ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

アメリカの大学のミュージカル公演の振付の仕事が入りました。

劇団四季を退団した頃に4分間のダンス作品の振付はしたことがありますが、それ以上長い作品、しかもミュージカルはやったことがありません……!

もちろん、今までの経験で振付家が即興でイメージを伝えたり、早い振り移しで、1, 2度では覚えられず、適当にアレンジしたことはあります……。意外に振付家たちは何も言わないので、自分でもこれでいいのですか? とビックリしましたが。ユニゾンでない場合は、イメージがあえば良いのでしょうね。

また、コンテンポラリー・ダンスでは、振りを役やディレクタ−のイメージで考えたりすることもありました。友人と共同でショーを創ったこともあります。でも、全幕一人で振付けるのは初めてです! 
最初は、「アシスタントならやる」と返事をしましたが、ディレクターに強く押され、 また周りも「MAMIなら出来る!」と言ってくれるので、考えに考え、誰でも初めての時はあり、それをやらないとずっとやらないのでしょうから、「OK」と言ってしまいました! 作品名はオフ・ブロードウェイの『ZANNA DON’T』です。

今は、ディレクターのイメージを聞いたり、作品の中で使われるアメリカのカルチャー(70年代のポップワールドやウエスタンなど)を調べています。アイデアが湧くとメモっていますが、どうもこんな長期間で考えるのは初めてで、後で、慌てなくて良いようにしないと……とは思うのですが。。。しかも出て来るアイデアはなぜか笑いがあるコメディ・シーンばかりで、一人で考えて、一人で受けていますが、アメリカ人達に受けるのか……:)

今回は、ダンス科の生徒ではなく、演劇科の生徒さんたちを使うので、出来る動きの範囲が違うのですが、これはあまり心配していません。どのミュージカルの振りもストーリーを伝えるためには、構成やアイデアは素晴らしいけど、意外に難しいことや、ややこしいことはしていない、とブロードウェイ関係者も言っていますし、テクニックがある動きより、役から動きができる方がどんなに魅力的かマシューのカンパニーや今までのミュージカル出演で勉強しましたので。ディレクターも1番大切なのは「ストーリーを伝えること」とマシュー・ボーンと同じことを言っているので、 私は演劇の生徒さんたちと作品を創るのがとても楽しみです!

まずは、オーディションが10月にあるので、その時のための振付を考えなくてはいけません。いちばん心配なのは、英語でもあります!! 今までは、適当な英語でも仕事出来ましたが、今回はディレクターとのコミュニケーションや生徒たちに伝えるために、かなり英語が必要でしょうね……。ビールやワインを飲むと緊張が取れて、ペラペラになるのですが、リハーサルのたびに飲めないしですね。ラッキーなことにこの夏、ニューヨークでのTBEクラスパフォーマンスでベンのアシスタントをするので、そこで「英語で指示する」経験が出来るので良かったです。また、皆さんにこの全幕英語での振付け体験を伝えますね。

1207mami01.jpg

話は変わるのですが、ブロードウェイミュージカル『Come Fly Away』を観に行きました。トワイラ・サープ振付の1時間半弱、休憩なしの作品です。 一言で言うと「ダンス・オリンピック」みたいでした! ダンサーたちの凄いこと! 全部のシーンがメイン・シーンみたいで、さすがアメリカ! という感じです。

私は低血圧なので、個人的にはロンドンで観た『シナトラ組曲』の方が好きですが、この『Come Fly Away』は、多分日本のお客様たちは好きになると思います。なにせ、ダンサーのテクニックが凄い! シナトラの歌に合わせて、物語のようにそれぞれのカップルが踊りますが、ストーリーより振り付とテクニックが凄くて、ラスベガスのショーを見ている感じです。生バンドも素敵ですよ! バレエの生徒さんたちも楽しめると思いますよ。かなりバレエテクニックをアレンジしているので。

普通は、ストーリーがあるのに、それよりテクニックが全面に見えた同じ振付家の『ムーヴィン・アウト』の様な作品は、私は感動しないのですが、今回は短く、ショーの様な感じなのでそれなりに楽しめました。

『ザ・カーマン』でダンス・パートナーだった、ロイヤル・バレエやKバレエカンパニーにいたマシュー・ディボーもオリジナルキャストとして出演しています。久しぶりに会ったら、日本に行けることをとても楽しみにしていました! 日本公演が最後なので、キャストも多分最高にはじけて終わらせようとすると思います。楽しみですね。

1207mami02.jpg『カム・フライ・アウェイ』(C)Jun Wajda
[2012.07.10]