ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

1月下旬からようやく冬らしくなってきました。

ファッションウイーク、グルメフェスティバル(グリーン週間)そして2月中旬はベルリン映画祭とひっきりなしにイベントが続くベルリン。
寒くても活気付いています。

1月13日から16日
NYに行ってきました。
珍しく(年末年始に休みが無かった為??)バレエ団は3連休。バレエ団の皆もフランス、イタリア、英国など各地、家に戻ったり旅行に行ったりしたようです。
1月14日にMETオペラで " The Enchanted Island " を見ました。このオペラは2011年大晦日の日に初演されたようでとても話題になっていたようでした。当日券が買えて本当に幸運でした。
プラシド・ドミンゴも出演し、その声は健在!素晴らしかったです。
やはりMETオペラは豪華!いつも夏はABTのバレエシーズンに行くのでなかなかオペラを見る機会がありませんが、客層や観客の方々も違った雰囲気で新鮮でした。
その他NYでは、妹、真実のバレエスタジオで指導させて頂く機会もあり、短くも充実した滞在でした。

1月21日
久しぶりにフィルハーモニーのコンサートに行きました。
20時のコンサートの後22時半から Late nigth コンサートもあり、コンサートの後そのまま残って2つのコンサートを聞きました。
22時半の方はジャズやシャンソンなどモダン系音楽を演奏したり新しい試みで新鮮で面白かったです。

1月20日、25日
『白鳥の湖』
<キャスト>
オデット/オディール  :ヤナ・サレンコ
プリンス/ジークフリード:ライナー・クレンシュテッター
ライナーは、ジークフリードでデビューでした。
19日の通し稽古は、マラーホフ監督が最初から最後まで熱の入った指導をし、両日本番も御覧になっていました。25日は今シーズン『白鳥の湖』12回公演の最終日、皆今シーズンラスト!!!と盛り上がっていたのですが、終演後、マラーホフ監督がハノーバーでの公演(4月3日)のプログラムが変わり白鳥の2幕とペリの2幕になったと発表。という事で、白鳥あと1回増えました。。。
ライナーのパートナーはヤナ・サレンコ。ヤナは8日、12日は夫であるマリアンとも踊り二人のパートナーをつとめました。
ライナーは、ジークフリードの心境をとても繊細に良く表現していて凄く感動しました。
ヤナもフェッテの公演を全てダブルで簡単にこなすなど、、、さすが!余裕を持って楽々踊りきっていました。

1202emi01.jpg ヤナとライナー Photo:Emi Hariyama 1202emi02.jpg ヤナとライナー Photo:Emi Hariyama

1月21日
『ロメオとジュリエット』の初めてのステージリハーサル。9時からクラス、10時にはステージでリハーサル。
前日の『白鳥の湖』に引き続いてリハーサルを行っている気分でした。
初めてで、エクストラの方々も30人位来て、やっと1幕から順番にセットを使って色々な細かい演技や動きなどをまとめていきました。

1月27日
『ロメオとジュリエット』を1日中行いました。
その後、19時半から同じくドイツオペラで『トスカ』を見ました。
『トスカ』は永遠の名作ですね。ドイツオペラのプロダクションは1969年初演のクラシックなもの、良いものはいつ見ても良く感動しました。
という事で、時々あることなのですが朝のリハーサルから始まり、トスカを見終えて帰るまで12時間以上ドイツオペラにいました!

2月1日
R&Jの初オーケストラ合わせを舞台で行いました。
やはりオーケストラで聞く音楽は素晴らしい。指揮者はドイツオペラでカルメンも指揮する予定。
舞台稽古の後、14時からスタジオでの通し稽古。
この日のキャストは、ゲストのフリードマン・フォーゲルとポリーナ・セミョーノワ。フリードマンは3月以降客演に来る予定ですが、この1週間ポリーナとリハーサルをしています。2月5日のローザンヌガラにベルリンから一緒に行き、バルコニーのパ・ド・ドゥを踊るそうです。

1202emi03.jpg 『ロミオとジュリエット』Photo:Emi Hariyama 1202emi04.jpg 『ロミオとジュリエット』Photo:Emi Hariyama

2月5日
Symphony of Sorrowful Songs を見に行きました。
何度か見ていますが、毎回違った感想を持ちます。
マラーホフ監督主演でした。前の方の席で見たのですが表現力が素晴らしかったです。
あまり客観的に、客席からバレエ団を見る機会が無いのですが、改めて皆美しいダンサーだな、、、と思いました。それにしてもマイナス18度!!です。

2月7日、8日
『ロメオとジュリエット』のステージリハーサル。
全て本番通りにリハーサルをしました。ステージセットも日々出来上がり、7日は新しいセットに少し変わった部分があったので、少々リハーサルを中断しつつ進めていきましたが、8日はセットの転換も全てうまく行きました。
それにしても、あれだけPRしていたのに7日からキャスト変更となりました。

2月9日
『ロメオとジュリエット』初演
<キャスト>
ジュリエット:ヤナ・サレンコ
ロメオ   :マリアン・ワルター
ティボルト :ビスラウ・デュディック
マキューシオ:ジーヌ・タマズラカウ
パリス   :ミハイル・バンテェフ
ベンボリオ :アレクサンドル・シュパック
リハーサルを見ていても、ヤナ・サレンコとマリアン・ワルターは清々しくフレッシュで、心から愛し合っていっているというのも演技ではなく本当にそうなんだと言うのが伝わってきます。本番直前のレポートです。
本番後の様子も次号でお伝えします。

ベルリン、1月初めから2月にかけてマイナス20度になるほど寒くなりました。
ここ数日はマイナス10度前後、暖かく感じました!!
ではまた、3月レポートいたします。

1202emi05.jpg Photo:Emi Hariyama 1202emi06.jpg Photo:Emi Hariyama 1202emi07.jpg Photo:Emi Hariyama
[2012.02.10]