オフ・ブロードウェイの作品で、ゲイ、レズビアンの世界で起こる様々な出来事、そこで男の子と女の子が恋に落ち、周りから変な目で見られるけど、主役のZannaがこの二人のために世界を変えるという、奥の深いストーリーです。アメリカの軍当局で実際に使用された規則、「Don’t ask Don’t tell」(聞くな、言うな)をもじったシーンなどもあります。
また、このミュージカルの作曲家が毎日、テレビ、ラジオで聞く音楽は、男女の恋愛ばかりで、男同士、女同士の歌がないのも片手落ちでないかと、作ってみたのもきっかけです。ディレクター、C.T.Steelが、「いろいろな理由で社会や学校、友人たちから仲間はずれにされている人たちが勇気を持てる作品にしたい。」と生徒たちに話していました。

1303mami01.jpg 『Zanna Don't ! 』

ところでこの公演は、 大道具、照明、セットや衣装などもそれぞれを教わっている生徒全員が関わり、ちゃんとステージマネージャーの生徒たちもいます。リハーサルの時は毎回スケジュールを組み、リハーサルが終わると照明の係に、この歌でリフトがある、衣装担当には、この踊りで床を転がる、音響担当の生徒には、この2名は後ろ向きで歌う、一人は、歌いながら相手の顔を触る、などメールで報告しています。休憩も彼らが決めます。休憩で教えると怒られます。「きちんと休憩は休む様に」と。プロの世界の通りなので、生徒たちは、良い経験をしていると思います。

でも、アメリカの生徒を教えるのはたいへんです。どの国の生徒も教えるのは面白く大変、と思いますが、日本の様に「目上の人を尊敬する」などあまりないので、振りを間違っているのを指摘すると「あなたが、この何ヶ月、私の間違いを指摘しないから、今まで気づかないでやっていた! あなたのせいよ!」など・・・こんなこと言われたことがないので、私も目が点になりました。後から夫に「生徒の前で言い聞かせないと、甘く見られてたいへんだぞ。」と・・・なんか、乗馬みたい。と思いましたが。(馬は、きちんと命令しないと、甘く見られて勝手に動くので。)

「私は目が二つしかないので、一度に10人をチェック出来ない。私がダメを出したり、誰かが質問したら自分のことと思って聞く様に。ダメがないのは、自分が出来ているから。とは思わないこと。」と次の日に言いましたが、「生徒たちは、マナーやリハーサルの受け方を解っているだろう 」と、思わず、生徒たちはミュージカルのリハーサルをこの経験から学んでいるのだから、ダンスだけでなく、ダメの受け取り方等も教える、ということを学びました。

1303mami02.jpg 『Zanna Don't ! 』

ニューヨークで教えた時もそうですが、アメリカ人の生徒たちは、強い人、権力がある人、自分の利益になる人を子供なりに判断し、あからさまにそれを態度にあらわします。なので、先生たちもたくさんの舞台経験がなくても、「すごく経験があるのよ。私は凄いのよ」とオーラを出しっ放しです。(特にニューヨークでは)
もちろん、この先生から何か学ぼうという、ちゃんとした大人の考えが出来る生徒もいますよ。なので、外国人の先生たちが「日本人を教えるのはとてもやりやすい。先生の言うことをきちんと聞いてくれ、自習をする。」と言っていたのが良く理解出来ました。
本当に私も、いろいろと学びました。最後の数日のテクニカルリハーサルは、まとまってきてエネルギーも良く、 素晴らしい出来になりました! 私もやっと自分が振付けしたのがキャストから見えてきて、「意外に良いじゃない。」と思えたのも最後の数日からでした。

批評が出たのですが、なんと! とても良い批評で、私の振りについても良く書かれていました。これは、あくまでもこの批評家の意見ですが、ディレクターを始め、全員が一致してがんばったので、とてもうれしかったです。
私がダンサーの時にイギリスやニューヨークの新聞で褒められるより、何故かうれしかったです。多分、自分で踊れず、公演が始まったら舞台では何も出来ない自分が歯がゆく、でもそれが第三者に良く評価されたからかな、と思いますが・・・。

批評は下記をクリックして下さい。「友谷真実の本当に楽しい振付」と名前が出ています!
http://www.pghcitypaper.com/pittsburgh/pitt-reps-zanna-dont/Content?oid=1620315
http://gordonspenceronwrct.blogspot.com/2013/02/theatre-review-zanna-dont-from.html

次はブロードウェイ・エクスペリエンス、初めての日本での6日間コースです!! 内容も『リトルマーメイド』『エビータ』『レ・ミゼラブル』とと決まってきています! 全国からの受講者の方たちに会うのがとても楽しみです!! 詳しくは、ホームページをご覧下さい。
http://tbenyc.com/osaka-japan/

そして、6月からはホリプロさんの日本人キャストだけで行われるマシュー・ボーンの『ドリアングレイの肖像』のリハーサルアシスタントとしての仕事が始まります。これも楽しみです!!

1303mami03.jpg『Zanna Don't ! 』
[2013.03.11]