ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

9月、公演シーズン開始です。

例年のごとく、3つのオペラ劇場での公演が始まり忙しくなってきました。
ベルリンは秋を通り越して、時折冬のような寒さですが、まだ太陽が顔をのぞかせています。(冬になると全くグレーな太陽など程遠い空になってしまいます)

9月20日
念願だった、ピナ・バウシュの公演を現地で見ることができました。
この日は、平日だったのですが『オネーギン』のゲネプロ(19日)と本番(21日)の中日で何と休日。それで、思い切ってヴッパータールまで見に行くことにしました。

作品『Masurca Fogo』  
コーポレーションEXPO 98 LissabonとGoethe-Institut Lissabon
振付・構成/Pina Bausch
ステージ/Peter Pabst
衣装/Marion Cito
音楽演出/Matthias Burkert, Andreas Eisenschneider
協力/Marion Cito, Irene Martinez-Rios, Jan Minarik
2部構成、2時間半の作品でした。
ピナの作品はいつ見ても新鮮。この作品も14年前に作られたものですがアイデアにあふれていてあっという間二時間が過ぎてしまいました。ダンサーたちの技量も高く、テクニック的、アーティスティック的も個性的で魅力的。ピナが重視した、個性とアーティスティック性は、ピナが亡き今、それ以前より増しているのではないかと思うくらい、ダンサーの一人一人が素晴らしい演技をしていました。
終演後は、心なしかダンサーのみんな、観客も一体となってピナのことを考え、少しさびしいような雰囲気に包まれました、それは観客がダンサーの表情から感じ取ったのかもしれません。素晴らしい公演でした。

1210emi01.jpg ピナ・バウシュ公演より Photo: Emi Hariyama 1210emi02.jpg 外観 Photo: Emi Hariyama
1210emi04.jpg Photo:Emi Hariyama

9月21日、23日
『オネーギン』の公演
<キャスト>
Tatjana: Nadja Saidakova
Onegin: Wieslaw Dudek
Olga: Anastasia Kurkova
Lenski: Rainer Krenstetter
Gremin: Ibrahim Önal

アナスターシアはオリガのデビュー。ライナーをパートナーに始めて踊りましたが、落ち着いてエレガントなオリガを演じきっていました。彼女は、正真正銘のロシア人、ボリショイ劇場からウイーンを経てベルリンに来ました。彼女とはよくボリショイ時代の話もしますが、ロシア人ですので、タチアナのナディア、サイダコーワ(彼女もロシア人です)とも本当にロシアの姉妹のような雰囲気。ヴィスラウもライナーも熱演で、舞台も盛り上げていました。

1210emi05.jpg Photo:Emi Hariyama 1210emi06.jpg Photo:Emi Hariyama 1210emi07.jpg Photo:Emi Hariyama 1210emi08.jpg Photo:Emi Hariyama
1210emi03.jpg Photo:Emi Hariyama
1210emi10.jpg Photo:Emi Hariyama

バンコクツアー(10月2日、3日)
日程: Tues 2 October & Wed 3 October
場所: Thailand Cultural Centre, Bangkok
Ticket Price: 4,500/3,500/2,800/2,000/1,000 Baht(お値段、40バーツ100円くらいです)
バンコクで第14回目となるダンスミュージック・フェスティバル。今年は、私たちベルリン国立バレエ団が参加しました。
タイランドとドイツのディプロマティック関係150周年と、タイランドの王妃80歳を記念した交友公演となりました。
9月29日に3グループにわかれて出発。
私は第2グループ、マラーホフ監督やステージスタッフを含む20数名での出発。途中イスタンブールで乗り換え30日の15時ごろ到着しました。
数名、荷物が出てこなくて少し空港で待ちましたが、先にホテルに行くことに。後ほど荷物が見つかり無事に全員到着しました。説明とホテルチェックインの後は自由行動でした。
 
