ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

2007ー2008シーズンが始まりました!!!


ベルリンの8月
私は日本で舞台があったので、1日遅れで到着しました!

本当は、、、8月20日
シーズン初日でしたが、、、


8月21日
久しぶりのバレエ団。
皆、真っ黒に日焼けしていて吃驚しました。
夏を満喫して、元気一杯。。と言った感じです。
南国や、キューバ、ブラジル、ヨーロッパ国内、アメリカ、、、、、皆それぞれいろんな場所でバカンスを楽しんだようです。

何名か新しいダンサーも加わりました。
ドミトリー・セミョーノフ
ミカエル・カニンスキー
の2人が新プリンシパルとして、その他7、8人新ダンサーが入団しました。
プリンシパルの2人は先シーズンの暮れに既にベルリンデビューを果たしています。

バレエ団は9月9日に『不思議の国のアリス』の公演を控えているので、毎日リハーサルです。
モダンなので、振りを覚えるのも大変、しかも踊りだけでなくいろんな道具を使ってすごくエンターメント性のある作品に仕上がっていますが、その分大変です。
リハーサルから


8月22日
国立歌劇場のカンティーン。
いわゆる社員食堂???カフェです。
新しく塗り替えられて、とても綺麗になりました。


8月25日
ベルリンでは年に2回、美術館、博物館が夜中の2時まで開く特別な日があります。
夜6時から夜中2時までの8時間、15ユーロを払うと、どこも見放題という私にとってはまたとない機会で勿論存分に満喫してきました。
ベルリンの博物館をめぐる巡回バスも出るので本当に便利。
普段はそんなに人通りはない博物館島も沢山の人で賑わっていました。
最後はKPMの18世紀の豪華な陶器の特別展示会を2時まで見ましたが何十人もの人で賑わっていて吃驚しました。


8月29日
マラーホフ監督が男性クラスを教えていました。
女性クラスが終わって、下に降りて来ると(女性クラスは上のスタジオ、男性クラスは下のスタジオで別々にクラスがあります。)、何だかいつもと雰囲気が違う男性クラス、、、、(何だか静かで。。。。)
なるほど!監督のクラスでした。
膝の松葉杖も取れて、レッスン指導されていました。


8月30日
『不思議の国のアリス』について少し触れます!
この作品は2004年1月15日にウイーンフォルクスオーパーで初演されました。
今回私達ベルリンバレエ団がこの作品を買い取り、今シーズンからコーミッシュオペラで公演します。
3年前にベルリンの3つのバレエ団(国立歌劇場バレエ、ドイツオーパーバレエ、コーミッシュオーパーダンスカンパニー)がひとつに統一されて以来、コーミッシュオペラにはバレエがなくなっていました。
今シーズンからコーミッシュオーパーでも公演する事は、新しい試みですが観客の反応や公演の様子は来月号お届けしますね。
『不思議の国のアリス』



8月31日
マラーホフ監督が女性クラスを教えてくださりました。
膝のギブスをしたままでしたので、振りはほとんど手で見せてくださいました。
相変わらず、頭を使うレッスンで、覚えるのが大変でしたが素晴らしいクラスでした。


9月1日
国立歌劇場が一般の方々に公開デーを開催しました。
夕方5時から夜中12時まで自由に出入りでき、劇場内のいろんな場所で行われるイベントも見れるという企画です。
バレエ団は5時から10時までの間、公開リハーサル、プリンシパルとの対談、『不思議の国のアリス』のワークショップの3つのイベントを行いました。
リハーサルは『不思議の国のアリス』を、20分位づつお客様を入れ替えスタジオで練習風景を披露しました。
歌劇場のカンティーン(カフェ)では2人ずつプリンシパルが待機してどなたでもお話したい方が席にいらして話が出来ると言うイベント。
ワークショップはチャレンジしたい人が『不思議の国のアリス』の一部分を実際にトライできるというものでした。
音楽会が各リハーサル室や、野外特設劇場で行われたり、舞台にも入れたり、野外にもビールスタンドが立ったりと、凄い人々で賑わった一日でした。

9月2日
コンサートホールで、ベートーベンとブルックナー1番を聞きました。
音楽の素晴らしさを痛感。。。。。
生演奏はやはり素晴らしいですね。

来月は公演の模様も交えてお届けします

針山 愛美
[2007.09.10]