ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

公演日のOff の日

公演日のOff の日でも、完全にOffでないのがマシューのカンパニーです。(休演日は完全にOffです。)
どの作品も2幕が始まる迄、劇場内にいないといけません。もちろん、もしものときのためにクラスにも絶対参加です。ツアー中でホテルが隣接されている劇場なら部屋にいてもかまいません。

1幕の終演後(『Swan Lake』の場合は2幕の終演後)、同じ役をしている人たちに「大丈夫?」と聞いて何も怪我などない場合は、カンパニー・マネージャーに帰る事を告げて劇場を出ます。
『Nutcracker!』の場合は4役でしたので、私は4人に大丈夫か確かめ、帰っていました。というか「大丈夫よね。」か「私は帰るわよー。」と、相手にウムを言わせず帰っていましたが。(笑)

実際に風邪気味だったのか、私も1幕で気分が悪くなり2幕から交代してもらったことがあります。皆さんも2幕から出演者が代わった日を観られたことがあると思います。 普通のダンス公演と違い、私たちは週に8回公演があるので上演中に怪我人がでるのはよくあります。

この8回公演中、1回~2回Offをもらいます。
しかし、Offの時に演じなくてはいけない役がいつもマシューの作品にはあります。
『Swan Lake』の場合は3幕のロイヤル・ウォッチャー、『Nutcracker!』は1幕の役人と男性は2幕のハンバーグ(縦の黒白の衣装を着た)、『Highland Fling』は1幕のエフィーのお母さんです。

『Swan Lake』は被り物をして眼鏡をかけるので、メークをしないか、もしくは普通のメークでいいのですが他はメークをします。
私を含め何人かだけでしょうが、この変装をとても面白がっています。
共演者のウイルから、「今週のエフィーのお母さん部門、アカデミー賞はMami.」といわれたり、『Nutcracker!』の役人では、 本役ではなかなか出ないアイデアが何故かどんどんわいてきて、どっちが本役だろう?と思うぐらいでした。

『Highland Fling』のエフィーのお母さんは、女性だけが演じるのですが、男性もやりたがっています。きっと、いつかやると思います。(笑) 
実際、『Nutcracker!』では男性が女性の役人に扮し、女性が2幕のハンバーグに扮した事もあります。(確か、Offのダンサー全員が怪我でできないため。)
演技も毎回同じだとつまらないので、ストーリーに影響がでない範囲で変えています。

さて、今週はエフィーのお母さんをどんなふうに演じましょうか?。


[2005.05.10]