ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

私は福岡出身です。福岡出身で芸能や歌手のプロになられた方はたくさんいます!

タモリさん、井上陽水さん、松田聖子さん、浜崎あゆみさん、高倉健さん、イッセー緒方さん、黒木ひとみさん、妻夫木聡さんなどたくさんの素晴らしいパフォーマーがいます! が、なぜか福岡で芸能は育たない。と言われてもいます・・・福岡県人は熱しやすくて冷めやすい。とも・・・?

1003mami01.jpg

「劇団四季」が福岡から撤退。というニュースを見て『コーラスライン』を観に行きました 。千秋楽の前日で当日券がまだありましたが、席に着いたら満員でした。まず劇場に入ると四季関連の商品がたくさんあるのにはびっくりしました! 私も劇団四季に15歳から10年間お世話になりましたが、専用の劇場が出来る前に退団したので、このショップは楽譜から本などいろいろあり退団後の「劇団四季」の歩みがよく分かり楽しめました。また、劇場の女性のお手洗いはいつも長蛇の列ですが、ここはたくさんあったので良かったです。以前テレビでアメリカのある劇場がトイレを宮廷のように豪華にしたらそれが話題になりアメリカ中からお客さんが来ているというのを見ましたが、女性トイレは大事です! そして、客層に男性が多いのにも目がいきましたね。
そういえば、私が中学生のころ終演後俳優さんたちとの交流会があり、そのころに 四季の会に入っていて参加したのは私と母と何人かしかいなかったのを覚えています。参加されていた俳優さんの方が多かったです。 前田美波里さんや市村正親さんと写真を一緒に撮ってもらい、お話が出来たのをすごくうれしかったのを覚えています。その2年後に自分が「劇団四季」に入るとは思ってもいませんでしたが!

1003mami02.jpg

初めて『コーラスライン』観た時は、私は中学生で劇団四季の『人間になりたかった猫』や『日曜はだめよ』を観た時ほど感動しませんでした。子供だったのですね。以前は理解できなかった性のことや踊れなくなってからの人生など、やっと自分が大人になりストーリーも理解できました。自分だったら? と考えながら楽しめ、また演じている女性陣もそれぞれキャラクターが違いとても観ていて面白かったです。
20年以上も前に観た時、一緒に行った母の友人が「日本の男性も踊れる人が出て来たわね。」と言っていたのを覚えていますが、私はモーリス・ベジャールの男性ダンサーたちと見比べていたのでそんなに凄いとは思いませんでした。でも、今回は違いました。男性陣は本当に踊れるようになりましたよね。
また、以前もここに書きましたが昨年、『コーラスライン』のオリジナルキャストのBaayork Leeにブロードウエイでお会いし、ブロードウエイ・エクスペリエンスのサマーコースに参加していた子供たちがコーラスラインの出演者から1場面を教わり、 Baayork Lee からも色々なお話を聞かせてもらっていたのを見ていたので、この何度も観たことのある作品をまた違う目で観られて良かったです。最後は本当に暖かい大拍手で何度もアンコールがありました!
私が観た次の日は千秋楽でしたが、そこで「お客様からの撤退しないで欲しい。というメールやお手紙がたくさん届き、4月~9月まで上演を決定した。」というのをニュースで知りました。これも新しい、今まで舞台を観た事がないお客様が増え、高い入場率になりますと、継続が可能になるそうです。是非継続してもらいたいものです。
すぐ側には「博多座」という劇場でも歌舞伎や素敵なミュージカルが上演されています。やはり、舞台は総合芸術でセットや照明、音楽そして役者さん達の生の演技が見られるのはとても素晴らしい経験です。
春になってきました、福岡は海も山もすぐそばにあります。また、おいしい博多の料理もたくさんあります。海外でヒットした作品、または日本の伝統作品、オリジナル作品などを福岡で観てみませんか?

さて、ワークショップのお知らせです。
4月3日(土)、4日(日)にマシュー・ボーン『SWAN LAKE』(白鳥の湖)のワークショップをマシューのスワンでも主役をされたバレエダンサーの首藤康之さんとマシューのカンパニーのアソシエイトディレクターのエタ・マーフィットと東京、ARCHITANZでします!一般の方〜ダンス経験者、プロの方まで楽しめる「re:bourne」のワークショップです。この機会に是非マシュー・ボーン『SWAN LAKE』の世界を味わってみて下さい。
詳細は下記の『マシュー・ボーンの白鳥の湖』公式HPでどうぞ。
http://swan2010.jp/

[2010.03.10]