ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

「ブロードウェイ エクスペリエンス」の報告、第2弾

模擬オーディションは、ブロードウェイのオーディションの経験をしました。審査委員はこの「ブロードウェイ エクスペリエンス」の主催者ベンとブロードウェイのリハーサルディレクター、音楽ディレクター、キャスティングの方、演技の先生方とで行い本番さながらの緊迫した模擬オーディションでした。
ダンスも4人ずつ審査委員の前でその場で覚えて踊ります。歌は一人ずつ、演技はブロードウェイの役者さんと掛け合いをしました。日本人の生徒さんたちもしっかり踊ってアピールし、課題の振りは大人っぽい『フォッシー』の振りでしたが、3人とも堂々と踊っていました 。歌は(今回は全員アッパーでした。)約1ヶ月前にもらっていた英語の歌を一人ずつ立派に歌い、模擬オーディション用のクラスでもらっていた個々の課題をこなしていました。

1010mami04.jpg 模擬オーディションの審査員 1010mami05.jpg 模擬オーディションの稽古
左から通訳の山口マキ、演技と歌の先生、Sandy Faison、宮脇咲良

演技のオーディションでは、その場で台詞をもらい、演技をしないといけない時があり、そのやり方は英語が話せない日本人には難しいので参加せず、隣で演技のロウアークラスを受けました。でも、今回日本人の参加者に一人だけアメリカの学校に行っていた子がいたので、挑戦したらどうか、という審査委員の意見で急遽、台本をもらい、短くしてもらい挑戦しました!! 本当によくがんばりました!
最後の日、ブロードウエイやドラマのスターで、新作『プロミス・プロミス』のポスターに主役として載っているKristen Chenoworth(『ウイキッド』のオリジナルのグリンダ役や、全米の人気番組”Glee”に出演)の前でも踊り、歌いました。ソロの歌では、日本人の12歳の子が生徒代表の一人で歌い、リアルな純真な演技で大拍手をもらいました。この見学会は発表会ではないので、それぞれのクリーンアップはしていません。なので思い出しながら演じていますが、アッパークラスの『キャッツ』は全員猫になりきって素晴らしかったです。そして、最後に記念撮影をして、ベンから卒業証書をもらいました!

1010mami01.jpg 1010mami02.jpg
Kristen Chenoworthと一緒に

イギリス人の参加者とも食事に行き、子供たちも「英語が少しずつ楽しくなって、解って来た」とお互いに言葉を教え合っていました。歌のクラスでも隣にいるアメリカ人やイギリス人が大きな声で歌ってくれて、みんなを助けてくれました。友情も芽生え、それぞれのクラスで、日本人だけにならない様に先生にお願いし、本当にインターナショナルな経験をしたと思います。
そして、早いです。あの年齢はスポンジの様になんでも吸収するので1日中稽古の日々にもかかわらず、ニューヨーク生活を本当に楽しそうに馴染んでいました。毎日が新しい経験でドキドキしたと思います。
出発前には歌は一人で絶対歌わない。と言った子に私とベンは心配して、無理矢理歌わすことはしないでおこうと、思っていましたが、本人から「嫌だ」と言って来ず、多分ブロードウェイではそれは通用しないこと、挑戦することは恥でないことを学んだのでしょう。立派に一人で歌いました。

1010mami03.jpg 左から占部由佳子、宮脇咲良、古垣未来、濱口有衣、鈴木彩花、井上菜月、占部由稀

残りの二日間は日本人の参加者たちだけで、コースとは別に『ビリーエリオット』と『ウイキッド』を観て主役はもちろん、アンサンブルの質の高さにビックリして、興奮して話していました。
無事、自分たちだけで帰国し本当に素晴らしい出会いがあり、経験や友情が出来たと思います。
子供たちを「ブロードウェイ エクスペリエンス」に参加させてくださったご両親、そして日本のダンスの先生や歌、演技の先生方に感謝します。
来年は、まだはっきり解りませんが、2週間コースになるかもしれません。もちろん、最初の1週間だけでも選べます。2週目は、発表会のためのリハーサルだけをし、発表会をする予定です。また、それに必要な勉強もします。(メイクなど)
詳しいスケジュールなどは、下記のペースさんのホームページか私のブログに遊びに来てください。
そして、来年の春休みに向けて、「ブロードウェイ エクスペリエンス」の主催者ベン・ハートリーと日本でワークショップを計画しています。
色々なスタジオでミュージカル『ヘアースプレー』や『フォッシー』『シカゴ』など本場の作品の一場面を経験してもらうつもりです。またバレエ関係のスタジオは、ベンがマシューのオリジナルの『スワン レイク』『カーマン』のメンバー(王子もしました。)なので、スワン(四羽や三羽など)やカーマンをしようと思っています。もちろん、この春はご希望があれば大人の方たちに向けてもワークショップをするつもりです。またとないチャンスですので、ぜひ参加してくださいね!
詳しい情報は後日お知らせします。

1010mami06.jpg 1010mami07.jpg
1010mami08.jpg 1010mami09.jpg
1010mami10.jpg 1010mami11.jpg

最後の写真は後列左から、井上菜月、占部由佳子、宮脇咲良、ベン・ハートリー、友谷真実、
前列左から、鈴木彩花、占部由稀、古垣未来、濱口有衣

●ペースインターナショナルジャパン
http://www.pace-homestay.com/broadwayjp.html
●友谷真実 ブログ
http://profile.ameba.jp/mami-tomotani/

[2010.10.12]