ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

ニューヨークといえば、ミュージカル。

今回は『Wicked』を観ました。

歌や演技がすばらしくキャラクターもはっきりしていてたくさん笑える場所もあり、とても面白かったです。 ファミリーミュージカルのように子供も楽しめる作品でした。 原作はもう少し怖いストーリーなので、私としては、もうちょっとシリアスに恐ろしい部分も入れてくれるともっと感動するだろうな。と思いました。 振り付けは・・・よくわかりません。出ている俳優さん達はみんな個性が強くとても良かったのですが。
後は劇場が冷凍庫のように寒かったです。上着を着ても震えてきました。

毎週木曜日にブライアントパークでミュージカルのフリーコンサートがありました。 私の時は『Rent』、『スゥイーティーチャリティー』のコンサートで俳優さん達がジーンズにTシャツというカジュアルな格好で、5、6曲披露していました。 次週は『Wicked』と『シカゴ』と言っていました。この方法は気楽に楽しめて劇場に足を運ぶ気にさせるのでとても良い宣伝になると思いました。

ところでイギリスではマシューもロンドンで上演中の『メリーポピンズ』などいくつか振付をしていますし、Randomカンパニーのウェインもロイドウェーバーの『Woman in white』の振付をしています。今度の『ハリー・ポッター』の映画でもウェインが振り付けをしたので、私のフラットメイトのマチリアスが助手として何度か撮影現場に行っていました。
ニューヨークでもロンドンでもミュージカルの世界はますます盛んになっているようですね。

「Rent」の出演者


グッケンハイム美術館
さてその他N.Yではグッゲンハイム美術館で見たスペインのJorge Oteizaの作品がとても素晴らしかったです。 どの角度から見てもモダンで美しく、アイデアがたくさん詰まっていて、見る側の想像をかき立てられます。彼の舞台美術で踊れたらすばらしいだろうな。と思いました。
もう一つ面白い体験をしたのは、カナダ人アーティスト、Janet Cardiffの「Her Long Black Hair」という作品です。
これはセントラルパークの入り口で彼女の声が入っているC.D.と何枚かの写真を受け取り、イヤホンで彼女が言った通りに進みます。 手渡された写真に写っているのは、違う時期に公園に立っている女性の写真です。
C.Dを聞きながら写真の彼女の事をいろいろと想像しながら歩きます。

C.Dの中で「いつもの朝のように、ローラースケータがたくさんいる中を歩き。」 と言っているのを聞いている時に本当にスケーター達がたくさんいて、あー写真の彼女もこうやって歩いたのだ。とか、「次の角を曲がると橋があり、 そこでオペラ歌手が歌を歌っているのを私は聞き入った。」、という説明と一緒に歌っているような声が入っているのを聞いていると、実際そこにバイオリニストが演奏をしていてどっちがC.Dか生なのか分からなくなります。 時には「ほら、ゆっくり後ろ向きに歩くと映像を巻き戻しているみたいでしょ。」と彼女が言うと私達は後ろ向きに歩きだし、気がつくと自然に私たちも作品の中に入っていっているのです。 指示されたベンチに座ると、写真の時とは違う時期に歩いているのに、目の前で写真とまったく同じ出来事が行われているのに不思議な感覚になります。 だって、ここのアイスクリーム屋さんや、子供達など、このC.D.のために存在しているわけない、ただ公園にいるだけなのにあまりにもタイミングよく存在していてC.D.の言っているように行動しているからです。
この作品は、Janetが自分で声も入れているので、残念ながら日本語ではありません。ロンドンにも彼女の作品があるそうです。どんなストーリーでロンドンの町を歩くのか、是非経験してみたいです。

10月3日からマシューの新作『シザーハンズ』のリハーサルが始まりますが、
今は、こうやって、色々な物を見たり、経験したり、町の中の人の観察や映画をたくさん見て、役作りの準備をしています。


 
[2005.10.10]