ホーム > Chacott > | スケート・チア・新体操 > 【特別企画】 プロフィギュアスケーター 鈴木 明子さん「スケートの衣裳ができるまで」<第5回>

【特別企画】 プロフィギュアスケーター 鈴木 明子さん「スケートの衣裳ができるまで」<第5回>

blogtitle.jpg

プロフィギュアスケーター鈴木明子さんとの特別企画

「“フィギュアスケート衣裳ができるまで”追っかけリポート」

第5回は「仮縫い編(後編)・本縫い編

前回からの続き。みなさまお待ちかねの、仮縫い状態の衣裳を着用して鈴木さんが滑っている様子を公開いたします!!

140724as-001.jpg

140724as-002.jpg

動きにくいところはなかったようなので一安心。
スピンをした時にスカートが広がりすぎないようにスカートの付け位置を下げ、フレア分量を減らすことにしました。

それから、鈴木さんの衣裳へのこだわりのひとつにあった“お尻が丸見えにならないように”という点を考慮して、腰の黒いフィッシュネットの付け位置も少し下げることにしました。

続いて飾りについての相談です。

140724as-003.jpg

2種類の羽のサンプルをお見せして、髪飾りや腰周りにストーンと混ぜて付けるご提案をしたところ、「ぜひ羽を付けたい!」とのこと。
写真の羽とイエロー系にグリーンがかったストーンをミックスすることにしました。
あとは持ち帰って、修正後飾りつけに入ります。

完成までもう少し!

その日のうちに東京に戻り、さっそく修正作業に入りました。
修正箇所を書き込みます。

まずはミシンを使う作業から。
スカートの付け位置を下げて取り付け、裾の始末をします。
胸元の黒いフィッシュネットも幅が変更になったので縫い直し、一度組み上げたパーツですが、布の端を縫い込むため、一度ファスナーの部分をほどきます。
ボディに斜めに渡したストレッチチュール素材の後ろ中心と脇を縫い付けます。

140724as-005.jpg

腰のフィッシュネットのパーツをつなぎ合わせた後、上部を縫い付けていきます。

140724as-006.jpg 140724as-007.jpg

このネット、中縫い(端を塗ってから内側に折り返す)するのですが、目が粗いので折り込む部分を少ない幅にしないと透けて見えてしまいます。細やかな作業です。

前回ご紹介しそびれましたが、この衣裳のボディの部分はオペコットというチャコットオリジナルの2WAY素材(縦と横の2方向に伸縮する素材)に、スカートの生地と同じメーカーのストレッチチュール素材を重ねています。
その理由は、ボディのつるっとしたやや光沢のある素材感に深みを持たせる意味と、スカート生地の色と合わせるためです。

140724as-008.jpg

ミシンを使って縫うパーツがつきました!

140724as-009.jpg

ここからは手縫いでの作業です。黒いフィッシュネットの先端部分と、ストレッチチュールの前中心部分を手縫いで留め付けます。

140724as-010.jpg

デザイン画にはなかったのですが、仮縫いの時にゆとり分の生地を結んであった腰布の端がリボンのように見えこれが採用されました。
すっきり仕上げるために別の短い布を通してリボンを作りました。

140724as-011.jpg

ネットの下の部分は、スカートがめくれにくい位置を確認しながら縫っていきます。
すべて縫いあがればベースは完成です!!

さて、ここから飾りが付き、どのように変身するでしょうか(^v^)
完成まであと一息です。

次回は7月31日(木)頃更新予定「飾り付け編」をお届けいたします。お楽しみに♪
 

*動画の無断転載はご遠慮下さい
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【特別企画】プロフィギュアスケーター 鈴木 明子さん「スケートの衣裳ができるまで」

鈴木 明子さんオフィシャルブログ「shantiな日々」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

  • Check
最新の記事を見る 【特別企画】 プロフィギュアスケーター 鈴木 明子さん「スケートの衣裳ができるまで」<第6回>
過去の記事を見る チャコット・ヨガスタジオよりサンチェズ百合先生「ナイトヒーリングヨガ」クラスレポート

ページの先頭へ戻る

キーワード検索
フィード