ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

ブロードウェイ・スタイルでミュージカルを学べる1週間のプログラム、The Broadway Experience (TBE)を東京で開催しました!

おかげ様で今年で日本での開催は5周年でした!
年に一度しか開催はなく6日間、演技、ダンス、ヴォーカル、ダンス&ソング、模擬オーディションなどを朝から夕方までびっしりブロードウェイからの講師陣と日本の講師陣に学んでもらいます。
今年は、5周年記念ということで、特別ゲストとして株式会社ホリプロ代表取締役社長CEO 堀 義貴氏にも講演をしていただきました。
たくさん素晴らしい才能を持った方たちとお仕事をされている堀社長からの観点は、とてもシンプルでどの世界にも共通することをおしゃっていました。

tbe17-227.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama

TBE受講者の特権なので、全部はここで書きませんが、少しだけお話しすると(堀社長の言葉を書き留めていなかったので少し違いますが)「まずは1番にこの仕事を好きなこと」本当にそれに尽きると思います。TBEでもパッションがないと続かない、といつも伝えています。
また、自分が得意と思っている分野や役でも、他人から見れば違う時もあり、常にアンテナを張っていて、それに気付きチェンジができる人は生き残る。あるいは、また売れだす。ということもおしゃっていました。
私もとても共感しつつ、新たな挑戦をしないと、と思いました。
やはりすごいオーラを持った方たちとお会いしているので、「メークアップがきつくなく、自分を出している人の方が印象に残る」というお話では微笑んでしまいました。そうでしょうね、皆さん堀社長とお会いするとなると気合が入って、やりすぎる方もいるのでしょうね・・。
最後に「パーフェクトでいようと思わないこと。パーフェクトはない。常に学んで向上している」というお話には海外に住んでいる私にはとても頷け、アメリカのプログラムを受講したTBEの受講生たちも何人かはそれに気づいたと思います。
質問がある人、とTBE受講生に聞いた時に、「たいていはこういう場合、質問する子を決めていて自発的ではないんだよね」とお話され、「ホリプロの記者会見でも海外では質問は?と聞くとほとんど全員が手を上げて質問をしますが、日本では一つもなくて、すぐ終わります」というお話にはびっくりしました。プロの記者の方でも質問しないのだー、とびっくりです!

tbe17-001.jpeg tbe17-002.jpeg
tbe17-271.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama tbe17-285.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama
tbe17-309.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama

TBEでは、毎回一人3つは質問を考えておくことは伝えています。でも、手を挙げるか、上げないで後で後悔するかは本人次第です。
クラスの中でも日本人は受け身が多く、質問することが恥ずかしい、間違っているかも。と声を出さない子が多いので、アメリカのプログラムらしくどのクラスの講師陣もその殻を破ってもらって、ハングリーに吸収する=質問、発言もどんどんする。というのは一つの課題です。今年も「勇気を持つ」「Be Brave!」は合言葉になりました。
やはり若い子はその分怖いもの知らずなので、これが堀社長への最後の質問ですよ。と聞くと一番最年少の10歳の子が質問していました。このまま思いっきり育っていって欲しいですね。
TBEの最終日のプレゼンの後では、講師陣に「質問がある人?」と聞いた時に、ほとんど全員が手を挙げ、時間がなくなるまでたくさん質問がありました。堀社長のお言葉、講師陣の指導、またそれぞれがハングリーに聞いておきたい!と思った結果です。

tbe17-314.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama tbe17-332.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama

今年は、ニューヨーク開催は10周年記念で8月7日〜21日まであります! 現段階(5月23日)で6名の日本からの参加者が決まっています。
締め切りは6月末です。夏休みに少し違う環境に入り、ブロードウェイ・スタイルを世界中の同じ年頃の方たちと挑戦してみてください。(ダンス以外は通訳がつきます。)
下記は、以前受講されたTBE大阪を2回受講された出口稚子さんからのメッセージです。(彼女はホリプロさんの「『ビリー・エリオット』のオーディションに受かっています!)
「『ビリー・エリオット』の稽古が始まり、顔合わせもしました!
海外チームでは、ダンスがトム先生、歌がスティーブンさん、演技がサイモンさんと毎日英語漬けの日々を送っています。まるで、TBEを受講しているようです! TBEを受講して本当に良かったです!!!ありがとうございました!」
次は、2012年にミュージカルを学ぶためにTBE New Yorkに参加された松下由季さんからのメッセージです。
「今年で10周年を迎えられるとのことで、おめでとうございます! 私は現在、東京で大学に通いながら、今は5月に行われるミュージカル座の練習に励んでいます。TBEに参加して得られた力が役に立っているなと感じます。そして今でも、一緒にNYに行ったメンバーと交流したりもしています(*^^*)」
それぞれの世界で皆さん大活躍です! とても嬉しく思います。

tbe17-339.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama tbe17-348.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama

今年のTBEのお申込みは下記のウエブサイトからどうぞ。
http://thebroadwayexperience.com/-nycjp1/
お問い合わせは下記までお願いします。
tbenewyork@gmail.com

tbe17-354.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama tbe17-359.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama
tbe17-425.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama tbe17-457.jpeg Photo : Natsumi Tokuyama
[2017.06.12]