ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

7月8日よりベルリンバレエ団の夏休みが始まりました。

その間も国立歌劇場の工事は着々と進んでいます。壊れていく劇場を見て、少しさびしくなります。。。

1108emi05.jpg 1108emi06.jpg

私達のシーズン終了後、アルビンエイリーカンパニーが客演しました。

7月12日
アルビン・エイリーのベルリン公演初日を見ました。
【演目】
 Love Stories
 Takademe,
 The Hunt
 Film, Revelations

アルビンエイリーカンパニーは、今シーズンからロバート・バトル(Robert Battle)がディレクターに就任しました。エイリーから数えて3代目のディレクターです。
Love stories  Judith Jamison, Rennie Harris, Robert Battle振付。
TakadaneとThe Hunt  Robert Battle振付。
Takadaneは個性豊かな作品で音楽は、声を使用。
The Huntは男性6人の迫力満点,20分位ノンストップの作品。
「リベレーションズ」は初演から50周年ということで、まず初演から、制作、エイリー自身のコメントを交えた5分ほどのドキュメンタリーフィルムを最初に舞台上で上演し、その後パフォーマンス。50年たっても全く古い振付では無く、ダンサーのエネルギーと何か特別な気持ちも伝わってきて本当に感動しました。観客は総立ち!で熱い拍手を送っていました。
マラーホフ監督とロバート・バトル監督は以前一緒の舞台に出た事があるそうです。終演後のパーティではマラーホフ監督もいらして、ロバート・バトルと懐かしそうに再会を楽しんでいらっしゃいました。

1108emi01.jpg 1108emi02.jpg 1108emi03.jpg

7月13日から16日
ニューヨークへ。
ニューヨークでマリンスキー劇場の客演を見ました。(感想はニューヨークのレポートに書かせていただきましたので読んで下さいね)。
メトロポリタンミュージアムで開催されているアレクサンダー・マックイーンのドレス展を見に行きました。
物凄い話題になっていて、ミュージアムの中の特別展には長蛇の列が!1時間待ちやっと中へ。
ファンタジー豊かで、素材も個性的、素晴らしいドレスと衣装の数々、、、豪華そのもので目の保養になりました。
私も泊まっていたニュージャージーの妹 真実の家には、ABTのサマーインテンシブ短期留学に来た日本の子供たちが訪れていました。

1108emi04.jpg

7月16日から24日
ロサンゼルスへ。
アメリカのバレエ学校で、講師としてバレエの指導を行いました。
英語で講習会をするなど、どうなるかと思いましたが、とても楽しくアメリカ人の子供達とレッスンすることが出来ました。バリエーション振付指導もしましたが、皆いきいきと踊っていました。ここで感じたのは表現の違い。アメリカの子供達は自分を見せることがとても上手、テクニックを注意する以前に自分からのアピールが素晴らしいので面白かったです。
ロサンゼルスの天候は巣晴らしく、仕事兼バカンスという感じでゆったり出来ました。

7月25日
羽田に到着。
そのまま京都へ。
京都で、教える機会をいただきました。毎回感じるのは、教えている時も子供達から教えてもらっているという事です。
子供達の可能性は本当に凄い。夢を持って諦めない事の大切さを改めて再確認しました。

8月に入りましたが、日本各地へ行ったり来たり。
日本では色々お世話になった方々にお会いする機会や、両親や妹と話す機会に恵まれ本当に幸せでした。
ベルリンのシーズンは8月22日から始まります。
公演は9月28日初日ですが、それまでは、『エスメラルダ』や新作のリハーサル期間です。
来月は久しぶりに会ったダンサー達や、マラーホフ監督からのメッセージをお届けしますね。

[2011.08.10]