ニュースリリース News Release

HOMEニュースリリースバレエ・ダンスの本場、欧米での第1号店 チャコットニューヨークショップが1月25日(金)オープン!

ニュースリリース News Release

2012/12/19ニュースリリース

バレエ・ダンスの本場、欧米での第1号店 チャコットニューヨークショップが1月25日(金)オープン!

  • Check
バレエ・ダンスの本場、欧米での第1号店
チャコットニューヨークショップが2013年1月25日(金)オープン!

 

2013年1月25日(金)、「チャコット バイ フリード オブ ロンドン ニューヨーク店(Chacott by Freed of London, New York)」がニューヨーク・マンハッタン、フラットアイアン地区にグランドオープンします。このショップは、チャコットの名を冠したショップとしては、欧米での第1号店。北米での拡大はもとより、バレエ・ダンスの発祥の地ヨーロッパも視野に入れた、グローバルな展開の第1歩を踏み出します。

■ショービジネスのメッカに進出
「チャコット バイ フリード オブ ロンドン ニューヨーク店」は、ブロードウェイにほど近く、ショッピングゾーンとして、近年多くのブティックの集積が進むフラットアイアン地区に位置し、また世界的な人気を誇るバレエ団「アメリカン・バレエ・シアター」にも隣接する絶好のロケーションとなります。この立地を生かし、チャコットにとって核となるバレエ用品はもちろん、あらゆるジャンルのステージに対応するコスメティクス、さらにニューヨーカーの生活の一部として浸透するヨガのウェアも展開し、ステージから普段の生活シーンまでカバーする品揃えで、現地のニーズに応えていきます。
 
■日本でのショップ運営ノウハウを移入
「チャコット バイ フリード オブ ロンドン ニューヨーク店」は、グループ企業である英国・フリード社(Freed of London Ltd.)が設立したフリードUSA(Freed USA Inc.)が運営にあたります。もともとニューヨークにはフリード社の北米支社があり、北米各地におけるバレエ団への卸売りなどを主たる業務としています。一方、チャコットは日本国内で30店舗(2012年11月末現在)の直営店を展開し、長年にわたるショップ運営のノウハウが蓄積されています。今回のニューヨーク店の出店は、フリード社の新たな営業の柱としての小売拡大と、チャコットの海外展開の拡大という2つの成果を目指した戦略の一歩であり、日本で培ったホスピタリティを移入することで、新たなエンドユーザーを獲得するとともに、チャコットブランドの認知拡大を目指します。

■バレエ用品は北米随一の品揃え
 「チャコット バイ フリード オブ ロンドン ニューヨーク店」では、世界中のトップバレリーナが愛用するフリード社のトゥシューズをフルナインナップで展開。元バレエダンサーとして活躍したショップスタッフも配置し、納得いくまでフィッティングアドバイスを行います。また、チャコットのトゥシューズもバレエエントリー層向けに評価の高いラインを中心に展開し、幅広い顧客層のニーズに応えます。

 バレエレッスンウェアはチャコットが企画。中でもレッスンウェアの中心となるレオタードは、ニューヨーク向けに企画し、台湾の協力工場にて生産。この商品は、日本でもニューヨークスタイルのアイテムとしてチャコット渋谷本店など、チャコットの大型店にて限定販売する予定です。この他、カスタムオーダーのバレエ・ステージ衣裳も展開し、シューズなどの基本アイテムから、レッスン、ステージまでをカバーする総合的な品揃えは、ニューヨークの他のバレエショップでは見られないものです。
 また、ヨガについても、ニューヨーク向け日本企画のチャコットのウェアを展開。ニューヨークではすっかり生活の一部として浸透しているというヨガ。そのヨガを愛好する方々への商品提案を行います。中心となるのはやさしい肌触りとソフトなフィット感で日本でも高い支持を得ている「マイクロテンダー」シリーズ。インナーウェアから羽織物、レッグカバーまでの幅広い品揃えは、ヨガの実践の際に着用いただくばかりでなく、普段の生活の中でのリラクシングにもご利用いただけます。
さらにコスメティクスでもチャコット製品を中心に展開。チャコットのコスメティクス「チャコット フォー プロフェッショナルズ」は、日本でもバレエ・ダンス市場はもとより、一般のエンドユーザーの支持が非常に高い商品です。このため、ニューヨークにおいてもステージ用途に限定せず、ニューヨークコレクションなどで活躍するメイクアップアーティスト、タダヨシ・ホンダ(Tadayoshi Honda)をアドバイザーに迎え、一般顧客、またファッションシーンへの広がりを目指した展開を行います。
 

