HOME信州上田 TSUKURUTE 〜手にした品物の向こうに、今日も作り手がいます〜 『磐石の構え』

  • Check
『磐石の構え』
手にした品物の向こうに、今日も作り手がいます。

トゥシューズの華やかな姿に引き寄せられて、初めて手にしたときに感じる衝撃。それは、想像を超える硬さ。アッパーを身にまとった木型に「カウンター」を組み込み、糊を塗ることでシューズの種類ごとに適した硬さを生み出すという大仕事。これが「糊付け」です。

先頭の「釣り込み」から進んできた木型という一隻の舟が、大海原を渡ります。船体を包むアッパーのうち、きらめくサテンはまだ舳先を覆うことなく、風を集めるかのように大きく帆を広げた状態。作り手は、裏地をペンチで小刻みに摘み上げ、素早い動きで船底に引き寄せます。矢継ぎ早に 「トントントントントン!」 と叩いて圧着を施したり、「木型打ち」のクギを瞬く間に引き抜いたりと、道具使いも鮮やかです。

航路の脇に目をやると、視界に舞い込む強いうねりと高い波。激しく渦巻くその正体は、撹拌機でこねられる「バンジャク」と呼ばれる特製の糊。原料は食材でもある天然素材。見た目には、濃厚で粘り気の強いキャラメルピーナッツバターです。作り手は適量を小ぶりな刷毛に絡め取り、パティシエがケーキに生クリームを塗るかのように、木型の先にぐるりと丁寧に塗り付けます。

シューズによっては、補強のための「ヘッシャン」という麻のパーツが隠し味。作り手は、糊を含んだ刷毛で器用に付け取ると、木型の先端部分に載せ、三枚の羽を折り曲げてあっという間に包み込みます。工夫を凝らすケーキのように、糊付けも再度しっかりと。

すかさずサッと被せるのは、薄こんがりした「カウンター」。絶妙な形状の器が、木型と見事に一体化します。

次の瞬間、作り手は熟練の薪割り工のように、あるいは素手で鼓を轟かせる演奏者のように、木型を掴んだその腕を迷いなく丸太めがけて 「ダンッ!! ダンッ!!!」。

中心取りや水平度合いを瞬時に確かめると、また間髪入れずに糊の出番。乾く隙は与えません。種類によっては先端部分だけでなく、脇の中央近くにまで刷毛を伸ばして塗り込みます。微妙な加減は職人技。「カウンター」のはまり具合や、糊の量と塗る範囲こそが、硬さ・重さ・重心といった、各トゥシューズの体つきに大きく影響を与えます。

『糊の付け過ぎにも注意が必要です。もし多すぎると、底がうまく曲がらなくなってしまいますから。』 作り手は、柔らかな笑顔と確固たる意志でそう話します。より強い支えとなるのは、当事者としても養ってきた知識と感覚。トゥシューズ作りに真摯に取り組む彼女もバレエダンサー。踊り手と作り手の視点から、大海原をより広く見渡しています。

船底にボンドが塗られ役目を終えた釘も抜かれる頃、立派な帆はその姿を変えて、甲板に薄桃色の輝きをもたらします。更なる航海の幕開けです。

踊るココロとトゥシューズに、欠かせないのは「ノリ」の良さ。作り手は、磐石なモノ作り体制のもと、上質な品物の提供に今日も粘り強く挑み続けています。

ページの先頭へ戻る