ダイアリー ~ダンサー日記~

針山愛美さん [ プロフィール ]

13 歳でワガノワ・バレエ学校に短期留学、16歳でボリショイ・バレエ学校に3年間留学した後、モスクワ音楽劇場バレエ(ロシア)、エッセン・バレエ(ドイ ツ)、インターナショナルバレエ、サンノゼバレエ、ボストン・バレエ団(アメリカ)、と世界各地のバレエ団に入団し海外で活躍を続ける。
2004年8月からはベルリン国立バレエ団の一員に。

1996年:全日本バレエコンクールシニアの部第2位、パリ国際コンクール銀メダル(金メダル無し)
1997年:モスクワ国際バレエコンクール特別賞
2002年:毎日放送「情熱大陸」出演 、[エスティ ローダー ディファイニング ビューティ アワード]受賞
◆Emi International Arts
◆針山愛美のバレエワールド

From Berlin 針山愛美

ベルリンは雪も降らず、何だか拍子抜けです・・・

今年も後僅かになりました。
ベルリンは100年ぶりの暖冬らしく、クリスマスマーケットが並んでいるのに雪も降らず、何だか拍子抜けです・・・。

クリスマスマーケット

 

11月16日
「JEROME-ROBBINSの夕べ」 この日はプリミエからキャストが代わりました。
牧神の午後に中村祥子さんとイブラエム・オナルが出演。
祥子さんはこの夏日本で舞台を拝見しましたが、ベルリンでは初めてでした。
素晴らしい安定感と貫禄!! イブラエムも良かったです。

 

11月18日から20日
週末にオーストリアを旅行しました。
ザルツブルグとウイーンを駆け足で見てきました。
ヨーロッパは国が隣接しているのですぐどこにでも気軽に行けて素晴らしいです。 ザルツブルグは10年ぶりでしたが素晴らしい街。 ケーブルカーで城壁に登ったり、モーツアルトの生家、住家を見たり懐かしく散歩しました。
ザルツブルグからウイーンは列車で3時間。 ウイーンではなんと運よくバレエをみることができました。 最後のチケットを開演ぎりぎりに買うことができ本当にラッキーでした。 作品はジゼルでした。
ジゼル:スベトラーナ・ルンキナ
アルブレヒト:ウラジーミル・マラーホフ
ぺザントのパドドウ:マリア・ヤコブレワ/ダニエル・シムキン
というキャストでした。 ルンキナとマラーホフはベルリンで1回ジゼルを一緒に踊ったときから素敵なペアだと思っていましたが、今回も本当に素晴らしい舞台で、観客も総立ちでした。 ダニエル・シムキンは日本のガラやコンクールでよく知られていますが、現在はウイーン国立歌劇場で活躍中です。
今回は運よくぺザントでデビューの日だったらしく、フレッシュコンビではつらつとした、そして安定した踊りを披露してくれました。 又、19日はニューイヤーコンサートで有名な学友協会でのコンサートを聴くことも出来ました。 豪華なホールでシェスタコービッチ、ブリッテン、メンデルスゾーンという曲目を満喫しました。 シェーンブルン宮殿や、市庁舎のクリスマスマーケットも堪能し充実した週末を過ごす事ができました。

ザルツブルグ

ウイーン市庁舎

 

11月22日と12月1日
チャイコフスキーの本番。
チャイコフスキーの公演は9月からとびとびであるので、その度にリハーサルしなければいけません。この2日間はキャストが変わり
チャイコフスキー:ライナー・クレンシュテッター
チャイコフスキーの影:イブラエム・オナル
妻:ナディア・ヤノフスキー
メック:ベッティーナ・ティル
でした。
ベッティーナは昨年怪我で本番直前に出れなくなり今回メックデビューとなりました。 私も嬉しかったし、彼女もきっといろんな思いがあったと思います。
それにしてもこの作品はベルリンでは一番といって良い位観客うけするのですね・・・。  

「チャイコフスキー」

「チャイコフスキー」

 

11月26日
日帰りでドレスデンに行ってきました。
昼公演3時からのバレエを見てきました。
ドレスデンは今年から新しいディレクター(Aaron S.Watkin)に変わり見てみたいと思っていたのでやっと念願がかなった感じです。 公演は
「WIEDERGEBURT UND AUFERSTEHUNG」 という物。3作品を見る事ができました。
まず「テーマとバリエーション」(バランシン振り付け)
次に「Enemy in the Figure」(フォーサイス振り付け)
最後は「Das verschwundene(The Disappeared)」(デービッド ダウソン振り付け)
という全く異なる作品を見る事ができました。
フォーサイスの「Enemy in the Figure」はまさに圧巻でした。
ダンサーの動きのシャープでダイナミックな事。
デービッド・ダウソンの作品もとても興味深いものでした。 セットが迫力でした。
ポリーナ・セミョーノワの兄ドミトリー・セミョーノワや同じくキーロフから移籍したナタリア・ソログブは出ていなくて残念でしたが、又機会があればドレスデンに足を伸ばそうと思います。

 

11月28日
「眠れる森の美女」本番。
オーロラ:ポリーナ・セミョーノワ
デジレ:ウラジーミル・マラーホフ
リラ:ベアトリス・クノップ
カラボス:ミカエル・バンテェフ
というキャストでした。
この日はカメラが入っていましたが、皆そんな事は全く意識していなかったと思います。(随分前にアナウンスがあったので) 終わる頃になって、そういえば・・・という感じでした。 お陰で皆いつもと変わらず、落ち着いた雰囲気で舞台を終える事ができました。

さて今年も終盤です。
来月は色々まとめて書きたいと思います。
本年度も色々有難うございました。 良いお年をお迎えくださいね!!!

ベルリンのモール
[2006.12.10]