ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

『Nutcracker!』(くるみ割り人形)のリハーサルが始まりました!

『ザ・カー・マン』のUKツアーが土曜日に終わり、1日休みで次の月曜日から始まりました。『ザ・カー・マン』から参加する私たちには結構きついスケジュールでした。特にUKツアーの間フラットをキープせず、ツアー先からツアー先に動いていた私やケリー、ジェマ、ルークなどは、ツアー中にロンドンのフラットをインターネットや友人を通して探して、日曜日に移動(引っ越し)したので休みという休みがありませんでした。
考えてみると『シザーハンズ』の6ヶ月のアメリカツアーの後もアメリカから帰って来て1日休みで始まったので、この3作品に出演するダンサーたちは去年の10月からハードスケジュールをこなしています。今回参加しない、いつものメンバーたちは久しぶりに家でゆっくりできて、家族とクリスマスを過ごせると言って喜んでいました。

今回の『Nutcracker!』のメンバーは10人以外全員新しいメンバーです。『スワンレイク』から何人か参加していますが、私たちは初めて仕事を一緒にするのでほとんど新しいカンパニーで仕事をしている感じです(笑)。そして、若い!!
『ザ・カー・マン』が大人のセクシーな作品だったのが今回は、ほとんどが学校から卒業したてのダンサーたちで、若くてとっても可愛いです。ミカと私とエタはミセス・ドロスをしますが、ミカと「あー、このメンバーだと私たちしかいないね、ミセス・ドロスが出来るの」と納得しています(笑)。
私は、キューピットとミセス・ドロスをし、クララのカバーです。リハーサルは踊りのシーンから始まって、たったの3週間しかありません。みんな二つの役を同時に覚えているので結構大変です。また,カバーの役もソロやデュエットなどはそのときの抜きのリハーサルに残って一緒に覚えますし、マシューが見ているので結局3役稽古している感じで大変です。

エタとスコットは、また夫婦を演じますし、リハーサルディレクターとしても二人で一緒にやっています。ドロスのシーンでは時々エタとスコットの意見が合わず、同じ役を習っている私に「マミ、どっちがあっていると思う?どっちの動きの方が良い?」と聞いて来るときがあります。正直に「怖い質問、私がエタとスッコとのどっちかを選べる訳がないでしょ」と言ってなるべく逃げています(笑)。本当に長年付き添っている夫婦みたいで、時々傍から見ていると笑えます。

早く、役になりきって舞台を楽しみたいです。
みなさんは、クリスマスシーズンに何を観に行かれるのですか?
[2007.12.10]