ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

夏も終わり、『シザーハンズ』日本公演も終わりました!

暑い中、劇場に足を運んで下さり応援をどうもありがとうございました。

今回はファミリーミュージカルみたいで見やすかったと思いますが、踊りは少ないと思われたでしょうね。特にチャコットさんのホームページを見ている方はダンスが好きな方たちと思いますので。

踊りは少なくても、芝居やジェスチャーでストーリーを引っ張るのにはそうとうなエネルギーと集中力がいるので私たちは毎回終演後くたくたでした。2時間の上演の間、違う人物になっているので終わって自分に戻った時は放心状態です。

今回のメンバーは日本公演が初めての人から4回目の人まで、とバラバラだったので、大人数一緒にどこか観光に、とはいきませんでした。強いて言えば、恒例の日本のスタッフさんとイギリスのカンパニーメンバーのボーリング大会と、私が出演したバレエ公演『Sachiko』に27名のメンバーが来たので、青山劇場観劇がカンパニー大移動の一つでした。
はい、『Sachiko』はカンパニーメンバーたちと『Swan Lake』のメンバーであるヤス(首藤さん)、そして友人の劇団四季の石丸さんを始め、出演者の坂本登喜彦さんから聞いたのですが、たくさんの俳優さんたちがいらして下さったそうです。なんとおすぎさんも観に来て下さいました。
もちろん、バレエ界やミュージカル界からもたくさんの方がいらしていたので私は出演するより客席の方がおもしろそう、と思っていました。

私は『Sachiko』のテクニカルリハーサル(前日行う)に、その日『シザーハンズ』の2回公演のため参加出来ず、当日も『シザーハンズ』の昼公演を終わって稽古着に着替えタクシーの中でメイクを落とし青山劇場に移動し、後藤先生、出演者の方たちやスタッフさんの配慮で場当たり(位置確認)と最初のナンバーだけを照明無しでやらせてもらい本番に臨みました。
私もいっぱいいっぱいだったので、『シザーハンズ』の劇場にスカートを忘れてきてしまい、あら終演後はどうしよう? 稽古着を着ないと帰れない。と思っていたら同じ楽屋のエタたちが持って来てくれました(笑)。

左から土居裕子、友谷 真実、西島 千博、高部 尚子、能美 健志、坂本 登喜彦、西 祐子

エタやスコット、リチャードたちは「Mamiが舞台に出て来たら、Mami~!と叫ぶね。」と言っていたので「歌舞伎ではないのだから絶対そんなことはしないで、私も日本のバレエ公演に出るのは初めてで客席がどんなか知らないけど、皆さん絶対静かにしておごそかに観ていると思う」と言いましたが、あまりにもみんなが同じことを言って私をからかうので、最後には「出来るならやってみたら? バレエ公演では勇気がいるよ。」と言ってやりました。メンバーを4、5カ所バラバラに座らせるようにして良かった、と本当に思いました。みんなで言えば怖くない、ではないですけど、全員が一緒だったらどんなことになったか。
ちょっと観るには長過ぎたみたいですが、楽しんでくれたみたいです。

ところで私たちは『シザーハンズ』のアメリカツアーが11月から来年の5月まであります。こんな長い外国ツアーは初めてで正直言って不安なのですが、楽しく色々な経験をさせてもらうつもりです。
アメリカにいらっしゃる時は観に来てくださいね。
[2006.09.10]