HOME信州上田 TSUKURUTE 〜手にした品物の向こうに、今日も作り手がいます〜 『曲線の刻限』

  • Check
『曲線の刻限』
手にした品物の向こうに、今日も作り手がいます。

しばしの眠りから覚めた船に突如訪れる、荒波を共に潜り抜けてきた木型との、永遠の別れ。未来のトゥシューズとなる宝船は、長い旅路の大詰めに向けて航海を続けます。より美しく、よりたくましく。しなやかな身軽さがもたらされた船体に、本底を強固に縫い付けて結合を完成させる作業。これが「ミシン」です。

羅針盤が指し示す方角に鎮座しているのは、背丈ほどもあるプレス機械。眼前にズラリと並ぶのは、鈍く墨色に光る特製の足型です。作り手は、「仕上げ」で丹念にあてがわれた本底の位置バランスを瞬時に確認。上下左右の傾きにも細心の注意を払い、必要があれば速やかに微修正を施します。

次々と足型に被されていく船体は、あたかも波にさらわれて転覆したかのように船底が天を仰いだまま。その上空から、緩やかに曲線を帯びた鉄槌がグッと隙間なく圧し掛かり、本底を強靱な力で押し込みます。

『バィーーーーーーーン』・・・    『ッキッ!』
重量感を漂わせる油圧ポンプの低い唸りを追い駆けるようにして、軋んだような高音が電光石火で響きます。プレス機械はその瞬間、本底に本気です。

その先に待ち受けるのは、萌黄色が眩しい年代物のミシン。全速前進は言うに及ばず、転回さえも機敏にこなす優れもの。手元の針路は四方八方、自由自在。名は体を表すという、その名も「八方ミシン」です。

作り手は、狙いを定めた槍の名人のように鋭い針を躊躇なく突き刺すと、続いて舵取りに長けた操舵手の如く、小さなレバーと船体自体を巧みに操り、的確に針路を捉えていきます。向かう先は、本底全体をぐるりと囲む縁周りです。

『ガタガタガタガタガタガタ!! ガタガタガタガタガタガタ!!』
弁慶のような力強さと忍者のような素早さで、往年のミシンが矢継ぎ早に繰り成す激しい上下動。あらゆる角度から生み出されていく、滑らかな曲線。本底に伸びゆく縫い目は、海洋上に長く尾を引く航跡や、白銀のゲレンデに悠然と描き出されるシュプールのようです。

『一口にトゥシューズと言っても、実際には中に組み込まれたカウンターや糊付けの加減などによってその形や硬さも異なります。ミシンのかかり具合もそれぞれ変わってきますから、そこは気を付けないといけませんね。』 熟練の作り手が、初心を伴う丁寧さでそう語ります。積み重ねられてきた工程がまた更に結ばれて、理想とする輪郭が徐々に露わになっていく。船底の目立たない一本の糸は、踊り手へと向けられた数々の技術と熱意を繋ぎ合わせています。

管弦楽団やピアノの演奏家たちが、愛する楽器と心を通わせて流麗に音色を躍らせるように。作り手は糸調子のチューニングも正確に合わせながら、今日も息の合った相棒のペダルを軽快に踏み鳴らし続けています。

ページの先頭へ戻る