ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

ここ2週間でミュージカルを2本、コンテンポラリーダンスを1本観ました。

最初はミュージカル「シナトラ」です。
幕が上がると舞台上にとても立派なオーケストラがひな壇のようにいます。
そのオーケストラの舞台が動くと、ダンススペースが出来たり、大きなスクリーンが使われていますが、それ以外は舞台セットのないシンプルな演出でした。
このスクリーンにシナトラの映像が映ったり、ダンサー達の持った傘や風船にも映像が映り、さらに映像からダンサー達が出て来たりというのはとてもおしゃれな感じでした。

でもとにかくオーケストラの生の演奏が良かったです。
私たち「シザーハンズ」のイギリス公演もオーケストラの人達はいますが、彼らが「シナトラ」のオーケストラのメンバーは良い人達を集めている、と言うだけありました。映像のシナトラの歌と生の音楽が違和感なく客席に聞こえて来るのは、音響さんの技術がすごいことですが、ワインを片手にコンサートを聞きに来た感じがしました。

ダンスの方は、シナトラの音楽の雰囲気にあったとても上品な趣で、ダンサー達も他のミュージカルのようにエネルギッシュではなく、軽く楽しんでいる感じです。それが作品とあっていてとても良かったです。友人が最初のプレビューを観に行ったときは、ダンサー達も力が入りすぎていて、ごちゃごちゃしていたけど今はとても良くなっていると言っていました。私たちの友人「くるみ割り人形」日本公演でDr. Dross / King Sherbet 役のダーロンも出演していました。

私たちもそうですが、ウエストエンドの新作は日数が過ぎる方がどんどん手直しがあり良い舞台になるので、最初を観て、どれだけ変わったかを中頃に観に行くと違いが解りおもしろいと思います。
一つ残念だったのは、生の音楽、ダンスとあるのですが、生の歌声が少なかったことです。まあー、シナトラを本人の映像でやっているので仕方がありませんが。

もう一つのミュージカルはクローズするからという事で、これも出演者に友人がいたので観に行きました。「ムーヴィン・アウト」です。
この作品はダンスショーのような感じです。
私は何も知らず、ストリーが主体のダンスミュージカルと思っていましたが、反対にダンスが主でした。ダンサー達はとてもすばらしく、マチネ公演でも全力でとても良かったです。シナトラから比べると少し若い子達かな。という感じも受けました。

ビックリしたのは、ミュージカルの雰囲気から急にバレエになるところです。あまりにも唐突で私たちダンサーは笑ってしまったのですが、それもバレエ公演でも時々違う種類のダンスができるよ。というアピールする公演かな。と思ってしまうほどでした。ストーリーを主体にするという時のバレエの動きは、下半身はバレエテクニックを使っても、上半身は普通の人のように演じる(踊る)のがミュージカルですが、アームスまでとことんバレエだったので、動き(テクニック)に目が行き、ストーリーに感動はできませんでした。最初に書いたようにダンサー達はすばらしいので残念です。

でも、補足をすると前に座っていた年配の方は感動して泣いていたので、観るときの人それぞれのシチュエーションにもよると思います。私はこの前日にコンテンポラリーの作品、それもここまで人間の中身を舞台にさらけ出すのかという、まったく反対の舞台を観てしまったのでそこまで感動はしませんでしたが。

後で一緒に観に行ったケリー、ハナ、ジェマと、同じダンサーとして「このバレエの振りが浮いている事は、ダンサー達も解っているけど、でも振りつけられたからにはやらないといけないのだろうね。」と同情してしまいました。ケリーも「もう解ったわよ。あなたが10回ピルエットを回れるのは充分解った。」というぐらい、メインのダンサーは最初から最後までしつこく回っていました。というか、振り付けなので回らないといけないのでしょうねー。

後で、同じダンサーでフラットメイトのマチリアスに感想を言うと、彼がアメリカで「コンタクト」を観た時、アメリカのお客さんは「ミュージカルを観に行ったけど、バレエまで観られた。」と喜んでいたそうです。だからこの「ムーヴィン・アウト」もそのように好評だったのかな。と言っていました。私が思うにイギリスではすぐクローズしないといけなくなりましたが、踊りがたくさんあり、テクニックもたくさん観られるので日本人が好きな作品だと思います。

うーむ、そうなると私たちの「シザーハンズ」は日本人向きではないかも。
ストーリーが主なので踊りは少ないです・・・・
イギリスでは再演をすぐにと言われているほど好評でしたが、日本ではどうだろう? あ、でも子供は好きだと思いますよ!

[2006.06.10]