HOME信州上田 TSUKURUTE 〜手にした品物の向こうに、今日も作り手がいます〜 『先頭の船頭』

  • Check
『先頭の船頭』
手にした品物の向こうに、今日も作り手がいます。

トゥシューズを形作る原型となるものが「木型」。この木型という一隻の船が、いま大海原へと乗り出します。それは波乱に満ちた航路。時には激しく打ち付けられ、また時にはひっくり返され、熱にさらされ、強い力で押し込められもします。しかしその一連の試練がもたらすのは、かけがえのない美しさ。薄桃色に包まれた、輝かしい未来が待ち受けています。

航海の始まりは、シューズの表地となる「製甲」の生地パーツを、「木型」に組み合わせる作業から。これが「釣り込み」です。

前段の準備となるのは、「木型打ち」。裸の木型に、薄い中底を取り付け、仮止めをします。作り手は機械のペダルを踏み込みながら、手にした木型を押し当て、ホチキスの針のようなクギを中底の中央近くに打ち込みます。瞬時に放たれる、続けざまの二発。 『シュシュッ!!』 という射出音と、 『カカッ!!』 という打撃音が相まった、独特の尖った響きが耳に刺さります。

『大切なのは相互の中心がズレないように、きちんと真っ直ぐ合わせること。』 作り手は、どんなに素早い流れの中でも、その基本をおろそかにすることはありません。

この木型を基に、一連の作業工程の先頭である「釣り込み」が始まります。座った姿勢の作り手は、「製甲」により生み出されたアッパーを、木型に手早く覆い被せます。中心を捉え縦横の照準を合わせると、ハンマー付きのペンチで小さな釘を器用につまみ、踵部分に 『カッカッカッカッカッカッ!!』 と小刻みに打ち込みます。

続いて即座に木型の向きを変え、目の前の装置に押し当てます。これは生地を挟み込み、固定するため。押し下げるとワニのような歯が固く閉まり、アッパーの先端をがっちりと捕えます。ピンと張ったサテン生地は、まるで波紋一つない水面のよう。そのトゥシューズの足口の縁際に、再び狙いを定めて瞬時に釘を打ち込みます。

表裏一体のグーとチョキが瞬く間にすり替わる、卓越した道具裁き。作り手は、逆さまにした木型のボディに沿わせるように、両脇や踵部分で浮き上がったままのアッパーをペンチで力強く絞り込んでいきます。手首のひねりと生地とが見せる一瞬のせめぎ合いは、激しくしなる釣竿のようです。

「釣り込み」を経てあらわになったのは、引き締まった身体のような曲線美。 『タンタン!! タンタン!!』 と、アッパーの端々をハンマーで叩きながらボンド止めし、美しいラインをしっかりと閉じ込めます。

『先頭の役割として、作業速度はいつも気に掛けていますね。次を待たせるわけにはいきませんから。』 優しげな作り手の言葉の奥に宿るのは、培われた誇りと責任感。正確さと美しさが命題の「釣り込み」は、流れるようなスピードで生み出されています。

踊りや音楽、競技でも、肝心なのはまず出だし。先頭を務める作り手は、先々の航路も頭に描きながら、今日もアッパーだけでなく全体の流れを果敢に引っ張り続けています。

ページの先頭へ戻る