ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

4月に入りました。

3月は「ラ・ペリ」の公演が計3回。

3月11日
「ラ・ペリ」本番
<キャスト>
ペリ:ヤナ・サレンコ
ムハメッド:ウラジミル・マラーホフ

当初予定されていたディアナ・ビシニョーワが来られなくなったので、ヤナ・サレンコがマラーホフ監督と踊りましたが、とても似合っていてカップルとしてもとっても良かったです。
ヤナは存在が、妖精そのものでした。
ペリは毎回沢山のお客様が見に来てくださり、満員御礼が続いています。

その他、白雪姫の公演が2回、「ウィズ・アウト・チュチュ」の公演が2回ありました。

3月17日
三島 由紀夫のシンポジウムがベルリンで開かれていたので行って見ました。
以前、三島さんの脚本オペラをベルリンで聞いたので興味がありましたが、とても面白い生の話が聞けて貴重な機会でした。

バレエ団は3月20-28日の春休み。クリスマス、お正月も休みがなかったので皆楽しみにしていました。
皆、各々好きなように過ごしたようです。

バレエ団が休みの間、ベルリン国立歌劇場では音楽フェスティバルが開催されました。
予定されていたプラシド・ドミンゴの来独は残念ながらキャンセルになりましが、ポリーニのピアノリサイタル、ランランのコンサート、ローランド・ビーラーゾンなどスターたちが集結しました。

3月20日から25日
アメリカのモンタナ州に行ってきました。
アメリカ入国審査がかなり厳しくて5分位色々質問されましたが、無事到着。
カウボーイや、野生の動物たちがいる大自然の中で、新鮮な空気と壮大な大地を満喫し、素晴らしいエネルギーを得ることが出来ました。
大自然の中で3月24日はガラ公演があり、ベルリンバレエの数名とワシントンバレエ、現地のダンサーが出演しました。
現地で、ワークショップもあり、モンタナの若いバレリーナ達にクラスを教える機会にも恵まれました。
大空から降ってくるような星の下や360度見渡す限りの山々の中で過ごした日々、素晴らしい思い出となりました。

1004emi01.jpg 1004emi02.jpg
1004emi03.jpg 1004emi04.jpg

3月28日から久しぶりのロシアに。
28日モスクワのシェレメチボ空港の新ターミナルDに到着し、その美しさに唖然!
初めて来たロシア、20年目のシェレメチボのあの重く暗いイメージは何処へやら。。。。
そして、久しぶりの市内にも吃驚の連続でした。
ガラス張りの高層ビルなど今まで見たこともないビルが出現し、まるで新しい街に生まれ変わったようでした。
岩田守弘さんと、ボリショイバレエ団やクレムリンバレエ団のメンバーなど11人でロシア国内のツアーに参加させていただく事になり、マラーホフ監督から数日お休みを頂き、公演旅行に参加しました。
もう色々なことが、一生の思い出に残るような旅公演になりました。
回る都市は、7箇所(これを書いている今、まだツアー中です)。
500キロを寝台バスで移動したり、26時間夜行列車で移動したり、この先二度と出来ないだろうという経験ばかりで、本当に楽しい日々です。
只今、又バスで移動中。
全7回公演ですが、後は2回公演を残すのみ。。。。
何だか終わってしまうのが寂しいです。。。

1004emi05.jpg 1004emi06.jpg

ベルリンでは、4月末は、ロナルド・サフコ―ビッチ振付の新作公演が控えています。
どのような作品になるか楽しみです、又レポートしますね。

[2010.04.12]