ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

9月から10月にかけて、6ヶ国をまわりました。

ベルリンの芸術監督騒動は、未だにおさまりそうにありません。
日々、新聞やテレビで報道されていますが、この先どうなるか2019年まで時間があるのでまだまだ混乱しそうです。
ベルリンも新学期が始まり、バレエ団、バレエ学校ともに始動開始です。
バレエ学校には、私がお世話した6人が在籍していますが、皆元気に学校生活を始めています。

1610emi01.jpg グルジアのオペラ

さて、9月に初めてグルジアを訪れました。ニーナ・アナニアシヴィリ率いるグルジア国立バレエ団を2日間訪れ、165年目を迎えるシーズン開幕のオペラも見る事ができました。
オペラは、
作曲「Zakaria Paliashivili」
タイトル「Abesalom and Eteri」
グルジアのオペラでしたが、音楽も美しく、踊りも沢山あり見応えたっぷりでした。

バレエ団のクラスも一緒に受けさせていただきましたが、若い素晴らしいダンサーが何人もいて将来性のあるバレエ団だと感じました。
また、朝のクラスは2クラスに分かれて行われているのですが、そのうちの主にソリストを担当している先生は、元サンクトペテルブルグで活躍されていたアナトーリ・クチュルク先生でした。
そして、その他ソリストのリハーサルを見ている先生の1人は、ボリショイ劇場で活躍していた方などで、先生方は総勢8名いらっしゃいます。
バレエ団は、10月に行われる『ジゼル』の公演のリハーサルをしていました。日本人も何人か在籍し、活躍しているようでこれからが楽しみです。
劇場は、昨年リニューアルされオープンしたところでスタジオも楽屋も新しく素敵でした。
煌びやかな観客席は、ロシアとヨーロッパの両方の重みのある存在感を備えた素晴らしい内観でした。
ニーナも、忙しい中クラスにも顔を出して熱血指導!いつも笑顔とエネルギーが絶えない芸術監督に、ダンサーも自然に引っ張られ、素晴らしい雰囲気でした。

1610emi02.jpg グルジア国立劇場 1610emi03.jpg グルジア国立バレエ学校の入り口ポスター
1610emi04.jpg グルジア国立バレエ団リハーサル
1610emi05.jpg グルジア国立劇場

ロシアのペルミも訪れました。何回も訪れている街ですが、今回はバレエ学校のクラスを見学したり、1日だけの滞在でしたがまたいろいろ勉強することができました。
そしてウクライナのキエフ国立バレエ学校も訪れました。
こちらは、今年3回目。最近では6月の学期末にも訪れ卒業試験など見た所でしたが、新学期が始まりクラス替えがあったので担当の先生も変わりまた再出発。先シーズンに引き続き才能のある生徒たちが沢山いてこれから楽しみです。
今月、10月はまたマラーホフ版の『ラ・ペリ』の2幕の振り付け指導のためにキエフを訪れます。

1610emi06.jpg キエフ国立バレエ学校 1610emi07.jpg キエフ国立バレエ学校
1610emi08.jpg キューババレエ学校のスタジオ
1610emi10.jpg 「マラーホフ・グランプリ」コンクール

そして、先月から今月にかけキューバも訪れました。今回で2回目の訪問となります。
マラーホフ・グランプリの詳細は、別枠でご紹介したいと思いますが、アメリカとの国境が解放されて1年経った今も、全く変わらないキューバの様子に心惹かれました。
決してハイテクノロジーやコンピューターや車がなくても人として生きている楽しみ、意味を共有している国民達、そういう方々と話をしたり、関わっているうちに、私も人として生きている意味を考える大切な時間をいただきました。
ダンサー達は、魂を込めて、命をかけてこのコンクールに参加しているのを肌で感じることができました。

マラーホフ氏のワークショップでも、まさに、クラッシック・バレエを今まで見たことのないようなダンサー達が、見よう見まね、当たって砕けろ精神で、裸足でフルクラスを受け、いつも笑顔で一生懸命なその姿に感動しました。
作品を踊りだすと、メソードや踊りの基礎がなくても、あふれるアイディアと身体に生まれた時からそなわっているような動きのセンスで、信じられない素晴らしい作品の連続でした。
改めて、キューバのダンサーたちの素晴らしさを感じた1週間でした。

私自身は、「マラーホフ・グランプリ」コンクールの開幕の冒頭で1作品踊らせていただくことができました。
コンクールには参加ではなくゲストてして出演させて頂き、キューバのダンサーたちに混じって唯一の外国人でしたが、素晴らしい経験をさせていただくことができました。このような機会を与えていただいたキューバの国、そしてオルガナイザーの方々には心より感謝します。

来月は、ドイツ、ウクライナ、ロシア、ドミニカ共和国よりレポート致します。

1610emi09.jpg キューバの街並み 1610emi11.jpg
1610emi12.jpg 1610emi13.jpg
1610emi14.jpg 1610emi16.jpg
1610emi15.jpg (C) Emi Hariyama
[2016.10.11]