ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

9月。ベルリンは秋を越えて冬のような雰囲気です。

8月末には10度まで気温が下がり、、同じ日に日本のことをインターネットのニュースで見ると35度とありました。。。
今思うと、夏が懐かしい!

8月9日から11日
Yダンスカンパニーで、講習会を無事終えました。
今回はオレクシー・ベスメルトニ氏とポール・ジュリウス氏をお迎えしました。
ポール氏は私も振付をしていただき、8月14日の奈良のコンサートで彼の作品を踊りました。
お二方ともベルリンでお世話になっていることもあり、日本で短い間でしたがお会いすることができ嬉しかったです。
講習会に参加してくださった方は海外の空気と接し、いい機会になったことと思います。
また来年も何か企画したいと思います。

8月14日
なら100年会館で公演とリハーサルを掛け持ち!
13時半から中ホールで本番、、、、私の出番は16時ごろ。。。
同じく大ホールでリハーサルが15時から行われていました。
大ホールは、15日本番の『大和に舞う』のリハーサルが行われていましたので、本番の合間をぬって参加。
本番の方は、何とか無事終了しました。
今回はいつもとは全く違う雰囲気のソロを踊りましたが、、、実際どのような雰囲気だったかは前から見ないと。。。。ポール・ジュリウスさんに作っていただいた作品です。
また新しい作品にチャレンジしたいと思っています。

1009emi01.jpg 1009emi02.jpg
1009emi03.jpg

8月15日
奈良遷都1300年。そのイベントの一貫として製作されたバレエミュージカル『大和に舞う』の本番でした。
奈良の町は、遷都祭や燈下祭、この日は大文字山の送り火など雰囲気は最高。
そんな中なら100年会館での本番は、とっても素敵な夏の思い出となりました。
私は、朱雀 という役で出演させていただきました。
朱雀の最後のソロは、前日に自分で振付をすることになり、楽しい経験でした。
地元のコーラスの方々、若いバレリーナの方々、プロのダンサーの方々、、、色んなアーティストが集まり暖かい雰囲気で本番を迎えることが出来たこと、感謝いたします。

8月17日
ベルリンに向けて出発です。
あっという間の日本での1ヶ月でした。
お世話になった皆様、本当に有難うございました。
疲れていたのか、飛行機では熟睡!!食事のとき以外はずっと寝ていましたので、あっという間に到着しました。

8月19日
ベルリン国立バレエ団2010 - 2011年のシーズンが始まりました。
バレエ団員の約半数が19日から始動。残りの半数のダンサーは来週から始動です。
初日は、マラーホフ監督のクラスでスタートでした。
国立歌劇場は、夏の前に一時閉鎖に入り改装工事に入りますが、バレエ団は来年の1月まで国立歌劇場の練習室でリハーサルを行います。
オーケストラやオペラの団員はもう引越し済みで、シラー劇場に移動しました。
バレエ団のみが国立歌劇場に残ったので、何だか不思議な感じです。。。。何だか寂しく感じました。
練習場がある建物は劇場とは別に隣り合わせに建っていますが、劇場側から工事が始まるようです。
今日19日は、以前オーケストラが使っていた練習室でのリハーサルでした。
とっても大きな練習室ですが、そこにリノリウムがひかれ、鏡もついてバレエリハーサル室へと生まれ変わりました。
以前はバレンボイムがよくリハーサルしていた場所。。。時々見に行っていたので、その光景が目に浮かび、感慨深かったです。
バレエ団員は皆元気に、日焼けをして帰ってきました。

1009emi04.jpg1009emi05.jpg

8月26日
ダンサー、全員集合です。
皆とっても元気に戻ってきました。
全員そろったので、クラスも今まで通り、男性クラスと女性クラスの2クラスになりました。
クラスが始まる前に、ミーティングがあり、新しいダンサーの紹介などシーズン始めの話がありました。
今シーズンから女性ダンサーが4人と(そのうちの2人は先シーズン最後の『バヤデルカ』から参加しています)男性ダンサー3人が新しく加わりました。
女性は2名アメリカから、メキシコから、フランスから。。。男性は2名フランスから、1名イタリアから。。。カンパニーに参加します。

8月27日
フィルハーモニーのシーズンオープンコンサートを聴きに行きました。
とても良い席で聞くことが出来、素晴らしい一時でした。
この日のプログラムは、
 ベートーベン4番
 マーラー1番
マーラーは大好きなので本当に満喫しました。
その上、この日のコンサートマスターは樫本 大伸さん、
そしてフルートはエマニュエル・パフ、オーボエはアルブレヒト・マイヤー、などスター勢揃い。
さすがフィルハーモニー。。。。を改めて実感したコンサートでした。

8月28日
ベルリンのダーレムという地域でのプライベートパーティのコンサートに参加しました。
少し寒かったですが、澄んだ空気のなか生演奏とともにサンサーンスの『白鳥』を踊りました。
この日はベルリン市内は、ロングナイトミュージアムの日。
一年に2度行われる、博物館と美術館が夜中の2時までオープンする日で、ベルリンの街も遅くまで賑わっていました。

1009emi06.jpg9月に入り。。。。。
9月に入り色々なリハーサルを並行中です。
まず、来年3月に初演予定の『オズの魔法使い』のリハーサルを今行っています。
その他、「オープニングガラ」のリハーサル、『白鳥の湖』のリハーサルなどを並行しています。

今月末には「オープニングガラ」で公演が始まります。
プログラムはもう既に決まっていますが、ざっと言いますと。。。。
『シンデレラ』のワンシーンで幕開けします。
その他、パ・ド・ドゥ集、フレスコ、最後はブルッフバイオリンコンサートで締めくくりです。
その模様は来月お届けしますね。

またベルリンから色々お届けします!

 

[2010.09.10]