ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

今月(6月)はツアーでアジアに来ています。

私は5月中旬から、ベルリン→東京→ベルリン→北京→台北→ベルリンと、かなり飛び回るスケジュールですが元気に過ごしています。

5月19日
日本にて
Yダンスカンパニーの公演
ベルリンでの出来事ではないのですが、妹、祐美のために一時帰国。『眠れる森の美女』のリラの精(昼公演)とオーロラのグラン(夜公演)を踊りました。
去年からの色々な思いがあり、どんな時でも、ほんの一時でも妹の顔を見ると嬉しくなります。
本番後そのまま、夜行便でベルリンに戻り、20日到着その日にベルリンで『チャイコフスキー』の本番でした。

5月11日、20日
『チャイコフスキー』の本番
<キャスト>
チャイコフスキー:ライナー・クレンシュテッター
チャイコフスキーの妻:クラシーナ・パブロワ
20日、今シーズンの『チャイコフスキー』最終公演でした。来シーズンもたくさん上演します。

28日、マラーホフ監督と、ヤナ・サレンコ、ジーヌ・タマズラカウが無事に日本から戻ってきました。3人とも日本を絶賛!!でした。

ツアー速報
中国、台北公演
まず、北京NCPA OPERA HOUSE IN BEIJINGにて
6月5、6日ガラ公演
6月8、9日『ラ・ペリ』
6月2日、バレエ団が北京に向けて出発しました。
3つのグループに分かれての出発。パリ経由とアムステルダム経由に分かれて現地集合。
私は最終グループで、何とパリで6時間もストップオーバーでした。
日付が変わって、3日北京に無事到着。
私は、飛行機の中から既に現地の人と思われ、中国語で話しかけられ、空港でも何か言われましたが、わからなくて残念、話が出来ると良いのに、、と強く思いました。
でも、漢字がなんとなくわかるので助かります。
空港からホテルへ約1時間。ホテルにチェックインし、早速、北京ダックをいただきました。さすが本場、とっても美味しかったです。

1306emi_463.jpg ポスター Photo : Emi Hariyama 1306emi_588.jpg リハーサル室 Photo : Emi Hariyama
 

6月4日
到着2日目。午前中は自由時間。
14時に集合してバス2台で劇場へ。
劇場はモダンで本当に大きく、今まで見た中のうちでも指折りの素晴らしさで吃驚しました。
15時からクラスの予定でしたが、15時にスタジオが開きリハーサル室に何故か赤いカーペットがひいてあったので、まずは移動させること15分。やっとクラスが始まりました。
18時からテレビ撮影とプレスの写真家が来るため、化粧、衣装付きのリハーサル。
少し遅れて、、、18時半に開始。ステージがベルリンの劇場より大きく、場当たりを入念にしました。21時半ごろ何とか無事終わりました。
と共に、大雨!バスでホテルへ。2日目終了。

1306emi_408.jpg 劇場 Photo : Emi Hariyama

6月5日
今日は午前中、自由行動。
夕方16時半からクラスがあり、19時半から本番でした。
私は午前中観光に行きました。故宮博物院や、天安門広場などを歩くこと3時間、その後そのまま劇場へ。
今日は、バレエ団の中国公演初演。
初めてなのでお客様の反応などどうなのるのか期待しながら、幕が上がりました。
お客様の反応はとても良く、ブラボーや、拍手もたくさんしてくださり、マラーホフ監督もバレエ団率いる団長としてほっと一息だったことと思います。

プログラム
『白鳥の湖』から2幕抜粋:中村祥子&ビスラウ・デュディック、カンパニー
『バロッコ』:ライナー・クレンシュテター
『カジミール』:エリザ・カブレラ&ミハイル・カニンスキー
『トランスパレント』:ベアトリス・クノップ&レオナルド・ジャコビナ
『ラ クリモーザ』:マリアン・ワルター
『ル パルク』:ナディア・サイダコーワ&ウラジーミル・マラーホフ
『ドンキホーテ』:ヤナ・サレンコ&ジーヌ・タマズラカウ
『ソファー』:ソラヤ・ブルノ&レオ・ジャコビナ&ミハイル・バンテェフ

2部
『ファンファーレ』:エリザ・カブレラ&ミハイル・カニンスキー
『瀕死の白鳥』:ウラジーミル・マラーホフ
『四季』:カンパニー

1306emi_451.jpg リハーサル Photo : Emi Hariyama

6月6日
今日は、午前中にクラスと昨日の駄目だし、『ラ・ペリ』のリハーサルがありました。
19時半からガラの2日目。
1日目より皆のびのびと安定した踊りでした。
本番後レセプションがあり、劇場の中のレストランの一間でカクテルパーティ。
中国ドイツ大使やマラーホフ監督の挨拶、そしてバレエ団員も現地の方とお話しする機会がありました。

6月7日
今日は午前中大雨でした。午後からクラス。
18時から『ラ・ペリ』のメイクと衣装付きのゲネプロでした。
21時前に終わったので、皆少しゆっくり出来たと思います。

6月8日
『ラ・ペリ』の公演
『ラ・ペリ』を海外(ドイツ以外の国で)で上演したのは初めてです。
お客様の反応は、、、
マラーホフ監督が舞台上で挨拶された時には、ブラボーの嵐、会場が割れんばかりの拍手と歓声に包まれました。
マラーホフ監督も満足の笑顔。
公演は成功とともに幕を閉じました。

DSC00612.JPG 袖から Photo : Emi Hariyama 1306emi_585.jpg 会場の一部 Photo : Emi Hariyama

引き続き、、、台北公演
NATIONAL THEATRE IN TAIPEIにて
6月13、14日『カラバッジョ』
6月15日 ガラ2回公演

この様子は来月号でお届けしますね。

私自身、6月21日に、フィルハーモニーでコラボ公演をします。
ツアーから帰ったらすぐなのでアイデアを考えつつ、公演中です!

[2013.06.10]