ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

『シザーハンズ』韓国公演中です!

私は2度目ですが前回の『Nutcracker!』の時は風邪を引いていたので、あまり(休演日も含めて)韓国公演を楽しめませんでした。ただマシューが私のクララを観るのも含めて韓国に来た時、日本人の私が主役をしても、舞台に出てすぐに客席から大きな拍手を頂いたのにはビックリしました。
上演中もたくさん笑いと拍手をもらい、とても感動したのを覚えています。
今回は体調万全なので韓国公演をとても満喫しています。

『シザーハンズ』を外国で上演するのは韓国が初めてなので、マシューも私たちもお客さんの反応が解らず、緊張しながらも楽しみでした。
韓国のお客さんたちはよく笑っています。が、イギリスに比べるとやはり笑いは少ないです。客席にいたダンサーによると口を手で押さえて笑っているから、ボリュームが小さくてステージにいる私たちに聞こえないのではないか、と言っていました。
でも、最後のカーテンコールの拍手はすごいです。マシューも「イギリスはだんだんと拍手がしぼんでくるのに、ここはどんどん盛り上がっていく」と言っていました。また、お国の文化が違うだけ、笑いがある場所が少し違う所もあり面白いです。

『シザーハンズ』の内容もイギリス公演から少し変わりました。
大きな場面ではバーベキューシーンです。ごちゃごちゃしていたのが、すっきりし、エドワードと町の住人たちの関係がよく見えるようになったようです。
そして、私の息子を演じるダンサーも変わりました。リーがカンパニーを抜けたので新しいダンサー、カンパニーで1番若い子ルークが来ました。ツアー先の国によってはルークだけ法律でお酒が飲めません。(笑)
リーはカンパニーを辞めること、アジア公演に行けないことをとても悲しんでいましたが、彼が色々と感じて決めたことです。韓国公演の前に二人で話しましたが自分の決断に悔いはなく新しい生活をとても楽しんでいました。私としてはリーやパウロなど『Swan Lake』で一緒にマシューのカンパニーに入った同期が辞めて行くのはとても悲しいのですが、理解が出来ます。だからしょっちゅう会ってお互いの意見を交換しています。
まー、マシューのカンパニーの場合は辞めても作品によっては戻って来るので再び一緒に舞台に出る日があると思います。

日本公演はすぐです!
みんな日本公演の経験があり知っていますが、でもやはりどんな反応をもらえるのか楽しみにしています。とても楽しい豪華な作品です。どうぞ是非観に来て下さいね。
[2006.08.10]