ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

2007~2008年シーズンが終わりました

2007~2008年シーズンが終わりました。バレエ団は6週間の夏休みに入ります。
来シーズンは8月に始まります(本番が始まるのは9月です)。

6月7日
「リング」の今シーズンラストの本番
ジークフリード:ミカエル・バンテェフ
ブリューヒュンデ:ナディア・サイダコーワ
ローゲ:ライナー・クレンシュテッター

この日の公演は皆心をこめて故ベジャールさんの為に捧げました。
3年前、ベジャールさんが3週間もベルリンに滞在してくださって「リング」を完成させた事を、昨日のように思い出していました。
リハーサル中にも、ご自分で動いて見せながら振りを指導され、また、群舞にも素晴らしい言葉をかけて下さいました。

幕が開く前の「この日の公演は故ベジャールに捧げます・・」というアナウンスの後、拍手とともに舞台は始まりました。
終演後は何度も何度もカーテンコールが続き素晴らしい雰囲気で、ピアニストのエリザベット・クーパーも涙ぐんでいらっしゃったのが印象的でした。
来シーズンからはレパートリーからなくなりますので、次に上演できるのがいつになるかわかりませんので寂しくなります。




最後の「リング」から

6月9日、14日
今シーズン最後の「バランシンの夕べ」本番。
「バランシンの夕べ」は残念ながら来シーズンからは上演しないので(数年後に再演するかもしれませんが)最後の公演となりました。

「セレナーデ」
エレナ・プリス、中村祥子、サラ・メストロビッチ、ビスラウ・ヂュディック、イブラエム・オナル

「アポロ」
ミーシャ・カニンスキー、ナディア・サイダコーワ、ガエラ・プジョル、エリザ・カブレラ

「チャイコフスキー パ・ド・ドゥ」
コリーン・ベルディユ、マリアン・ワルター

「インペリアル」
ポリーナ・セミョーノワ、ウラジーミル・マラーホフ

「インペリアル」はストーリーのないバレエのはずなのですが、ポリーナとマラーホフ監督が踊ると何かストーリーが見えてくるのが不思議です。
何ともいえない素晴らしい雰囲気でエレガント、かつ気品とシャープなテクニックで観客を魅了していました。

6月19日
「シルビア」本番
シルビア:ポリーナ・セミョーノワ
アミンタ:ウラジーミル・マラーホフ
オリオン:イブラエム・オナール

「シルビア」も数ヶ月ぶりの上演。
一応通し稽古はしたものの、「白鳥」や「リング」、「バランシン」と重なっていたため、振りを起こすのがやっと、という具合でしたが、本番はさすが皆プロとあって素晴らしい物となりました。
この日はサッカーユーロマスター2008のセミセミファイナルでドイツとポルトガルが対戦しました。
舞台中だというのに、みんな経過が気になって休憩中はテレビにかじりついていました。
終演後はドイツオーパーのレストランで、オーケストラもバレエダンサーも皆で観戦。
ドイツが勝ったので夜中中ベルリンは凄い騒ぎになりました。

6月21日
「白鳥の湖」の本番
オデット、オディール:ベアトリス・クノップ
ジークフリード:ロナルド・サフコービッチ
ロットバルト:ビスラウ・デュディック

先月4回公演しましたが、1ヶ月ぶりの「白鳥の湖」でした。
今日は超満員で盛り上がりました。

 

ユーロマスター2008
6月25日
ヨーロッパで3番目にトルコの人口率が多いベルリン、今日はドイツとトルコ、サッカーの準決勝でした。7月17日通りがサッカー通りに・・・!サッカー観戦のため6~7つのビッグスクリーンが設置され50万人もの人が集まりました。
ドイツ人のサッカー好きは本当に凄いエネルギーです。
(写真はブランデンブルグ門から)

6月24日、26日
「シルビア」の本番
26日は2007~2008年シーズン、ベルリンでの最終公演でした。
「シルビア」も来シーズンのレパートリーにないのでしばらくお別れです。
最終公演といっても明日はグラナダ公演の為の「眠れる森の美女」の通し稽古です。

7月4日から13日
マーサ・グラハムカンパニーがゲストに来ています。
来月号でレポートいたしますね。

 

その他の話題!!
ヤーナ・サレンコから一言
ベルリン国立バレエのヤーナ・サレンコ(夫はマリアン・ワルター)に話を聞きました。ただいま妊娠中、出産予定日は9月中旬だそうです。
気分が悪くなる事もなく、順調におなかの赤ちゃんは育っていて出産後は年内にすぐ復帰する予定だそう。さすがです!

その他、7月17日に国立歌劇場の設計プランが決定するそうです。
現在最終候補の2点から決定するそうですが、完成予定は2014年。
まだまだ先の話ですがどうなるか楽しみです
現時点では、1位はモダンの方なのですが、自分的には今のままの煌びやかな雰囲気を残して欲しいと思っています。

来月はグラナダーツアーの様子をお届けします!
写真のイメージだけお送りしますが、本当に壮大でこの様な環境で公演するなんて本当に幸せだと思いました。
グラナダのあとは夏休み!
皆自分の国に帰郷したり、休暇に出かけたり、8月に真っ黒に日焼けして帰ってくると思います。
お楽しみに!

針山 愛美

国立歌劇場改装新プラン
グラナダから グラナダから
[2008.07.10]