ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

いよいよ、ニューヨークのTBE(ブロードウェイ エクスペリエンス)ワークショップが始まります!!

今回は12歳〜18歳の日本人の生徒さんたちが初参加です!!
そして参加者のほとんどが初めての海外旅行です。それがニューヨークとなりました!
コースの中では、トニー賞を取った『In The Heights』を観に行きます! また、フリーの日は『コーラスライン』のストーリーにも出て来る、「ラジオシティー」の舞台裏を見学します。その他にも、ミュージカル、『ウィキッド』や『ビリーエリオット』も観ます。この盛りだくさんのニューヨーク生活の報告は次回しますね。

1008mami01.jpg加藤由紀子バレエ教室

では、日本でのワークショップの話です。
昨年から半年、私はフィアンセビザの件で日本に滞在していました。その間に、福岡、山口、東京、横浜でワークショップをさせてもらいました。
福岡は、私の最初のバレエの先生、三ノ上万由美先生の「三ノ上バレエスタジオ」、劇団四季の後輩、高橋さとこさんの「高橋さとこバレエスタジオ」、そしてバレエの先輩、加藤由紀子先生の「加藤由紀子バレエ教室」、福岡の芸能プロダクション・タレント事務所の「アクティブハカタ」、最後が四季に入るまでお世話になった川副先生の「川副バレエ学苑」と「福岡チャコットスタジオ」でワークショップをしました。
山口県は劇団四季の後輩、吉村あやさんの「ヨシムラダンスセンター」で二日間。東京は四季の先輩、石井陽子さんの「BREATH PERFORMING ARTS」のミュージカルコースの生徒さん、「チャコット渋谷スタジオ」の生徒さん。
横浜は、ここも四季の後輩、春原一恵さんの「横浜ダンス・バレエスクール スパンキースタイル」の大人の生徒さんと 「チャコット 横浜 スタジオ」でやりました。

1008mami02.jpg 川副バレエ学苑 1008mami03.jpg 川副バレエ学苑

 

1008mami04.jpg ヨシムラダンスセンター 1008mami05.jpg ヨシムラダンスセンター

内容は、それぞれ違います。先生方とお話し、要望にそって、「バレエ・コンテンポラリー」や「イマジネーションの稽古、創作」、あるいは「コンテンポラリー」やマシューの作品を使ってのワークショップでした。
バレエの生徒さんにはいきなり、床で動くことはせず、まず床で呼吸を確かめてから、バーでバレエの動きにコンテンポラリーの動きを私なりに足して、体が少しずつカーブやリリースになれる様にしました。センターでは音楽にのってもっと自由に動いてもらい、アダージオやジャンプに床を使う動きをゆっくり入れていきました。また、コンクールなどで使われる、コンテの動きも入れてみました。
コンテンポラリーをお願いします。と言われたスタジオでは床の呼吸の後、どれだけ、体が重くて、力を抜くのが難しいかを経験してもらい、バーはなしでフロアーから始めました。バレエやジャズにない筋肉の使い方を動きに入れて、最後は創作をしてもらいました。
創作の稽古は、希望があった所だけですが、イマジネーションの稽古になります。また、海外の振付家との仕事では個人の想像、創作が必要になりますので、自信を持って創作してもらう稽古をしました。
私は、まず、日本人の「恥ずかしい」という気持ちを取ってあげるように心がけ、創作には「決まり」や「正しい動き」はない事を理解してもらうのに時間をかけました。面白い事に、ダンス未経験者の演劇学校の生徒さんや、始めたばかりの生徒さんの方が、頭が柔らかく、どんどん創作していました。
個人の創作からグループの創作になった時は、ダンス経験者がいろいろとアイデアをだしていましたね。二日間のワークショップはそこに「他人に教える」そのためには、カウントや動きの意味をきちんと作っておくこと、また、それぞれの創作を絡める時は、「他人の動きにも気をつけてアイコンタクトを取りながら踊ること」また、「スタジオのスペースの使い方」などを勉強してもらいました。意見がたくさん出る大人の方は「たまには人の意見にそって作る」時間内に作るための我慢も勉強してもらいました。

これらは、私が、クラシックバレエに始まり現代舞踊からジャズ、そしてミュージカルを経験して大人になってからコンテンポラリーを習った経験から、いろいろ工夫をしてレッスンを作ってみました。
様々なダンスを経験したので、それぞれの角度から見て指導させてもらいました。いつも、笑いがたえない、楽しいクラスは私も新鮮に楽しみました。
これからも、アメリカでいろいろと吸収しますので、日本の皆さんにも伝えられれば。と思っています。

結婚もしましたし!

[2010.08.10]