10月1日
午前中はフリー。午後、2時45分にバスで出発。全員劇場へ。
16時からクラス。
この日はマラーホフ監督のクラスでした。今回マラーホフ監督は出演はされませんでしたが、ディレクターとして団員をしっかりまとめてくださり、リハーサルも観客席からマイクを持ちしっかり指導してくださいました。
クラス後、17時半からオーケストラ付き舞台リハーサル。衣装付きでしたが、照明はなしでセット転換のみ行われました。
スタッフの半分はタイの方。ドイツ人のスタッフと協力して、セット転換など行ってくださいました。
指揮者は、ベルリンの『エスメラルダ』のときに指揮してくださったアントン・グリシャーニン。彼はボリショイでも振っているだけあり『白鳥の湖』のようなクラッシックはお手のものらしく、私たちと初めての競演でしたが、よいテンポで演奏してくださり安心。21時過ぎにリハーサル終了。
その後は自由行動。
食事やタイ・マッサージ、お買い物などみんな楽しんでしました。

1210emi09.jpg Photo:Emi Hariyama

10月2日
朝8時半にバスが出発。
9時半からクラスがあり、10時半から13時半までゲネプロでした。
衣装は付けませんでしたが、その他はすべて本番どおり行われました。
オーケストラ、照明、ステージ転換すべてうまく行き夜の本番までみんな休憩。
その間、私はコンテンポラリー・ミュージアムに行ってきました。アーキテクトも素晴らしい(3年半前に作られたそうです)素敵なミュージアムでした。
そして19時半から本番。本番前に、観客は、国家斉唱していました。
アナウンスがあり本番開始
〜〜〜〜〜〜〜〜
そして本番終了。
観客の皆様、とっても喜んでくださいました。
ワイ、といって、タイ式に手を合わせてお辞儀をする仕方があります。私たちは、ワイでお辞儀をしようということになりチュチュのまま手を合わせてお辞儀をすると、タイの方々は本当に大拍手。後でタイ人の知り合いに聞いたら、本当に嬉しかったのだそうです。
マラーホフ監督も、笑顔でとてもよい舞台だったとの事でした。
1日目は無事終了しました。

1210emi11.jpg Photo:Emi Hariyama 1210emi12.jpg Photo:Emi Hariyama
1210emi13.jpg Photo:Emi Hariyama 1210emi14.jpg Photo:Emi Hariyama

10月3日
午前中は自由行動。
みんな様々、好きなように過ごしました。
午後は17時からクラス。そして本番。
とてもリラックスムードでした。この日の本番もうまく行き、昨日と同様ワイでお辞儀をすると本当に盛り上がりました。連日満員のお客様に迎えていただき光栄でした。
終了後舞台で、オルガナイザーの方が挨拶をしてくださり、みんなにシャンパンを振舞ってくださいました。
その後は、私が今晩何するの??と聞いた数十人全員が、タイ・マッサージ!!と言うことで、、、
ホテル付近のタイ・マッサージ店はダンサーに埋め尽くされた事と思います。(笑)
何が起こって夜中12時からダンサーがこんなに来るのか!? と不思議に思ったに違いありませんね。。。
 
10月4日
ベルリンへ出発。
帰りは2班にわかれての帰国。
私は後組みでした。後組みは28人、ほとんどの方、マラーホフ監督も第1班で朝の出発でした。
私は23時半のフライトまで1日あったので念願だった、世界遺産でもあるアユタヤに行く機会に恵まれました。
素晴らしい所でした。
歴史や自然の重み、その美しさを実感し、人間では作り出すことのできない時間をかけて出来た自然の美に改めて感銘を受けました。
暑くてくたくたになりましたが帰国前に素晴らしい思い出が出来ました。
23時半無事出発、イスタンブール経由で帰国。
 
10月8日
タイから帰国した途端また大忙しです。
『オネーギン』の通しリハーサル、引き続き『ペールギュントの』リハーサル。。。そして『ラ・バヤデール』のリハーサル、、、、3つのバレエのリハーサルがありました。
『オネーギン』と『ペールギュント』の本番が今週合計4回、忙しい1週間となりそうです。
 
来月号は『ラ・バヤデール』のレポートしますね!

[2012.10.10]