ホーム > バレエ・コンテンポラリー > 2014年ローザンヌ国際バレエコンクールに向けて

2014年ローザンヌ国際バレエコンクールに向けて

みなさんこんにちは

暑い夏もようやく終わり、秋がそっと顔を出しはじめましたね

もうすでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、ローザンヌ国際バレエコンクールのエントリー締切が近づいてまいりました

コンクール出場を目指すみなさんはレッスンにも力が入りますね

今日はチャコットのローザンヌレオタードの「パターン」についてお話しします

そもそも「パターン」とは??

パターンとは、型・原型・型紙のことを指し、その型を元に生地を切って、縫って、レオタードが出来ています。

みなさんが普段着ているレオタードは、同じ様に見えて、実はそれぞれパターンがまったく違います。

2013aw-01.jpg



チャコットのレオタードは様々なデザインや生地にぴったりのパターンをひとつひとつ作り、ベストな状態に仕上げています

なかでも、ローザンヌレオタードはとても特徴的です

コンクール出場者に向けたレオタードなので、審査員に自分をよりよく見せることの出来るパターンを採用しています

 

2013aw-02.jpg

大きな特長は3つ

首の長さと胸元がスッキリきれいに見え、
胴が長く見えない衿あきと、腕の付け根に近い袖ぐり

01.gif


足を長く見せるための足ぐり

02.gif

 

背中の筋肉の動きをきれいに見せるための大きなあき

03.gif

 

これらのこだわりとシワのできにくい設計によるローザンヌレオタードは、身体のラインがしっかりと見えるので、先生方からもご好評いただいています

パターンオーダーでもお作りできるので、好きなカラーでの勝負レオタードとしてもおすすめです

2014年のローザンヌ国際バレエコンクールのエントリー締め切りは9月30日です

みなさん、スイスに向けてレッスンに励んでくださいね
 

2013aw-03.jpg



ローザンヌレオタード 詳しくはこちらから
http://www.chacott-jp.com/j/ballet/lausanne/index.html

撮影協力:アクリ・堀本バレエアカデミー

  • Check
最新の記事を見る チャコット・ヨガスタジオより笹原進一先生「エレガンスストレッチ」クラスレポート
過去の記事を見る イベントレポート【夏休み企画!フープデコレーション講習会☆】

ページの先頭へ戻る

キーワード検索
フィード