トピックス Topics

HOMEトピックス一覧【ユーリ!!! on ICE × Chacott】 衣裳デザインの裏側 <第4回>

トピックス/Topics

2016/11/09トピックス

【ユーリ!!! on ICE × Chacott】 衣裳デザインの裏側 <第4回>

  • Check

 

いよいよ、本格男子フィギュアスケートアニメ「ユーリ!!! on ICE」が始まりました。
最初にチャコットに衣裳デザイン原案のオファーがあったのは、今年の1月。今回、このアニメのために久保ミツロウさんが描き下ろした作品ということで、私たちも全部のストーリーはまだ知りません。この先どうなっていくのか楽しみです♪

そして、ストーリー以外にもうひとつ。選手が試合で着用する衣裳にも注目してください!
今回、特別企画として衣裳の原案をデザインした佐桐のインタビューを紹介していきます。元のデザインがどのようにつくられ、それがどのようにアニメ化されたのか、ぜひチェックしてくださいね!

 

ー 第4回 ー

5話 今回は勇利に憧れる南健次郎のフリーと、勇利のフリーの衣裳について聞きました。

●まずは南健次郎のフリー用衣裳について、いかがでしたか?

━すべて描き終えた中で考えてみると、一番つくりやすい衣裳だった気がします。


●そうなんですね。その理由はなんでしょう?

━ほかの衣裳に比べて、監督からいただいていた情報がシンプルだったからでしょうか?
小柄で、元気で、天真爛漫、シニアに上がったばかり

それらを踏まえて、スーツスタイルとベストスタイルの2パターンを描きました。

どちらも髪の毛が一部赤いと聞き、カラーはにぎやかにしています。

アニメでもほぼそのまま採用されたベストスタイルは、ポイントに赤を使いました。また、POPな音楽に合わせてスパンコールも大きめのものを使いました。外した蝶ネクタイでラフさを出しています。

「アニメでは、表彰式のシーンでは蝶ネクタイが結ばれていましたね。実際の衣裳では、ほどいた状態で縫いとめてしまうので残念ながら結べません。」

 

●実際のスパンコールの素材を見せてもらいました。かなりキラキラしていますね!

━はい、平らに置くと平面的ですが、ここに身体が入るとスパンコールの角度が変わって光が乱反射するので、より効果的です


●パンツ側章も光っていますね!

━そうです。パンツの裾がロールアップしてあるのですが、これはデザイン面だけでなく、スパンコールが引っかからないようにするためでもあります。

 

●袖もロールアップされていますが、伸ばすこともできるんですか?

━いえ、これは腕をまくった状態で縫いとめてあるので、このままです(笑)。

 

●スーツスタイルはいかがでしょうか?

━大人っぽくジャケットスタイルにしました。
こちらは全身に赤を。そしてポイントはゴールドのネクタイです。
小柄なので上半身に視線を集めるため、ジャケットにだけ幾何学的なラインを入れました。胸には音符のモチーフと羽を付けました。


 

 

●勇利のフリーの衣裳、お話の中ではヴィクトルが「勇利にはやっぱりこの衣裳が一番美しく見えるね」といっていましたね!
そんな衣裳ですが、どのようなこだわりがありますか?

 

━勇利には、オールタイツではなくジャケットスタイルが似合うかなぁと思いました。そしてフリーでは、カッコイイ男性のイメージで強さを出したいと思って描いたのがこれです。

ジャケット風なのですが、素材はやや薄手でしなやかな2WAYの素材にしています。

あえて胸元は大きめに開けました。スリムに見せるため、ウエスト部分はメッシュ素材にして、その上にストーンで柄を描いています。実際はベージュの生地を裏に貼って、肌が透けているようにつくっているのですが、なかなかアニメーションではその表現はむずかしそうですね。

 

 

●前身頃の裾のほうが長くなっているんですね。

━勇利はヒップラインには自信があるのではないかと思っているので、あえて後ろの丈は短めにしました。


●ストーンはどうやって付けているんですか?

━1粒ずつボンドで貼っています。地道な作業ですよ(笑)
チャコットで扱う衣裳は、ベースにストレッチも素材を使うことが多いのですが、その場合は、細めのボディに着せた状態で貼っていきます。

 

ちょうど石付け作業中のドレスがあったので、実際に付けるところを見せてもらいました!

作業者によって若干作業手順はちがうそうです。

(1)先に松ヤニなどを付けたスティックで、ストーンを1粒拾い、ボンドを付けて衣裳に貼る。

(2)先に衣裳にボンドを5か所くらい置いて、そこにスティックで拾ったストーンを付けていく。

などいろいろ・・・

そして、私が気になったのは、片手に持っている丸いもの。チュールの残布を使ってボンドの糸引きをとるそうなのですが、作業を重ねていくうちにチュールがボンドで固まってこのようになるそうです。

 

●下書きはないんですね。

━そうですね。デザイン画を見ながらフリーで書いていく場合も多いですが、ネットなど下が透けて見える生地の場合は、下書きを中に入れて付けることもあります。

 

今回はここまでです。

今回は石付けのおまけ情報もお届けしました。またこういったミニ情報も盛り込んでいきたいと思います。

次回もお楽しみに♪

migi_b 第1回:ヴィクトルのフリープログラム用衣裳のデザイン

migi_b 第2回:男性用衣裳の特徴

migi_b 第3回:勇利 VS ユーリ

migi_b 第4回:勇利に憧れる南健次郎のフリーと、勇利のフリーの衣裳について

migi_b 第5回:グランプリシリーズ中国大会のショートプログラムの衣裳について

migi_b 第6回:グランプリシリーズ中国大会のフリープログラムの衣裳について

migi_b 第7回:ロシア大会ショートプログラムの衣裳について

migi_b 第8回:ロシア大会フリースケーティングの衣裳について

migi_b 第9回:グランプリファイナル ショートプログラム

migi_b 第10回(最終回):グランプリファイナル フリースケーティングの衣裳について

migi_b番外編:チャコットが制作した「勇利のフリースケーティング衣裳」ができ上がるまで

migi_b番外編2:ユーリ・プリセツキーのエキシビジョンの衣裳について

 


「ユーリ!!! on ICE」

公式サイト

【SPECIAL】

migi_b「ユーリ!!! on ICE」公式サイト内の制作日誌はこちらから!

 

 

 

チャコット ダンスキューブ ポイント

チャコット ダンスキューブ ポイント

会員登録

チャコットダンスキューブポイント アプリ

ダウンロード

会員の方はこちら

ログイン

ページの先頭へ戻る