ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

アメリカのピッツバーグで「コンテンポラリー・バレエ」のワークショップをしました!

このワークショップを主宰して下さったダンススクールの先生が、まずは私の教えをみたい、と言われ彼女のクラスで1クラス教えました。
テストですね。アメリカでは普通だそうでこの先生も「Mamiにはテストが必要ないと解っているから、講師代は支払うわね。」と言われました。
そうなんです。大きなダンス学校だと、このように新しい講師が初めて教える日、どんなクラスをするかをディレクタ−などが見るテストの日は、普通支払いはないそうです!
英語で教えるのは久しぶりで、緊張しましたが、クラスが始まったら自分の世界に入れて、生徒さんに「教えたい!」モードで楽しく進められました。
もっと、英語の表現する言葉を勉強しないと。と改めて思いましたが、生徒さんたちは、ずっと笑顔で(笑顔でない生徒さんも笑顔になっていきました。)楽しそうに受けてくれました。一人は足を怪我しているのでジャンプはしない、と言っていましたが、飛んでいたので「やめた方が良いよ。見るのも勉強。」と言うと、「あまりにも楽しいクラスで、ついつい、飛んでしまった。」と言っていました。:)その気持ちは良く解る・・・。
その後、ここの先生が主宰してワークショップをしましたが、アルヴィンエイリーのカンパニーで踊っていた男性ダンサーも見学に来て、私はちょっとビックリしましたが、テキサスなど、他の州からも受けに来てくれた生徒さんもいたので、集中して少し、挑戦になるような動きも足し、それに表現も入れてみました。
バレエの生徒さんたちでしたが、コンテの床の動きは皆出来ていて、私がバレエ にコンテを足してもスムースにこなしていました。 これは、日本のバレエやミュージカルの生徒さんたちと違いましたね。やはり、アメリカのダンススクールではコンテンポラリーも教えているのが、生徒さんたちの動きから見えましたね。
ただ、アームスをコンテ風にして足はバレエの動きだと、奇妙なエイリアンの様になっていましたが・・・。

新しい町、国で仕事を見つけるのは本当に大変です。まずは、自分の存在を知ってもらうのに、半年から1年はかかりますね。
ダンスカンパニーの様にオーディションがあると良いのですが、 フリーでがんばろうと思うと、履歴が良いことより、知人、友人の推薦がある方がやはり、仕事の話が来ます。私も、イギリスで何年か住んで、やっとフリーの仕事の話が来ましたが、マシュー・ボーンのカンパニーで忙しかったので、少ししか出来ませんでした。でも、色々なことに挑戦でき、出会いがあるので好きでした。
今回アメリカでは、特にピッツバーグでは知人、友人もいないし、オープンクラスもあまりないので、どうやって自分を知ってもらうかにかかっているな。と思いました。 人生には時々、1からスタートする時がありますが、それまでの経験はそのまま残っているので、それには感謝しています。 今回のワークショップ後、自信を持つ事が出来たので、信じてアメリカ流(これが未だ、日本人特有な遠慮がちになるのですが)にアピールしてがんばります。飲み友だちはすぐに出来るのですけどね・・・・)

話は変わり、トニー賞が発表されましたね!!
私の四季時代の先輩の川名 康浩さん(以前、3月アップのこの「踊りある記」でも書きました)がプロデュースで参加された作品、ミュージカル『Catch Me If You Can』 もミュージカル最優秀主演男優賞をNorbert Leo Butz(ノルバルト) さんが取りました!!
さっそく、川名さんに「おめでとうございます。」とメールをしたら「親切なメールありがとう!シアトルのトライアウト中、ノルバルトの妹さんが事故で亡くなるという悲惨な事が起きました。しかし、彼はトライアウトを最後まで素晴らしいパフォーマンスでやり通してくれました。本当に才能豊かな素晴らしいアクターと仕事が出来て誇りに思います。今晩はノルバルトとハグして二人で泣いたよ。」とタイムリーな興奮するお返事を頂きました!
アメリカの文化、ブロードウェイ・ミュージカルの世界で日本人として堂々と素晴らしい仕事をされている川名さんは私たち日本人の誇りですね! アメリカに来られた頃は、仕事が終わった後の夜に英語学校に通い英語を習っていたというのを聞きました。 やはり、すごい人は凄い努力もしています。
運転免許のテストのために「Ramp」(立体交差路等)の「ランプ」を明りの「ランプ」と思って勉強していた私とは大違いです・・・
そして、私が出演したマシュー・ボーンの『Highland Fling』(日本公演のタイトルは『愛と幻想のシルフィード』)の照明デザイナー、PAULE CONSTABLEも『WAR HORSE』(この作品もお芝居の最優秀作品に選ばれました)でトニー賞を受賞しました!
本当に、ハッピーな気持ちにさせてもらったひと時でした!

1107mami.jpg 『Catch Me If You Can』Photo by Joan Marcus
[2011.07.11]