ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

ニュヨークで行われたバレエコンクールのコンテンポラリー・ダンス部門の振付をダンサー3人のためにさせていただきました!

とっても楽しかったです!
それぞれの生徒さんたちは、私のコンテンポラリー・クラスを受けていたので、良い部分、苦手な部分、挑戦になる動きなど考え、コンクールの入賞者の映像もたくさん見ました。
一人は、振付を依頼されて6週間ぐらいでコンクール出場です!他の二人も10週間で出場! 時間が無いので私のクラスで練習している動きを工夫して変えて入れたりと、なるべく短期間で身体に入っているものを中心に取り入れました。
1週間で準備しなければならないので、音楽も知っている曲からそれぞれ3人に合うものを選び、すぐに振付に入り、2週目に振り移しに入りました。

3人を見ていて思ったのは、3年前からこの子たちを指導していて良かった! お互いに求めているもの、求められているものを理解していて、それぞれがチャレンジになるようにテクニック、表現も入れました。
特に、オーディションもそうですが、自分をしっかり現わせる様に、表現にも重点を置きました。気持ちの持って行き方、踊りとどうつなげるか、テクニックと思って踊ると失敗する時もあるけど、「回った後、誰かが追いかけて来ると思ってごらん。」というとターンの次まで想像して回るので、つながり、本人も回ろうとせず、演技の流れで踊るのでとっても良くなります。
バランスを取るのも、ただ綺麗に取るのではなく、「足を上げている時に虹を描いて想像して。」と指導しています。
高校生の子は、素直に身体が動くような振付ではなく、右に行きたいと思った時に左に動く動きで、「片想い、ジレンマ。」を表現してもらいました。
新しい挑戦でしたが、依頼をしてくださった針山バレエスタジオの針山真実先生から「やっぱり、友谷先生にお願いして良かったです。踊りや振付、音楽も素敵です。友谷先生は本当に一人一人生徒の良さや個性を出せる作品を作ってくださいました。」と言われてホッとしました。今後もこういうお仕事、クリエィティブにやってみたいです。
公演や発表会の作品を創る時はテクニックを考えず、何を表したいかに集中しますが、たった2分でこの生徒の良さを出すために振付けるのは勉強になりました。ちょうどオリンピックの時で、針山先生からも「審査委員がすぐに飽きないように初めに動きを入れてください。」と言われ、スケートも最初にビックジャンプがあるので、そういう感じでテクニックを入れたりと、違うクリエィティブの経験をしました。料理の素材の良さをだす、というのと同じですよね。好きです。こういう創造性のある仕事!

1803mami02.jpg 1803mami_0265.jpg 1803mami_7826.jpg
1803mami_0261.jpg

そして、なるべく私のクラスでは、ミュージカルやコンテンポラリー・ダンスを観に行ったりします。
その一つで、最近『ONCE ON THIS ISLAND』を希望があった生徒と保護者の皆さんと観に行きました!かなり渋いストーリーで大人も楽しめます。立見席も満員でした! このミュージカルの振付をしたいです!!
音楽が良く、物語も深いので私のコンテジャズの振付で面白く、変わったことができそうです。うーん、どうやったら実現できるのでしょう?:)
主役の女の子は、全米の高校などのオーディションで勝ち取った子です。芝居ができて、歌えて、踊れる、本当に三つのことができる子でした。また、周りの大人は『レ・ミゼラブル』や『ミス・サイゴン』で主役をされた方たちで固めていて素晴らしかったです。
最後に、夫の仕事の関係でステージ・マネージャーにバックステージ・ツアーをしてもらいました。子供たちはこのツアーで動物にも会えてとても楽しんでいました。本物の動物です! キャスティング紹介で、動物のキャスティングのアップがあり笑えました。ちなみに、この動物たち、ある期間になるとキャストチェンジするそうです。ずっと劇場にいなくて良いので良かったです。:)ちゃんと休憩ではマンハッタンを散歩するそうです。劇場の地下に彼らの楽屋もあります。
オススメの作品です!

1803mami_7821.jpg 1803mami_0263.jpg 1803mami_7822.jpg
1803mami01.jpg 1803mami03.jpg 1803mami04.jpg
[2018.03.12]