フィットネス・ヨガ Fitness/Yoga

HOMEYoga In My Life インタビュー

  • Check

妊娠、出産を経て、本当にヨガと出会っていてよかったと思います。
一昨年までウェルコンフォのアンバサダーとして登場していたモデルでヨガインストラクターでもある中原歩さん。昨年、一児の母となった。
「初めての出産はまさに喜びと、達成感、間違いなく私のこれまでの人生で一番頑張った瞬間でした(笑)。でも、ヨガを学んでいたおかげで妊娠期の心理的なアップダウン、バランスの崩れからなる不調等にも、徐々に落ち着いて対処ができるようになっていきました。改めてヨガをしていてよかったなあと実感しています」
産後も少しずつ生活にヨガを取り入れていくことで体型はスムーズに戻っていった。モデルとしても、体を元に戻さないといけないと焦りはあったようで、産後にヨガをした時、とても疲れてしまい、「今は休む時なんだな」と、自分の状態をすっと理解することもできたそう。
子どもができると、ママにとって自由な時間はとても少ない。中原さんも同様に、今はどんな時間も前まで以上に大切に過ごしている。そして、それはヨガのウェア選び等にも反映されている。 「子どもができてから、ウェアのセレクトが変わりました。以前は、黒などが多かったけれど、今は、カラフルなものや柄が入ったものを好むようになりました。ウェア一つとっても、気持ちが違いますね」
Profile 中原歩
モデル、ヨガインストラクター。数多くのファッション誌でモデルとして活躍する中、自身でヨガを学び、ヨガインストラクターになる。6年間「Welcomfo by Chacott」のアンバサダーとして活躍。’16年、第一子となる男児を出産、今春より復帰し早くも広告や雑誌、また一人のヨギーニとしても、活躍の場を広げている。

ヨガをするようになって心も体も生活も充実しました。
ヨガをする前の自分は、どう見られているかを意識していたけれど、ヨガと出会ったことで、自分らしくいられるようになり、本当に自分を大切にしてあげられるようになりました。これも呼吸やヨガの練習を通して、培ったものですね」
そう話すのは、ヨガインストラクターの佐藤おりえさん。
昔ダンスをしていたという彼女は、その時代からチャコットのウェアの大ファン。
「昔の自分に、今の自分がチャコットのウェアを着ていることを見せてあげたいぐらい、チャコットさんのウェアが好きなんです。着ていても、フィットするけど締めつけない。ゆるくてもスリムな感じがとても好き。着用しやすいこともうれしいですね。また、きちんとヨガをする人のことを考え、研究されてつくられたものだというのがわかるその機能性に惚れ込みます。
例えば逆さまや脚を上げるポーズをしても、パンツの中にレギンスが付いているので安心ですし、ポーズのたびにウェアをなおす必要がないので、自分がヨガをするという意味でも、インストラクターとして教えることにも、集中できます。デザインや柄、デコルテをきれいに見せてくれるラインがスタイルもよく見せてくれるのかな(笑)。生徒さんからも、『そのウェア、どこのですか?』と聞かれることも多いんです。そういう言葉もとてもうれしいですよね」
Profile 佐藤おりえ
ヨガインストラクター。東京、神奈川を中心に活動。チャコット池袋ヨガスタジオでもクラスを持ち、「楽しく」をテーマに「ヨガの気持ちよさ」を伝えている。’15年9月に第一子を出産。初めての育児に奮闘しながらも、ヨガを伝え、そして学び続けている。


チャコットのヨガ。 Welcomfo by Chacott

ページの先頭へ戻る