ダイアリー ~ダンサー日記~

友谷真実さん [ プロフィール ]

マーサ・グラハム・サマースクール、劇団四季研究所、川副バレエスクールでダンスを学ぶ。
★主な出演作品:
ニュー・アドべンチュアーズ『くるみ割り人形』(クララ、キューピット役ほか)、『白鳥の湖』、『カーマン』、『エドワード・シザーハンズ』(ペグ 役ほか)、『Highland Fling』(愛と幻想のシルフィード)、州立バレエ・リンツにてロバート・プール、オルガ・コボス、ピーター・ミカなどの作品(オース トリア)、 アルティ・ブヨウ・フェスティバル(京都)、ベノルト・マンブレイの振付作;スイセイ・ミュージカル『フェーム』、『ピアニスト』; 劇団四季『キャッツ』、『ジーザス・クライスト=スーパースター』、『アスペクツ・オブ・ラブ』、『ウエストサイド物語』、『オペラ座の怪人』、『ハン ス』、『オンディーヌ』など
★TV/映画:『くるみ割り人形』(BBC)他。
★振付作品:『just feel it?以・真・伝・心』個人のプロローグ(02年);アルティ・ブヨウ・フェスティバル(98年)、他。

http://ameblo.jp/mami-tomotani/

From U.S.A 友谷真実

「SWAN LAKE」(AMP)の初ヨーロッパツアーが終わった後

「SWAN LAKE」(AMP)の初ヨーロッパツアーが終わった後、次回の公演のスケジュール予定はありましたが、確実ではなかったのともっとピュアなコンテンポラリーダンスに挑戦したかったので、アムステルダムに滞在しオーデイションを受ける事にしました。
アムステルダムを選んだのは「SWAN LAKE」のツアーでなじみがあったのと、英語が通じるし、物価も安い。他の国に行くのにも便利な理由からです。

オーデイションはオープンクラスの張り紙やインターネットなどでチェックしていました。私の履歴はどこかのダンス学校に行っているわけでもなく、プロとしても分野が違うミュージカルが多いので、タイプが違うと思われるようで、何カ所かは書類審査で落ちました。
踊りを紙きれ1枚で判断されるのはとてもくやしかったです。
ただ、自分で見ても私の履歴からはコンテンポラリーダンサーとは思えず、
まあー、私も適当に履歴に細工をすれば良かったのでしょうが・・・できなかったのです、これが。
3か月滞在中に4つオーデイションを受け、4回目に合格したのですがいろいろカンパニーによってオーデイションの違いがあり、今思えば面白かったです。

初めて書類がパスし、受けに行ったところではまず、受けにきているダンサー達をみて「あら、ま、どうしましょう。」と思ったのを覚えています。みんなピンクタイツ姿でレオタード、髪はアップをしていて見るからにバレエカンパニーのオーデイションだったからです。
ここはコンテンポラリーカンパニーですがバレエが主みたいでバーが終わった後はポワント(トウシューズ)をはいて下さい。と言われ私と、もう一人だけが「すみません、ポワントは持っていません。」と審査員に言いに行きました。
もちろんポワントを持って来るように書いてあるオーデイションは私の分野ではないので履歴など送っていません。
この時点でこのオーデイションは私にとってはアクシデント、大きな間違いです。しかしここで帰る事もできず、私自身、バレエダンサー達の中で「私はいったい何をやっているのだろう」と思わないように必死でした。(笑)とても良いバレエクラスを受けさせてもらったという感じです。

次のオーデイションは少しアムステルダムから遠いので前日に移動し、駅のインフォメーションで安いホテルを探しました。地図を買って明日行くスタジオを調べ、夜は他のダンスカンパニーが丁度その町で公演をしていたので観に行きました。

まず、何百人も受けに来るのは、事前に書類で分かっているのに、時間でグループ分けしていなく朝からずっと待たされました。受けてみると、真剣にダンサーを探していないのがはっきり分かりました。多分、もう決まっているダンサーがいるけど何かの決まりで仕方なくオーデイションをしているという感じです。それを私は審査員達の雰囲気とバレエクラスの内容で感じましたが、私はせっかく来たので頑張りました。やはり、有名なダンス学校から来た生徒全員と去年オーデイションを受けた人は、次のレパートリー(カンパニーの作品)のオーデイションを受けて下さい。と言われていました。
クラスでは教えている先生に何回か「Good.」と言われ、ディレクターに送っていた写真のことを「この写真はいいね。」と言われましたが、最後にディレクターが全員を集めて話しをした時は、私も疲れていたのか、ここに魅力を感じてなかったのか、あるいはこのオーデイションに怒っていたのか集中しておらず名前を呼ばれたことに気付かず返事をしませんでした。はい、もちろんパスしませんでした。

3回目は、オーデイションは終わっていたのですが、ぜひカンパニークラスを受けたいとメールか電話をしたら連絡があり、受けに行きました。ここはコンテンポラリーのクラスでしたが、ディレクターも受けている私もタイプが違うというのをお互いに感じ、それが分かっただけでも受けに行って良かったという感じです。

4回目はオーストリアのカンパニーです。
アムステルダムからの往復の飛行機を予約し(ヨーロッパは安い飛行機会社がたくさんあります。)ホテルは現地で聞いて取りました。オーストリアはドイツ語ですが、話せなくとも、空港にあるインフォメーションの方が、電話で予約してくれます。
オーデイションはコンテンポラリーのクラスでその後レパートリーがあり、
何名か残ったダンサーだけインプロ(即興で踊ります)のオーディションがありました。最後に一人ずつディレクターと話す中で「ぜひ、次のNew seasonからではなく約1か月後の公演から出てほしい。」と言われ、又私の方も今までにない経験ができそうだったのと、カンパニーに日本人の方がいることを聞き何かと心強いと思い決めました。

オーデイションではそのカンパニーの雰囲気なども分かり、ともかく「百聞は一見にしかず」です。
この3か月に「SWAN LAKE」で仲の良かったクリス(彼は来年SWAN LAKEの日本公演に出演する予定です。)と「PWW」に出演していたブリンダもアムステルダムにオーデイションを受けに来ていて、懐かしい再会をしました。
色々なところから受けにきている日本人の方達にも会い、情報交換もできました。

オーストリアのカンパニーで
ポスターになった写真

あの時会った日本人のみんなは、今頃どこで踊っているのかなー。
[2004.09.10]