ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

3週間のお休みが終わり、ワシントン公演です。

3週間のお休みが終わり、ワシントン公演です。
ほとんどのメンバーはイギリスに帰りましたが、私は暖かいマイアミとキーウエスト、とっても寒いニューヨークで過ごしました。

ニューヨークではミュージカルを3本とバレエを一つ観て、ジャズバーにも行き寒さに負けず行動を起こしましたが、午前中はアパートメントホテルにずっといました(笑)。イギリスより寒さがハードなのできつかったです。

ミュージカルはマシュー振り付けの「メリーポピンズ」、「アベニューQ」、「The Drowsy Chaperone」を観ました。どの作品も良かったです。
「メリーポピンズ」は豪華なセットでファミリー向けのエンターテイメント性が強い作品でした。子役の二人もとても良く、まだ始まったばかりなのでエネルギーにあふれていてお勧めです。メインのBert役のGavin Leeはロンドンの役者さんですが、ブロードウエイでも素晴らしかったです。メリーポピンズ役の女性はとてもきれいな声の持ち主でイギリスのかしこまった固い感じが出て良かったのですが、もう少し暖かさが欲しかったように思いました。
客席で小さな子供達がおめかしして最後まで一生懸命観ていたのは可愛いくとても微笑ましかったです。

 

キーウエスト
「アベニューQ」は「セサミ・ストリート」をもじった大人向けの辛口のジョークが多いので、ミュージカル嫌いの方達も楽しめると思います。ただ一緒に観た友人によると、ロンドンキャストの方が良いみたいです。日本人の役があるのですが、少し話し方など大げさでアメリカ人が描いている日本人でした。もちろんこの東洋人の女性は上手に笑いを取っていました。

「The Drowsy Chaperone」は年配のお客さんが多かったです。とても素敵なセットでメインのBob Martinの演技が素晴らしく彼の他の作品も観たくなりました。1920年代の話でその当時のギャグやダンスなので現在のスペクタクルなミュージカルを見慣れているお客さんを相手には難しい作品ですが、役者さん達と舞台セット、ミュージックなど総合してお客さんをあの年代にひっぱっていました。

マイアミとキーウエストはとても暖かくホリデーにはぴったりです。ニューヨークからも飛行機ですぐなのでお勧めです。マイアミにはバレエ団もあります。残念ながら私たちが訪れた時、公演はありませんでした。


アダムが独身最後の夜
私達のワシントン公演は、オーケストラをバックに楽しかったのですが、長い間録音の決まった音楽で演技をしていたので慣れるまで大変でした。
エタが久しぶりに帰ってきたのは、うれしいし楽しかったのですが、彼女がロンドンのダンス学校で教えていたためか、エタのカンパニークラスは激しく3週間休みの後にはきつかったです(笑)。


私の舞台の相手役のアダムがこの3週間休みの間に結婚したのは1番大きなニュースでした。カンパニーメンバーとは次回作の「カーマン」の8月の休みにパーティーをするみたいで、1番に私が日本に帰らずイギリスにいるかを確認に来てくれたのはうれしかったです。

はい、私もアダムも次回作の「カーマン」と冬の「Nutcracker!」のオファーEメールをマシューからもらいました。今からとても楽しみです!
 
[2007.03.10]