ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

ついに6月になりました。

ベルリン国立バレエ団の今シーズンの中で、そしてマラーホフ監督が監督に就任されてから10年の月日の中で、最も心が揺れる月になる事は間違いありません。
ベルリンは夏一色、鮮やかな緑の葉が美しく太陽の日差しが強い日々、日が暮れ夜が訪れるのは22時位で観光客で賑わっています。

5月16日
フィルハーモニーのコンサートを聞きにいきました。
故 クラウディオ・アバドの為に捧げられたコンサート、本来ならば彼が指揮をする筈のコンサートでした。
前半のシューベルトIncidental music to Rosamunde: Entr'acte No. 3とモーツアルトのバイオリンコンサート3番(ソリストはフランク・ピーター・ツィマーマン)の際は、指揮台に一輪のバラが置かれ、指揮者無しの演奏でした。
バラの花を見ながら、これまでに聞いたアバドのコンサートの事を思い出し悲しく、しかし美しい気持ちが込み上げてきました。
2部はブルックナーの7番をサイモン・ラトルが指揮。
気迫のこもった素晴らしい演奏でした。

5月21日
樫本 大進さんと KONSTANTIN LIFSCHITZピアノ のデュオコンサートをフィルハーモニー小ホールで聞きました。
いつもコンサートマスターとして活躍している大進さんですが、ソロの演奏は一層素晴らしく、ベートーベンとシェスタコービッチで音色も変わる音楽そのものの演奏。
大感動でした。

5月23日
ベルリン国立バレエ学校公演
プログラムは『海賊』全幕でした。
ABTの改定版、全3幕見応えたっぷりでした。
何度も見ている公演ですが、先月ワークショップを開催した際にリハーサルを見せていただいたり、知っている子供達も多く、親近感が沸き、親の様な気持ちになって見ていました。
子役だった生徒達が成長し違う役を踊り、その上達振りを見せてくれ毎回楽しみがあります。
終演後は生徒達皆大喜びでした。もちろん観客も大いに沸いていました。

同日23日グルジアのトビリシでバランシン記念ガラ公演が行われました。
ニーナ・アナニアシビリから『スターズ&ストライプス』を踊れる人を紹介して欲しいと頼まれ、ベルリンバレエ団のヤナ・サレンコとライナー・クレンシュタッターを紹介し、二人はトビリシでデビューを果たしました。素晴らしい公演だったようです。

5月24日
『ロメオとジュリエット』本番
<キャスト>
ジュリエット エリザ・カブレラ
ロメオ    ミハイル・カニンスキー
マキューシオ ライナー・クレンシュテッター
ティボルト  アシャック・ギャルミャン
今シーズンをもって退団するライナーの最終公演という名目の元での公演でした。実際には6月14日のマラーホフ監督の最終公演にライナーもプリンス役で出演しますが、小さな役なのでこの日が大きな役での最終公演。終演後、花束と大歓声が贈られました。ライナーは私もよく日本やドネツクなどガラなどで一緒に踊ってきましたが、今後はマイアミ・シティ・バレエに移籍します。

5月27日、28日
ロシア、タタール共和国カザンへ行ってきました。
ヌレエフ記念ガラ公演が盛大に開催されました。

1406emi02.jpg Photo : Emi Hariyama

5月29日
『カラバッジョ』の本番
<キャスト>
ウラジーミル・マラーホフ
エレナ・プリス
ナディア・サイダコーワ
エリザ・カブレラ
レオ・ジャコビナ
ミハイル・バンテェフ
6月13日が『カラバッジョ』最終公演です。その1回前の公演と言う事もあり、チケットは数ヶ月前から完売でした。
私は、袖から写真撮影していたのですが、何とも言えない心揺らぐ暖かい雰囲気でした。
『カラバッジョ』の照明が私は大好きで、まさにカラバッジョの絵を見ているような気持ちになります。マラーホフ監督、圧巻でした。
観客もそれを感じたのか、何回も続くカーテンコールで暖かい拍手と心揺れる歓声に包まれました。13日はもっと胸があつくなる公演になると思います。

1406emi01.jpg Photo : Emi Hariyama 1406emi04.jpg Photo : Emi Hariyama

6月4、9日
『ロメオとジュリエット』本番
<キャスト>
ジュリエット ヤナ・サレンコ
ロメオ    マリアン・ワルター
マキューシオ ジーヌ・タマズラカウ
ティボルト  アシャック・ギャルミャン
今シーズン最後の『ロメオとジュリエット』の公演となりました。
私自身もドイツオペラでの舞台は最後でした。
ヤナ・サレンコは小柄でジュリエットにぴったり、特に1幕は本当に愛らしく初々しく好感を残しました。
マリアン・ワルターも彼女と踊っている時は心から嬉しそうでした。(二人は夫婦です)。
シュツットガルト・バレエ団ディレクターのリード・アンダーソンが、初演の際に選んだだけあってさすがでした。
マラーホフ監督もいつものお席から見ていらして、終演後に本当に素晴らしい公演だったと舞台上でコメントされました。

バレエ団は、6月21日の初演新作『ドン・ジョアン』のリハーサルにも熱が入ってきました。
どんな作品になるか楽しみです(来月にレポートします)
新監督、ナチョ・ドゥアトも6月初めの週にカンパニーを見に来られました。
それよりも、連日(ただ今6月初めです)マラーホフ監督のインタビューやテレビ撮影、雑誌の取材などメディア関係の方がバレエ団にいらっしゃっています。
6月13日、14日の様子は来月にレポートいたします。
楽しみにしていて下さいね。

1406emi03.jpg 『カラバッジョ』Photo : Emi Hariyama
[2014.06.10]