ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

ニューヨークで行われた「ブロードウェイ・エクスペリエンス」(TBE)サマー2週間プログラムが大成功で終わりました!

今回は、日本から15, 16歳の5名が参加しました。今月は、このプログラムの1週目をお伝えします。
 ニューヨークに着き、1日セントラルパーク、リンカンセンター・ツアーなど観光し、次の日から早速、第1週目が始まりました。
まずは、ダンスのクラス分けテストがあり、私も審査委員で参加しました。お互い知らない者同士なので緊張もありましたが、皆さんよくがんばりました。ジャズのコンビネーションですが、ターンなどではバレエテクニックがあるかないかすぐ解ります。また、ジャンプの着地なども基礎ができてるかどうか見る側にはとても良く見えてきます。

1209mami07.jpg 私とベン・ハートリー

その後の1週間は、コーラス、演技、ダンスと歌とダンス、を一緒に合わせたシアター・ダンスを、それぞれのブロードウェイの講師たち、プロの出演者たちから受けました。ハイライトは、2つありました!「その1」は、トニー賞を取った新作 『NEWSIES』の音楽アシスタントから『NEWSIES』のコーラスを習い、ダンスアシスタントの方からタップとスプーンを使うシーンを習い、演技アシスタントから1場面を小グループに分かれて演じました。
日本人の参加者も通訳の方に(私でなくプロの通訳がつきました。)シーンの意味、発音をその場で習い、台本を持って挑戦しました!(一人につき、1、2行の台詞がありました。)TBEのディレクタ−が日本人の生徒はアメリカ人の生徒より、何を言っているかはっきり聞こえる。と言われた様に、自分たちで考えた演出もシンプルでとても良かったです。
また、ダンスはタップで踊るのも大たいへんですが、それにまして小道具のスプーンを使い、その後に歌う・・・という困難な作業を経験しました。TBEでその『NEWSIES』を観劇に行きましたが、とっても良かったです!
ブロードウェイに行かれる方は『NEWSIES』を観に行かれるのをお勧めします。ストリーは若くて、貧しい新聞売りの少年たちが、ただ働き同然の扱いを受けている親会社に対してボイコットをする本当にあった話です。女性は、3、4人だけで他は男性出演者ですが、みんな歌えて、踊れて演技が出来、3拍子揃った作品でした。ダンスは、さすが男性陣が多いだけあって、体力のいるジャンプが多く、セットも3階建ての大きなセットで、そこを自由自在に使います。歌の迫力も凄かったです。舞台から遠い席でしたが、熱気がここまで伝わって来ました。
公演後、特別にTBEの生徒さんたちのために出演者の方が残って下さり、質疑応答がありましたが、出演者は若いので、ブロードウェイ・ミュージカル初出演の人たちが多く、初めて台詞を話したり、歌ったりとしなくてはいけなく、2週間特訓し、たしか全部のリハーサルは5、6週間だったそうです。日本人の参加者も英語で用意して来た質問していました。みんな興奮して寝られなかった日だったと思います。

1週目のハイライト「その2」は、全米で大人気のミュージカル・ドラマ『スマッシュ』の出演者の方から、シーズン1で実際に使われたミュージカル・シーンを教えてもらいました。しかも、その後、オーディションの疑似体験もしました。
まず、このスマッシュの講師が「今日、私はマリリンの中からの1シーンのため、男性、マリリン、ヒスパニック系に見えるダンサーをオーディションします。撮影は明日です。」と説明します。その後、振り写しがあり4人ずつで踊ります。終わるたびに「4番、6番ありがとう。5番は残って。」と伝えていきます。最後は、講師から生徒たちに「残って。」と言われた子たちがなぜ残ったか質問されていました。みんな「5番は、踊りが正確で良かったから。7番は、踊りに迫力があったから。」など技術的な事を言いましたが、スマッシュの講師は、「僕がこの子達を選んだのは、最初に言ったよね。マリリンのシーンをすると。7番はブロンドでマリリンみたいだし、上手でもあったから。5番は男の子だったから、男の子が欲しい。と言ったよね。後、11番はカツラをかぶせたらヒスパニック系に見えるから。」「これが、オーディション。良い、良くないではなく、役柄にあっているか。しかも明日撮影なら、早く覚える子を選ぶね。」と現実の状況と同じ事を経験させていました。
他の子に振りの注意をして、同じミスをした子に「それだと、短いリハーサルで君には同じことを2度言わないといけない。とスタッフ側は判断して、出来が良くても受からない。」と言っていました。何千人と受けに来るブロードウェイのオーディションでは、少しのミスも性格も一発で見抜かれるのでしょうね。これがプロの世界です!
これを11歳から19歳の子たちは経験していましたが、見ていてとても面白かったです。でも、私のドジはここでも出まして、スマッシュの講師が日本の生徒たちに英語を訳してと言われて訳していたのですが、途中なんと言ったか忘れ・・・「私も通訳失格ね。ごめんなさい。何と言ったかもう一度行って下さい。」と・・・さすがにスマッシュの講師は私の肩を抱いて、笑っていましたが、それほど緊張のあるレッスンでした。
さて、いよいよこの「ブロードウェイ・エクスペリエンス」(TBE)が来年の春4月1日〜6日まで大阪にやって来ます!
参加者募集も始まりました!日本にいて、ブロードウェイの本格的なプログラムを受けられます!詳しくは、下記のホームページをご覧になって下さい。
http://tbenyc.com/osaka-japan/

1209mami01.jpg クラスレベル分けテスト 1209mami02.jpg 演技のクラス
1209mami03.jpg 歌のクラス 1209mami04.jpg ダンスのクラス
1209mami05.jpg NEWSIESのクラス 1209mami06.jpg 左から喜元和、平田瑞季、加藤文華、古垣未来、松下由季
1209mami08.jpg 「スマッシュ」クラス
[2012.09.10]