ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

将来、ブロードウエィの舞台に立ちませんか?

最近、現役のダンサーだけでなくいろいろなジャンルに目を向けだした私は、手始めに若いダンサーたちのために経験を伝え、サポートすることを始めました。

ニューヨークの友人ベンからメールが来ました。去年ブロードウエィで11歳から20歳ぐらいまでのダンスの生徒さんを対象にしたサマーコースを1週間した所好評で、ニューヨークのダンス雑誌など色々な所に取り上げられ、今年はイギリスを始めもう50人の申し込みがきているそうです!
そこで、日本人のダンスの生徒さんたちにもこの1週間のサマークラスと3日間のウィンタークラスを広めたいということで私に連絡がありました。

このサマースクールでは、ブロードウェイで踊り・歌・演技の三つのプログラムが組まれ、それも現在ブロードウェイに出演している俳優、振付家、ディレクターなどが講義し、指導します。踊りもバレエ、ジャズ、タップとミュージカルに必要な科目が習えます。また、ブロードウェイの公演のリハーサルを見学し、本番も観ます。

上級クラスはオーディションの疑似体験をし、審査員から良かったことなどのアドバイスも受けられます。また、コースの最後にはスターたちにも会えます。実際にブロードウエィの作品から1場面の踊りのシーンを習ったりするこのコースは、ミュージカルスターを目指すお子さんたちには普通では受けられない内容です。2クラスあり、一つは2年以上の踊りの経験を持つ11歳から14歳ぐらいまでで、ここで歌と演技の楽しさを習えます。もう一つは14歳から20歳ぐらいまでで、踊りの経験が4年以上で歌と演技の稽古をしたことがあるのが条件です。

私はベンに日本人の英語の弱さを言いました。踊りのクラスはついていけるでしょうけど、歌と台詞は事前に楽譜や台本を送ってほしい。と伝えました。ベンは理解してくれ、日本人の生徒さんが英語で苦労して演技のクラスについていけない時は、日本人のためだけに演技の英語レッスンにしたり、通訳をつけたり、あるいはそこの枠を踊りや歌に変えてやろうと言ってくれました。とても柔軟な人でアイデアも豊富でした。

私も現地で日本人の生徒さんたちをサポートします。やはり、日本人はシャイなので実際についていけなくても黙っていることが多いので、悩みや不安を聞いてあげて、見守ってあげればと思っています。もちろん、授業中、私は生徒さんたちのために側にいても手助けはしません。その方が英語を解らなくても、五感を使って一生懸命に吸収しようとし、個性が出て来るからです。
私の経験から言って、英語が解らなくても何とかなるものです。また、世界の同じ年齢の子たちと一緒に過ごすということで国際性も養われとても良いことだと思います。
長所を伸ばして、自信をつけてくれるコースなので、スタッフみんなが楽しくお世話をします。私も見守っているので安心して下さい。

興味がある方は下記のウェブサイトを一度見てみて下さい。ビデオも見られますよ。ただ、外国人の子供たちは見かけがとても上手そうに見えるので怖じけないで下さいね。実際は日本人の皆さんと一緒なんですから。(笑)

Dreams come true!
“THE BROADWA experience!”
http://www.tbenyc.com/tbenyc/HOME.html

お問い合わせ先(日本語)
tbejapan@gmail.com

チラシを見る(PDF 約1.4MB)

 

[2009.05.11]