■オープニングのイメージキャラクターは新進気鋭のバレリーナ
 「チャコット バイ フリード オブ ロンドン ニューヨーク店」のオープンを飾るイメージキャラクターは、バレエに新たな歴史を刻んだ巨匠ジョージ・バランシンが創設し、今なお世界的な人気を誇るバレエ団ニューヨークシティバレエに所属するバレリーナ、ローレン・ロベット(Lauren Lovette)。ローレンは2010年にこのバレエ団に入団したばかりの若手で現在のランクはコール・ド・バレエ(群舞)ながら、ダンス専門誌などでは早くも高い評価を得ており、将来を期待される逸材です。実際に現代を代表する振付家クリストファー・ウィールドンに見いだされ、2011年最後の舞台“Polyphonia”では主役級で舞台に立ち、「あれは誰?」と観客がささやきあうほどの注目を集め、Vogue誌でも彼女の特集を組んだほどの話題となりました。さらに2012年夏に開催されたVail International Dance Festivalにおけるガラ公演では、同じニューヨークシティバレエのプリンシパルダンサー(最高位ダンサー)ダニエル・ウルブリヒトをパートナーに、古典の名作「ラ・シルフィード(“La Sylphide”)」のパ・ド・ドゥを演じ好評を博しており、今後ますます彼女の活躍の場が広がっていくに違いありません。
 彼女を起用したヴィジュアルはオープニングの広告のみならず、ショップ環境、商品パッケージなどにも採用され、新しいショップの魅力を向上させる一翼を担っています。

■オンワードホールディングスのグループシナジーの発揮
  「チャコット バイ フリード オブ ロンドン ニューヨーク店」の隣には、同じオンワードホールディングスの傘下企業であり、ペット用品・なごみグッズを製造・販売する(株)クリエイティブヨーコの米国法人プリティヨーコが運営する「Hannari & MG」が同時出店。もともと「Hannari」は、「ペットを自分達と同じように着飾らせて一緒にコーディネイトしてニューヨークの街を歩きたい...。」そんな願いを実現する為のペット犬服のセレクトショップとして展開してきた、まさにニューヨーク志向のショップ。一部スペースを共有するなどして、相互のコストメリットを生み出すとともに、チャコット、Hannariともにライフスタイルをフィールドにするブランドとして、ニューヨーカーに日本発の新たなライフスタイル提案を行います。
 

 

-店舗概要-


[開 設  日 ] 2013年1月25日(金)

[店     名] チャコット バイ フリード オブ ロンドン ニューヨーク店 (Chacott by Freed of London, New York)

[住     所] 20 East 20th Street, New York, NY 10003

[電  話  番  号] 212-432-4414

[営  業  時  間] 月~土曜日11:00-19:00

[定     休     日] 日曜日

 

-フリード・ユーエスエー・インク(Freed USA Inc.) 会社概要-

[所 在 地 ] 米国 ニューヨーク州

[代 表 者] マーク・レッドヘッド(Mark Redhead)

[設 立 日] 2012年6月19日

 

 

チャコット ダンスキューブ ポイント

チャコット ダンスキューブ ポイント

会員登録

チャコットダンスキューブポイント アプリ

ダウンロード

会員の方はこちら

ログイン

ページの先頭へ戻る