ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

1月から、ミュージカル映画「Fame」(フェーム)で有名になった...

1月から、ミュージカル映画「Fame」(フェーム)で有名になったLaGuardia(ラガーディア)ハイスクールで演劇科の生徒たちにダンスを教え始めました。場所は、リンカーンセンターの後ろ側です。近くにはジュリアード学院もあり、この高校から何人かの卒業生がここに進学しています。

ラガーディア高校は公立ですが、一般教科は勿論ですが、他に演劇、ダンス、音楽方面の才能を要求されます。もちろん入学するにはオーディションがあります。
有名な卒業生はたくさんいますが例えば、ロバート・デニーロ、アル・パチーノ、バーバラ・ストライザンド、スザンヌ・プレシェット。現在もマドンナの娘さんも通っています。
かと思うと、才能はあるけど貧しい家庭や親との問題がある子供たちもいます。シェルターに住んでいる子や昨日は駅で寝た、という子も。全員、ダンスのクラスでは黒の上下を着て受けます。
私は、ダンス科の生徒ではなく、ドラマ科(演劇科)の生徒を教えるのですが、アメリカは先生の資格は、アメリカの大学を出た方に限ります。私は、高校はNHK通信教育で卒業しましたが、16歳から劇団四季の舞台に出ていたので、資格がありません。
なので、私のクラスはPhysical education(体育)クラスの一つで、体育の先生が見ている間に行われます。しかも、公立なので、地方公共団体が設立・維持していて、今年からダンスのクラスは中止、あるいは体育の先生が受け持つ、となったそうです。でも、このドラマ科のトップの方がこれからは子供たちに演技だけではなく、ミュージカルが出来るようにならないといけない、と保護者の方々を説得して、ダンス講師を雇うことにしたそうです。そう、保護者の方々が私の講師料を払っています。

1402mami01.jpg 1402mami02.jpg
雪が舞うリンカーンセンター

私はラッキーで、このドラマのトップの方がTBEニューヨーク・コースに教えに来てくださったおかげでお互いを知っていました。また、マシュー・ボーンの大ファンで私が出演した「Sleeping Beauty」も観に来てくださり、私とカンパニーメンバーとマシューとでこの学校で「リ:ボーン」ワークショップもしたので、この学校の教えの仕事をいただききました。
私は、4年生までいる高校の2年生と3年生の半分を教えます。「Sleeping Beauty」ツアーが12月2日に終わり、久しぶりにピッツバーグの家に帰り、次の週には、夫とニューヨークに車で行き、住む家を探し、とりあえず友人が使っていないスタジオに住むことにし、ピッツバーグに帰り、すぐにクリスマスで夫の実家に帰り、その後3日間で荷造りをして12月29日にニューヨークに引っ越し、1月2日から学校の教えが始まる、というハードスケジュールでした。今考えてもわれながらよくやったなと思います!しかも学校は、1月いっぱいはまだ1学期なので、私も良くシステムを理解していません。
さてこの学校での授業ですが、私は、ミュージカル・ダンスとバレエを教えています。(バレエは皆始めてでとてもかわいいです。:) 男の子たちは嫌がっていますが、ミュージカル・ダンスの時より静かで私は助かります! なにせ、ダンス科の生徒ではないので、ダンスを受けるマナーを知らず、ドラマのクラスのように良くしゃべること! 1クラス40人はいるので、静かにさせるのに必死です。
今の所、静かにしてほしいときは、怒鳴らず、手をたたいて、足で床をたたき、ジャンプで1回転をします。それを生徒が私のやった後にリピートします。全員が一緒に出来るまでします。これは、「静かにしなさい。私に集中しなさい。」の合図です。2日目でもう全員がジャンプしながら1回転が出来る様になりました。(それだけ騒がしいのですが・・・)なので、慣れて来たら、ダブルピルエットにしようと思っています!(静かにしなさい。という合図の時間がもったいないのです!)
バレエも時間内(演技科の1クラスは約35分です。ダンス科は約60分はあるみたいですが)では、プリエから始まり3つか4つしかバーは出来ませんが、なにせバレリーナになるためのクラスではなく、演技の時の立ち姿が良くなること、ミュージカルが出来るようになることなので、子供たちが飽きないように、最後はターンとジャンプをしています。
皆とても良い子たちで才能があるのですが、なにせマナーが悪く、たった35分のクラス内でトイレに行く子、遅刻する子、座る子などがいます。この子たちには私のノートに名前を書いてもらって、後で私が成績表をつける時に参考にします。おしゃべりもマイナスです。

1年の間に、ミュージカルのオーディションや発表会がたくさんあるみたいです。 私のクラスの生徒たちが将来、舞台や映画に出演する時に役に立つために、なんとか1年後は全員が少しは踊れるように、私も指導をがんばります!
 
そういえば私は、日本のミュージカル『フェーム』のバレリーナ役、アイリスを演じた経験がありました! 縁がありますね。:)
 ラガーディア高校のホームページです。途中入学や入学オーディションの情報も載っています。
http://schools.nyc.gov/SchoolPortals/03/M485/default.htm

1402mami03.jpg リニューアルされたDavid H. Koch Theaterの床
[2014.02.10]