ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

クララを演じています!

私はクララのカバー(クララ役の二人がアクシデントで出演できない時だけやります)なので、クララのリハーサルが全部終わったら、緊急の時にすぐできるように1回だけ出演の経験ができます。その後は緊急の時しかやらないはずでしたが、クララ役のケリーが怪我をし、急遽クララをハナと私でやっています。


ドリューと
1幕のクララとナットクラッカーのデュエットは、毎回踊っていてとても気持ちが良いです。特にリフトが多いので私はいつも空中にいる感じです! 持ち上げるアランは大変でしょうが・・・。アランとはこのデュエットを2回しかリハーサルをしませんでした。本番前に「もう1度デュエットをやりたいのだけど。」というと、「マミとは全然問題なかったし、気持ちが良かったから稽古はいらないよ。」とあっさり断られました(笑)。これがアダムやジェームスだと何回も稽古するのですが。私もアランとのデュエットは気持ちよかったし、彼が大丈夫というのなら大丈夫だろうと信じて、まー、失敗したら稽古を断った彼の責任だと、割り切りました。今回この作品でアランと初めて組んだのですが、1999年の『スワン・レイク』の時から知っているので、ずっと前から踊っている感じがして気持ちが良いです。もう一人のナットクラッカー役のアダムが『シザーハンズ』のリハーサルのために抜けて、代わりにジェームスが参加するので彼とも踊ることになるかもしれません。ジェームスとは久しぶりに一緒に踊るので楽しみです。

演技面はなるべくこうしようと決めずに、相手の演技を受け止めて演じています。後は、マシューやスコットのダメだしをクリアーして楽しんでいます。ケリーの怪我で急遽『Nutcracker!』のミセス・ドロス役で参加しているエバニーと話したのですが、メインのストーリーに関わっている役は、自分でこうしたいと演技の計画を持っていても、実際は周りの人たちの演技によってそれが実行できなかったり、タイミングがうまくいかなかったりと、他の役をやっているときには感じなかった難しさを経験しています。
マシューの作品はどの役もキャラクターが強く、「その他の役(アンサンブル)」でもそれぞれにキャラクターがあり、観ている側にとっても毎回おもしろいのですが、よくマシューから「メインのストーリーを伝えないといけない時はきちんとそのシーンに集中するように、個性の強い演技をしていてお客さんの目をメインのストーリーから外さないように。」とダメ出しがありますが、改めてその意味をよく受け止めています。


キャリック・ア・リード吊り橋
ところで、ツアーも最後の1ヶ月に入りましたが、今回は初めてアイルランドのベルファースでも公演をします。まだこの文章を書いている時は公演が始まっていないので、どんなお客さんの反響があったのかは書けませんが、もしベルファーストにくることがありましたら、ぜひ「ブラックキャブツアー」(英語です)を経験して下さい! タクシーの運転手さんがベルファーストの歴史を説明しながら色々な場所に連れて行ってくれるのですが、自分たちだけでは行けない場所に連れて行ってくれたり、つい最近まであった宗教(カトリックとプロテスタント)のあいだでの実際に起こった事件の説明をしてくれ、歴史の1面を感じるツアーでとてもお勧めです。例えば、ベルリンにあった壁のようにフェンスがあり、定められた 時間以外はお互い(カトリックとプロテスタント)行き来できず、今はそのゲートは開けっ放しですが、まだフェンス(壁)がある所に連れて行ってくれます。また、カトリックの人たちを監視するビルのトップにいたイギリスの兵士がつい5ヶ月前に退去したなど、色々なエピソードも聞けます。私は町としてはヨーロッパ側のダブリンの方が楽しめましたが、この「ブラックキャブツアー」でベルファーストの1面を見られてよかったと思いました。もちろんユネスコに認定されている「ジャイアンツ・コーズウェイ」に足をのばすのもお勧めですよ。

さて私は5月から『Nutcracker!』のツアーの1日休みに、『シザーハンズ』のペグ役のリハーサルにも参加します。マシューの二つの作品に同時に関わるのは初めてで楽しみです。次回でどんな感じかお知らせしますね。

ベルファースト

ベルファーストのフェンス
[2008.05.10]