ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

The Broadway Experience (TBE)の日本ワークショップを3週間行いました。

とっても意義のある時間で、全国のミュージカル、バレエ、ジャズ、歌、演劇を一生懸命習っている子供たち、大人の方にお会い出来て、私もディレクターのベン・ハートリーも持っているもの、伝えられることを限られた時間内で、出し尽くしました。
今回は、前回より受講者の方たちにもっと笑顔が見え、質問も多かったです。やはり、前回は震災2週間後の緊張のある時期だったので、子供たちもそれなりにその空気を感じ取っていたからでしょうね。
2回目の開催をしてくださったスタジオ、学校の皆様、そして、アメリカからのメールだけのご案内を信じてくださり、初めて開催してくださった皆様、素晴らしい出会いをどうもありがとうございました。感謝します。

ベンも私も、バレエの生徒さんだから、演劇の生徒さんだからという妥協はしません。プロの世界は厳しく、このクラスで表現を出そうとしないと、いつ出すのか、発表会、オーディションで急に出せるものではないので、やはり、日頃から限界までやるように、「もっと!もっと!」を言い続けました。
一つ気になったことは、全員ではないのですが、ダンスの生徒さんで受講者の方が、周りが声を出したり、質問したり、表情を大きくするまでは、みんな同じで、個性を出そうとしない、人と違うようにしないことがありました。教わりたいけど、グループの中の一員でいたい。目立ちたくない。というのが見えました。
反対にとても活気のあるメンバーばかりの時もあり、やはり、良いライバルがいることはとても大切で、自分一人で頑張るより、お互い刺激があり上達が早いと思いました。そういう意味でも、もし可能な環境にいるなら、一度ニューヨークである、世界の同じ年頃の生徒さんたちと一緒に1週間、あるいは2週間を過ごせるTBEサマープログラムを受けるのをお勧めします。「恥ずかしい」と思っている時間はありません。(5月31日が締め切りです。)
ベンは、「レッスンの時、誰でも出来る簡単な笑顔が、踊っているときに少ない。みんな真剣で、表情を顔に出すのがとっても難しそう。一番簡単なのに」と言っていました。
今年の夏にニューヨークに来られない方は、来年大阪で4月1日〜6日まで1週間コースを本場ブロードウェイから持って来ます! 是非、この機会をお見逃し無く!! 詳しくは、この「踊りある記」とTBE JAPANフェイスブックページをいつもチェックしてください。よろしくお願いします。
TBE JAPANフェイスブックページ
https://www.facebook.com/TBE.Japan

1205mami01.jpg1205mami02.jpg1205mami03.jpgPhoto: 山口博之

さて、日本に行く前にシアトルでトライアル公演中のミュージカル『First Date』を観ました。この公演は、前回書かせて頂いたブロードウェイ公演『EVITA』のプロデューサーでもある、川名康浩さんのもう一つのプロデュース作品です。
トライアル公演とは、実際にお客様を入れて公演をしますが 、お客様の反応などを見て いろいろと変更を加えます。公演によっては、まったくキャラクターが変わる場合もあります。例えばディズニーの『NEWSES』は、白人女性の若いパートを大柄な大人の黒人女性に変わりました。ブロードウェイに持って行く前のテスト公演のことです。
この『First Date』はかわいらしい、とても見やすい作品でした。私が観た時の段階では、オフ・ブロードウェイの様な規模で、主役の男性と女性が初めてデートをしますが、セットが素敵でした。最初にレストランに変わった後は、ずっとそのシーンで行われます。アンサンブルの方が5人いて、それぞれがいろいろな個性的な役に扮し、大活躍でした。主役の家族の宗教が違うことを表すシーンはとても面白かったです。
主役のキャラクターは、お互い知らない者同士が、初めてデートをする時の、不安、緊張、ミステイクなど、観ている側に「あー、解るその気持ち!」という親近感のわく コミカルにリズムよく話が進みます。
ビックリする様なシーン、ショックな話はなく、 二人が歌うシーンも素敵な歌で、年配のお客がたくさんいましたが、みなさん笑いながら安心して最後まで楽しそうに観ていました。また、休憩が無く、作品自体長くないので、本当に初デートシーンをリアルタイムで観ている感じです。
『First Date』は来シーズンのブロードウェイでの上演を予定されているそうです。ブロードウェイに来る頃はもっと洗練されているのでしょうね。楽しみですね! 皆さんもチェックしてみてくださいね。

1205mami04.jpgEric Ankrim and Kelly Karbacz in the world premiere of First Date,
a co-production of ACT and The 5th Avenue Theatre.
Photo: Chris Bennion
[2012.05.10]